【就活に適したネクタイ】好印象を与えるリクルートネクタイをご紹介!

就活(リクルート)が目の前の大学生の皆さん、まだ1年生で就活(リクルート)は少し先の話になる大学生の皆さんにも知っておいてほしいお話を今日は解説します。それが就活(リクルート)におけるネクタイ選びについてです。 就活(リクルート)において、外見はとても大事です。外見で人を判断しないと建て前上はどの企業も言っていますが、学歴と同じで、外見の印象というのは面接の始めにとても大きなインパクトを面接官に与えます。 中でも、スーツは大きな個性を出していくのは難しいですが、ネクタイに関しては、就活(リクルート)する大学生の中でも少し個性が出てくる代物です。また、顔のすぐ下にある色のついたものということで、とてもインパクトがあるのですね。 そのため、場合によっては面接の合否を左右するかもしれないほど重要だと認識しておくことがよいです。それぐらい強く意識しておけば、間違ってもマイナス印象になるネクタイをつけていくことはありません。 今日は、ネクタイ選びのポイントを知識を交えながら、丁寧に解説していきます。

就活(リクルート)に適したネクタイを選ぶための基礎知識1「由来について」

それでは、就活(リクルート)に適したネクタイを選ぶための基礎知識からお話していきます。まず、ネクタイとは何かからです。 ネクタイとは英語で「necktie」と書きます。「neck」は「首」、「tie」は「結びつける」という意味で、「necktie」をそのまま訳すと「首を結びつけるもの」です。 確かにネクタイは「首に結び付けられているもの」ですね。英語で見るととても納得感があります。そもそもネクタイはなぜあるのかと言うと、その歴史を見ていきたいと思います。

就活(リクルート)に適したネクタイを選ぶための基礎知識2「歴史について」

古代より男性は首のまわりに飾り物をつけることに関心があったと言われていますが、ネクタイの原型のようなものが現れたのは、16世紀ごろだと言われています。イングランドやフランスでラッフル(ラフ)という襟型が登場しました。 ネクタイではないのですが、首に巻くフリルやレースのようなものです。貴族がつけていました。 当時は、衣服を頻繁に洗濯することはなく、風呂にも入る習慣がなかったので、汚れが目立ちやすい襟は外して洗うことができるようになっていたのです。それがラッフル(ラフ)です。 その後、17世紀にヨーロッパで30年戦争が勃発しました。クロアチアの軍装は首にスカーフを巻くとというもので、このスタイルをフランス国民が憧れたことによりネクタイは、一般市民にも普及し始めます。 クロアチア人のことをcroate(クロアット)と言いますが、それを語源としてフランス人がネクタイのことを呼ぶcravate(クラバット)が誕生したと言われています。cravate(クラバット)は、フランスからヨーロッパ全域へと伝わっていくことになりました。 これがネクタイの歴史の始まりと言われていますが、さらに細かなエピソードも多数あるようです。もし、ご興味がある方はインターネットで調べてみてください。

就活就活(リクルート)に適したネクタイを選ぶための基礎知識3「用語について」(前編)

先ほどは、基礎知識1としてネクタイの由来をお話ししました。まだまだ、ネクタイに関する基礎知識があります。 ここからは用語系を説明していきます。まずはネクタイの柄に関するワードです。 ・ネクタイ用語1「レジメンタル」 ネクタイの柄を表す用語「レジメンタル」については、皆さんご存知でしょうか!?この柄は、左下から右上に向かうストライプが入った柄のことを言います。。 英語で「regimantal」と書き、その意味は「連隊に属する」です。イギリスの軍の旗が由来となって いるネクタイの柄になります。 英国の海兵隊員は、紺色・赤色・黄色のレジメンタル柄のネクタイを、空軍隊員は紺色・白色・エンジ色のレジメンタル柄のネクタイをつけています。 レジメンタル柄のネクタイは日本で大変人気の定番柄となっています。 ・ネクタイ用語2「リバース」 「リバース」は「レジメンタル」とは逆で左上から右下に向かうストライプ柄となっています。 アメリカにある紳士服・婦人服・子供服を販売するブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)が産みの親だと言われています。そのためアメリカ式ストライプとも呼ばれています。 ちなみに、ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)はラルフ・ローレンやJ.プレスに肩を並べ伝統的なブランドとして認識されています。 2018年に創業200周年を迎えようとしています。

就活(リクルート)に適したネクタイを選ぶための基礎知識3「用語について」(後編)

・ネクタイ用語3「小紋orクレスト」 「小紋orクレスト」とは紋章が入った柄のことです。モチーフには、ライオンや月、など様々なものが入っています。日本式のものも外国式のものもあります。 「レジメンタル」の左下から右上のストライプに「小紋orクレスト」の紋章を組み合わせたものを「ロイヤルクレスト」というように呼びます。 ・ネクタイ用語4「大剣・小剣」 「大剣・小剣」はネクタイの柄ではないのですが、基本用語として押さえておきましょう。「大剣」はネクタイの太い側の先っぽ。「小剣」はネクタイの細い側の先っぽのことを言います。 また、ネクタイの裏にある輪っかのことを「小剣通し」と言います。

就活(リクルート)に適したネクタイの選び方1「柄について」

それでは、就活に適したネクタイの選び方について、いよいよ説明していきます。それでは、まずは柄から説明します。 ・レジメンタル レジメンタル、特に白色のレジメンタルはシャープなイメージがあり、スマートさをアピールできると言われています。レジメンタルには印象をさらに強めるという効果もあります。 線の太さも様々です。太いとカジュアルな印象に、細いとビジネスよりの印象になります。レジメンタルと逆向きのストライプであるリバースもありますが、レジメンタルの右肩上がりのほうが日本人には好まれています。 ・チェック チェックは活動的に見えると言われています。黄色と組み合わせると明るい印象、青色と組み合わせるとフレッシュな印象、水色やピンクなどの淡い色と組みわせると爽やかな印象を与えてくれます。 活発で親しみやすい印象があると言われてるチェック柄ですが、注意したいのはカジュアルっぽくならないようにすることです。 そのために、チェックの線は細いものを、柄はあまり目立たないものを選びましょう。 ・小紋orクレスト 小紋orクレストはなかなか使うのが難しいかもしれませんが、落ち着いた印象を与えることができます。 ・NGな柄 太いストライプの線や大きな水玉はガサツなイメージを相手に与えてしまいます。変わった紋章の小紋orクレストもあまり選ばないほうがよいでしょう。 ブランドロゴやキャラクターも目立ち過ぎるので就活には適しません。

就活(リクルート)に適したネクタイの選び方2「色について」

続いては色です。ネクタイと言えば定番の色がありますが、避けたほうがよい色というのもあります。 ・NGな色「派手なピンク色」 ピンクは派手で目立ちますが、あまりに目立ち過ぎて皆さんが協調性のない人や個性が強すぎるとしてマイナスイメージを与えがちになってしまいます。 ・NGな色「紫色」 紫はよいセンスとして捉えてもらうこともありますが、コントロールしづらい人間としてマイナスの印象を持たれるリスクもあります。 ・NGな色「黒色無地」 これは言わずもがなですが、葬式につけていくネクタイですね。 ・NGな色「白色無地」 こちらもそうですが、結婚式につけていくネクタイです。 では、どういった色のネクタイをつけていけばいいのでしょうか!? ・オススメの色「青系」 青系の色には、清潔感や勤勉さを感じ取ることができます。と君、日本人はネイビーが好きです。必ず1本は持っておきたいところです。 ・オススメの色「赤系」 赤系の色には、やる気や情熱を感じ取ることができます。リーダーが好む色が「赤系」の色だと言われています。 勝負ネクタイとして持っておいてもいいかもしれません。 ・オススメの色「黄系」 「黄系」には親近感や協調性を感じ取ることができます。コミュニケーションが重要な会社員になるのだから、この色をつけていくことによって良い印象を持ってもらうことができるでしょう。 ・オススメの色「グレー系」 「グレー系」には、知性や落ち着きを感じ取ることができます。ビジネスを冷静に進めていくことができる、余裕のある大人をアピールすることができるでしょう。

就活(リクルート)に適したネクタイの選び方3「素材について」(天然素材)

就活(リクルート)に適したネクタイの選び方の3つ目は「素材」です。「柄」と「色」を選んだら次は「素材」にもこだわっていきましょう。 ・オススメの素材「絹(シルク)素材」 絹(シルク)と聞けばとても上品なネクタイをイメージします。絹(シルク)のネクタイの大きな特徴としてその手触りがあります。 触っていて、とても気持ちが良いです。絹(シルク)というのはカイコの繭からできています。 日本も昔は養蚕業が盛んで絹(シルク)といえば高級な衣服の素材として扱われてきました。非常に柔らかいので、ネクタイの素材として適していて、結びやすいです。 そのためオススメの素材といえます。 ・オススメの素材「羊毛(ウール)素材」 こちらの羊毛(ウール)は寒い季節にオススメの素材といえます。暖かいです。 弾力があり、シワもできにくいです。厚みがあり重量感があるのもこの素材の特徴です。 ・オススメの素材「麻(ヘンプ)素材」 麻(ヘンプ)もオススメの素材の1つです。吸汗性が高いと言われているので夏につけると良いでしょう。抗菌作用や消臭作用もあると言われています。 ・オススメの素材「綿(コットン)素材」 多くの衣服で使われているのが、綿(コットン)ですね。肌触りがよいですし、用途が広いのが特徴です。

就活(リクルート)に適したネクタイの選び方3「素材について」(化学繊維)

ここからは化学繊維についてです。化学繊維のネクタイは天然素材よりも安価という特徴があるので上手に選んでいきましょう。 ・オススメの素材「ポリエステル素材」 こちらのポリエステル素材は非常に安価にネクタイを作ることを可能とします。お手入れもしやすいです。 ・オススメの素材「アセテート素材」 アセテート素材は、半合成繊維と呼ばれています。天然素材の要素も取り入れた合成繊維です。 シワができにくく、コストも押さえられます。 ・オススメの素材「レーヨン素材」 レーヨンは絹(シルク)に似た合成繊維です。水に弱いという弱点があります。絹(シルク)を買うのが金銭的に難しい場合に検討してみるとよいでしょう。

【就活に適したネクタイ】好印象を与えるリクルートネクタイをご紹介!のまとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は、就活(リクルート)に適したネクタイの選び方をいろいろな角度からご紹介しました。 是非、皆さんにピッタリのネクタイを見つけて、就活に臨んで頂ければと思います。