転職|面接でもっとも多い定番の質問を徹底分析してみた!

転職という中途採用になる場合の面接では、サイトなどにもありますが、必ず聞かれる質問があります。「転職理由は何ですか。」です。採用担当者は、なぜこの質問を当たり前のようにするのでしょうか。それには、2つの理由があります。 1.理由によっては、すぐにでも「否」にできる 「どうしても職場に馴染めなくて」「上司のパワハラに耐えられなくて」などの理由なら、自社にきても同じようなことが起こるだろうという判断です。 2.「否」にならない理由であるなら、その理由を自分の口でしっかりと話すあなたを見てみたい 「もっと大きな会社で自分の力を試したくて」「前職の仕事に満足せず、貴社が目指すビジョンに共感して」などの理由の場合には、もう少し話が聞きたくなります。 「答えていて、途中から何を言っているのか分からなくなる」「話し出したのはいいけど、途中で詰まってしまい、言えなくなる」・・・これらは、新卒の学生ならある程度は大目に見てくれますが、社会人経験がある転職の方の面接でこういうことになると、評価は必ず下がります。 サイトにも載っている「これで決まり!面接での想定問答集」などに書かれている模範解答を丸覚えされている方がおられます。採用担当者には、「面接対策はしっかりとしてきました」ということは伝わるでしょうが、それ以上のものは伝わることはありません。まして、今の時代は個性の時代です。あなたの口からあなたの思いを語ることが非常に重要です。

転職の面接での質問で採用担当者が見る目

「転職をされた理由」のところでもご紹介しましたが、採用担当者が繰り出す質問には意図が必ずあります。ですから、応募者の側に立ってみますと、採用担当者の真意はどこにあるのかを察知することが重要になります。それを察知して、自分と言う人間をアピールできれば、採用担当者とあなたの思いが一致し、「合」に近づきます。 さてここからは、転職者が面接の場でよく聞かれる質問例とその回答例、そして、採用担当者が見る大切なポイントをご紹介します。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例1

質問「今お話いただいたことが転職理由ですか。他にはありませんか。」 回答例『はい分かりました。今お答えしましたが、通勤時間が転職理由ですが、通勤時間にしては仕事のやりがいを感じなくなったということも転職理由です。私は、○○の資格も持っておりますので、それを生かすことができるところを求め、御社にたどり着いたともいえます。』 採用担当者が見るポイント 採用担当者は、この例のように転職理由がどうも納得できないというときによく聞かれる質問です。一見意地悪な質問のように思えますが、採用担当者もプロですから(何人もの面接を経験している)あなたを見抜いて質問してきます。転職理由についてあまり話したくない場合には、特に慎重な答え方が必要です。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例2

質問「前職の退職理由はどのようなことですか。」 回答例『前職では、自分の得意分野である音楽の力を発揮できなかったので、一年前から転職を考え、保育園にも迷惑がかからないように、年末に退職を申し出て3月に退職しました。貴園は音楽に力を入れておられると前々から存じておりましたので、ぜひ私の力を使っていただきたく応募させていただきました。』 採用担当者が見るポイント 採用担当者は、自社(この例の場合は保育園)の戦力(転職の場合には即戦力と考える場合が多い)となって働いてくれる人材を求めています。そういう点では、この例のような答え方でいいですが、「前職では音楽の力が発揮できなかった」というところが気にはなります。 採用担当者は「あなたのスキルは欲しいけれども、あなた自身が満足しなければ辞めてしまうかもしれないな。」という思いを持つかもしれません。「前職では、自分の得意分野である音楽の力を発揮できなかったので、」という部分はなくてもいいでしょう。このように、悪く受け取られることがあるような答え方(特に前職の悪口など)はしない方がいいでしょう。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例3

質問「前職は、小規模経営をされている会社で、残業などはあまり経験されてこなかったとは思いますが、自社では、それなりの手当も出しますが、残業ということもあります。よろしいでしょうか。」 回答例『私は、働き甲斐を求めて御社に応募させていただきました。結婚して小さい子どもはおりますが、子育てについてはある程度妻に任せております。御社のような規模の大きい会社では、会議や残業、お付き合いの飲み会も合わせて仕事の範囲内という思いを持って応募させていただいております。』 採用担当者が見るポイント 社会でいろいろなことが起こっている今、転職の場合には特に、残業についての質問が出ることが予想されます。この例のように、会議が長引くような残業も仕事の範囲内として答えればいいでしょう。反対に、前職での残業の多さが転職理由の場合には、面接の場で、はっきりと残業を否定する思いを言っておく必要があります。もし黙っていて、採用されてから「残業が嫌だったのに・・・」となりますと、また転職しなければならなくなります。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例4

質問「自社の魅力をどう感じておられるか述べてください。」 回答例「御社は業界の中で、オリコン調査で「お客様満足度2位」という位置におられます。お客様に満足されることこそが、この業界では大切で、しっかりと結果を出しておられるところが魅力だと感じております。社長様ご指導の元、それぞれのスタッフの皆様が会議などの場で話し合われ、役割をきちんと果たされている結果がこうして表れていると思います。そんなスタッフの仲間入りをさせていただきたいというのが私の強い思いです。 採用担当者が見るポイント 御社を褒めるのならば、その根拠を述べなければならないとよくサイトにも載っています。今の時代、魅力についても「2位」という具体的な数字をサイトで調べてきて述べているところは大いに評価されるでしょう。採用担当者に、彼は自社にかなり興味を抱いているなと思わせることができます。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例5

質問「前職で仕事をされている中で一番がんばってこられたところについて語ってください。」 回答例『前職ではマンション管理という仕事で、グループリーダーという立場におりました。「お客様第一」という視点でマンション管理の現場スタッフとのコミュニケーションを大切にしてきました。マンションの状況は現場スタッフが一番よく知っています。ですから、立場的には上でも、年齢的には上の現場スタッフに、マンションの状況を聞くという立場で接してきました。 採用担当者が見るポイント 地味な回答例ですが、採用担当者によっては、非常に評価が高くなる答え方です。それは、飾っていないところです。マンション管理というあまり見えにくい仕事ですが、自社と契約しているマンションの委託を続けることが最低限の仕事です。その最低限の仕事をきちんとしてきたことが伝わります。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例6

質問「前職で一番辛かったことは何ですか。また、それをどう乗り越えましたか。」 回答例『私が前職で一番辛かったことは、会議が多かったことです。社員一人一人が会議で提案するような形でこの力を伸ばすという意味がありました。それによって高まっていく自分を感じていました。しかし、今考えますと、会議が頻繁にあったので、顧客対応や取引先との打ち合わせなどにも影響したように思います。』 採用担当者が見るポイント 前職のことを述べるのは難しいです。このことはサイトにもありますが、批判のような言い方は絶対にダメです。その会社ごとに特徴があり、この方のような会議が多い会社も現実として多くあるようです。この回答例のように、会議が多いことが辛かったという答え方は正直でよいという捉え方と、会議が多いのが辛いのかという捉え方があることだけは分かっておきましょう。ですから、「辛いと感じたことはあまりありませんが、強いて言うならば会議が多かったことです。」という言い方にするといいでしょう。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例7

質問「自社に採用されたらどのように会社に貢献してくれますか。」 回答例『私は、今回の転職では定年退職までお世話になろうという強い意識でいます。と言いますのも、前職で課長という立場で会議などの場でも若手指導の経験もあり、本採用いただきましたら、近い将来にも管理職としてもやっていける自信があるからです。前勤務先の取引先でもある御社で、私を有効活用していただければという思いでおります。』 採用担当者が見るポイント 会社への貢献ということは、あくまでも予測として言わなければ仕方ありません。転職の年齢にもよりますが、会社への貢献の質問は、ある程度の年齢の場合に聞かれると思っておくといいでしょう。この方のように管理職経験がある場合には、特にキャリアアップの意欲を問われることが多いです。管理職の異動や退職などがある場合には、会社にとっては、管理職経験がある人を強く望みます。

面接で必ず聞かれる転職理由の質問と回答例8

質問「何社か応募されていると思いますが、自社は何番目の候補ですか。」 回答例『もちろん1番です。サイトで御社の企業理念を見せていただきましたが、他のどこの社よりもわかりやすいサイトになっており、働く者にとって目標を持ちやすいものになっていると思うからです。私は、前職での自分には満足していません。今思い返しますと、御社が従業員一人一人に持たせておられる目標というものを持って働いていなかったように思います。 御社でお世話になることになりましたら、まず1年目の目標をしっかりと持たせていただきたいと思います。その上で、毎年成長していく自分を評価いただくようにがんばりたく思います。』 採用担当者が見るポイント 「もちろん1番です。」という歯切れのいい答え方をすることが大切です。そして、その理由についてもしっかりとした考えを持っておく必要があります。そのためには、サイトにあるような企業理念をはじめ、社長の経営方針や新たな取り組みなどの企業研究をしておかなければなりません。

転職|面接でもっとも多い定番の質問を徹底分析してみた!まとめ

「最後に何か聞きたいことはありませんか。」という逆質問が返ってくることもあります。サイトにも載っていますが、この逆質問についてもあるものと思って用意しておくことも大切です。この逆質問も意外と重要で、採用担当者の最後の質問になりますから場合によっては、この逆質問で合否が決まるといっても過言ではありません。 逆質問は、一般的には「企業が来季、力を入れようとされている分野は?」や「もし内定をいただきましたら、入社までにしておくことがありましたら・・・」などという逆質問になります。このように、転職での定番の質問にも、サイトには載っていない採用担当者の思惑があることがお分かりいただけたでしょうか。