【職務履歴書】手書き?パソコン入力?履歴書作成の例文集!セオリーを公開

就職活動や転職活動では必ず履歴書を作成しなければなりません。就職の採否はほとんどの場合、履歴書と面接で決定されます。その履歴書作成にあたっては、正しい書き方や中身も非常に大切です。パソコンから簡単にダウンロードできるようになってからは、履歴書をパソコンで作成して提出する人がかなり増えています。履歴書をパソコンで作成するのも悪くはありませんが、手書きの履歴書にはそれなりのメリットがあります。

職務履歴書を手書きで書くときのメリット

まず、手書きの場合のメリットをご紹介します。あなた自身が作成した手書きと、家族でもいいですから、他の方が作成した手書きの職務履歴書を比べてみてください。あなたの家族であっても、比べてみますと、あなた自身の手書きにはあなたそのものが見えてきませんか。手書きは、たとえ字が下手であってもていねいに書けば、必ずあなた自身が相手に伝わるものです。これが、手書きで作成する最大のメリットです。 最近では、職務履歴書を、パソコンを使って作成する例が多いようです。しかし、パソコンで作成した職務履歴書を見ると、内容が同じようではしっかりと読んでももらえないという例もあるようです。せっかく一生懸命に書いた志望動機や自己PRが読んでもらえないのでは、苦労した甲斐がなくなってしまいます。

職務履歴書を手書きで書くときのデメリット

上記の例を読んでいただくと、職務履歴書には手書きが良いということになりそうです。しかし、手書きかパソコンか!難しいところなのです。手書きにも以下の2つのデメリットがあることをご紹介します。 ・文字に癖がある 手書きの大きなデメリットとして、文字に癖がある場合です。文字に癖がありますと、はっきり言って読みにくいですね。これはなかなか修正不可能です。これに該当される方は、パソコン入力の方がいいでしょう。入社してからのことを考えて、文字の練習をさている方もおられますが、職務履歴書作成のためだけならその必要はないでしょう。 ・誤字、脱字 職務履歴書では、誤字・脱字によって採用担当者の、あなたの評価が大きく変わります。パソコン入力の場合にも言えますが、誤字・脱字は、パソコン入力の場合にはある程度は、漢字変換によって意味を教えてくれる機能が付いていますので誤字は少なくなります。手書きの場合には、小さい頃から漢字を誤字として覚えてしまっている場合もあります。 ・誤字、脱字による何回かの書き直しが必要になる そして、手書きの職務履歴書作成で多くの人が苦しむのが、誤字や脱字の書き直しです。パソコン入力のメリットでもある書き直し作業は、手書きの場合には、人によっては何枚もの失敗をして、一から書き直すことになるのです。『あと少しだ。志望動機の最後に、「よろしくお願いいたします。」を書けばいいというところまできて、「願」の漢字を間違えて「顔」と書いてしまった。』という例もあります。この一文字の失敗でも一から書き直すことになります。

職務履歴書の重要性

職務履歴書とは、採用担当者があなたの顔が見えないからこそ重要な書類になるのです。誤字・脱字は絶対にしてはいけない、修正テープや訂正印もありえないと心しておいてください。さらには、IT関係などの応募で、職務履歴書を手書きで書くことはやめましょう。文字に自信があったとしても。IT関係の会社が望んでいるのは、あなたのパソコン入力なのです。

手書きでもパソコンでも!派遣社員に応募する場合の職務履歴書の書き方

では、ここからは、一例として派遣社員に応募する場合の職務履歴書の書き方について、例文とともに、そのポイントをご紹介します。たいていの場合には、人材派遣会社に登録する場合に職務履歴書を派遣会社に提出します。ですから、実際に働く派遣先の会社に提出するわけではありません。(あくまでもあなたの職務履歴書は派遣会社保管です。派遣先の会社に渡すことはありません。) また、人材派遣会社によって、職務履歴書の提出を求められない場合もありますが、登録する日に赴いて、その場で書くように指示される場合もあります。よって、事前に職務履歴書を準備しておいた方がいいでしょう。形式が違っていても書く内容を写せばよいようにしておくことが大切です。

手書きでもパソコンでも!派遣社員に応募する場合の職務履歴書に書く職歴

人の働き方はさまざまです。派遣という形で長年仕事を続けておられる方もいます。職務履歴書には、そのような派遣会社の会社名と職務内容を書くようにします。ただ、いろいろな会社に派遣されている場合などは、すべての派遣先を経歴に書く必要はありません。まとめて書くようにしても差し支えありません。 登録した派遣会社ごとに書く場合にはまとめて書くようにします。 【記入例】 ○年○月 A人材派遣会社に登録し、下記の会社に契約社員として勤務 B社 経理部にて主として経理を担当 C社 アパレル関係会社総務部にて事務担当 D社 食品関係の事務担当 ○年○月 契約期間満了 退職 さて、職務履歴書の中で重要な志望同期ですが、ここからは、派遣社員の場合に書く志望動機について例文とともにご紹介します。派遣社員の場合には、業種は絞れても、どの会社に行くかはわかりません。ですから、志望動機に書く一般的な「会社の理念や方針を調べる」ことはできません。では、派遣社員の場合、どんな志望動機を書けばいいのでしょうか。

派遣社員に応募する場合の職務履歴書に書く志望動機や自己PR1

例文1 『私は、結婚、出産前の4年間、正社員として事務職を経験してまいりました。経理も任されていましたので複雑な事務処理についてもある程度はこなしてきました。学生時代より、正確な計算や読んでもらえる文章を書くことを心がけてきたこともあり、事務職は、私の適性に合った強みのように思っております。以上のことから、派遣先の会社で事務関係のお仕事を希望いたします。』 ポイント1 事務職として勤務してきた実績をアピールし、志望動機としても事務関係の仕事に就きたいという思いが伝わります。ただ、この場合にも事務の仕事で経理担当をしてきたかどうかも重要なポイントになります。経理として仕事ができるかどうかによって派遣先も変わってきますから、しっかりと職務履歴書を作成してアピールする必要があります。

派遣社員に応募する場合の職務履歴書に書く志望動機や自己PR2

例文2 『「貴社のような実績のある派遣会社に登録しようと思い、登録させていただきました。私は、学生時代のアルバイト経験から、販売の仕事をしてきました。接客については8年間の経験から自信を持っています。接客は、お客様のニーズをいち早く察することにあると思っています。どんな会社でも販売業では顧客対応がきちんとできるかどうかにかかってきます。こんな私の経験と実績を持って働くことができればという思いです。』 ポイント2 実際に派遣で働く人の多くが「志望動機はとくにない」ということを言われます。会社が決まっていないのに志望動機を書くのは難しいというのはわかりますが、自己PRはしっかりとしておく必要があります。自己PRで派遣する会社を決めるような仕組みになっているのです。 志望動機や自己PR作成では、自分の強みを強くアピールすることです。志望動機だけでは「なぜ正社員ではなく派遣社員として応募するのかについて説得力が弱くなります。自己PRも交えた書き方で、得意分野や性格などをしっかりと書いた職務履歴書を作成して、希望の職種を紹介してもらうようにするといいでしょう。では、ここからは、一般的な正社員として応募する時の職務履歴書の書き方をご紹介します。

手書きでもパソコンでも!正社員に応募する場合の職務履歴書に書く志望動機や自己PR1

例文1 『私は小さい頃からテニスをしています。大学の公式大会で団体戦決勝まで進んだ中で活躍してきました。その過程で、けがに悩んだり、仲間とのコミュニケーションの難しさを実感したりしてきました。しかし、私を支えてくれたのは、両親をはじめ、リハビリの先生、顧問の先生、そして、やはり仲間でした。 このような経験で私は、感謝の気持ちを持つことの大切さやけがや病気に悩む人の気持ちを実感できたのです。今回貴社に応募させていただきましたのも、いくつかの介護施設を経営されている中で、特に「人にやさしい介護」ということに力を入れ、スタッフの皆さんがその思いで働いておられることを知ったからです。私もその一因に加えていただけたらという思いで応募させていただきました。』 ポイント1 一般的な職務履歴書作成では、自分というものをしっかりと採用担当者にわかってもらえるようにしなければいけません。新卒の方の場合には、部活や実行委員などの経験は大きな武器になります。この例文にも採用担当者が評価してくれる武器があります。 ・小さい頃からテニスを続けている・・・一つのことに打ち込める ・けがを経験した・・・人の痛みがわかる ・コミュニケーションで苦労した・・・コミュニケーションの大切さがわかる このように、自分の経験を具体的に書くことで、しっかりと採用担当者に伝わります。

手書きでもパソコンでも!正社員に応募する場合の職務履歴書に書く志望動機や自己PR2

例文2 『私は、商大を出ています。貴社に応募していただいたのは、私大学で学んだ知識やスキルが発揮できると思ったからです。私の大学の成績表を見ていただきましたら分かりますが、ほとんどの科目で「優」以上の評価をいただいております。私がこのように勉強熱心になったのは、サークルのおかげです。大学1年時に入ったサークルで、伝統的に続いている勉強会(○○科のテスト対策など)があったのです。 最初は和やかな雰囲気で行われていましたが、テストが近づくと本気モードに入り、先輩から厳しい指導を受けました。おかげで1年生の成績はかなり優秀でした。これがきっかけとなって4年生まで、今度は後輩に指導したり、OBが来て指導を受けたりしたのです。貴社に採用していただきましたら、この流れを大切にして、次は仕事の業績という面で教え、教えられして、同僚や先輩と競い合うことができればいいなあと思っています。』 ポイント2 「学力」を強みとして自己PRする場合にも、単に成績がいいことをアピールするだけではなく、この方のように、サークルで鍛えられて学力が向上していったというきっかけを詳しく作成する方がいいでしょう。特に、実力勝負という企業に応募する際には、自分の学力というものを強くアピールするといいでしょう。

【職務履歴書】手書き?パソコン入力?履歴書作成の例文集!セオリーを公開 まとめ

職務履歴書について一般的な手書きやパソコン入力の作成から、派遣などで応募するときの書き方、例文などをご紹介しました。職務履歴書では、ありのままの自分をいかにして文章で分かってもらえるかということが重要であることがお分かりいただけたと思います。 このあと、面接が始まりますが、面接では志望動機や自己PRとして書いた職務履歴書の内容をよく読み返して、書いてあることと話すないように、ズレがないようにしてください。また、職務履歴書で書ききれなかったことについては、面接で簡潔に話ができるように練習をしておくことも大切です。