ゲームプランナーを解説!気になる年収や求人の数,未経験や新卒の事情とは?

目次

ゲームプランナーの求人や収入、仕事内容とは?お求めの情報をご紹介!

ゲームプランナーの仕事内容と聞かれると、ゲームを考えて企画書を書く人ぐらいしか思いつかないかもしれません。 しかし実はゲームプランナーとはゲームを考えるだけの仕事ではなく、ゲームそのものが出来上がる過程を管理して進めていく内容の仕事でもあるのです。 この記事ではまずゲームプランナーとはどんな仕事なのかをご説明し、その後に新卒や未経験でも見つかる求人の探し方、大学卒業後入社した場合の年収という順番で説明を進めさせていただきます。

ゲームプランナーの仕事とは?意外と知らない企画書以外の仕事。

ゲームプランナーの仕事と言われるとやはり企画書を作ってゲームを企画する仕事だと思われる方が多いのではないでしょうか。 これは一部正解でもあり、不正解でもあります。 企画書を書く仕事があることは事実なのですが、ゲームプランナーと呼ばれる人たちの中でもこれを書くのは一部の人達だけであることは意外と知られていません。 それでは他の人はどんな仕事をしているのでしょうか?

ゲームディレクター〈ゲームプランナーをまとめ根幹を作り込む人〉

この役職はよく聞いたことがあるかと思います。 ゲームディレクターとはゲーム企画の中心に立ちゲーム完成までの先導を行う仕事です。 出来上がってくるゲームが面白いか、コンセプトに沿っているかを管理し正しく完成するように導きます。 また最初に企画書を書くことが多いのもこの役職の人です。 人によってはゲームの顔として表舞台に出ることもありますが、そういう方は主にプロデューサーの方が多いかと思います。 ディレクターは求人が募集される場合もありますが、大抵はプランナーやレベルデザイナー、プランナー職以外ではプログラマーやデザイナーからこの役職に就く場合もあります。

ゲームプロデューサー〈ゲームの売り込み方を考える人〉

出典:pixabay.com

よくディレクターと混同されがちですが、その仕事内容は大きく違います。 ゲームプロデューサーとはゲームを売り込むことを考え、予算を管理する仕事をする人を指します。 よくイベントなどでプロデューサーが顔をだすのはそれが販売促進活動の一貫であり、そのゲームを売るための顔として出てくるためです。 こちらもディレクターと同じく、求人の募集より現場で働くスタッフが就任することが多数となります。

ゲームプランナー〈大学卒業後はまずここ、ゲームを作るお手伝いさん〉

未経験の新卒がおそらく最初に就く役職であり専門学校などでも専用のカリキュラムが組まれるためよく聞くプランナーですが、その仕事内容について企画書を書くことはそれほど多くなく、会社のコンペやディレクターからの依頼で企画書を書くことがほとんどです。 メインの仕事内容はもっぱらゲーム開発で必要な仕様書の作成や細かなデータの作成、会議で必要な資料の作成など雑多な事を行うことになります。 しかしここでの経験を活かしディレクターに昇ることも出来るためやりがいが高い仕事でもあることは確かです。 さらに職業を超えた働きが必要とされ、プログラマーに仕様の説明をしたり、要求するデザインをデザイナーと詰める等、非常にコミュニケーションが必要となる仕事になります。 大学を卒業してプランナーを目指す方も多くいますが、実際に企画書を書いてゲーム制作を主導していく事を夢見て入り、現実がかなり違うと絶望される方もいますのでご注意ください。

レベルデザイナー〈その仕事は芸術の域、ゲームの調整をその手に担う〉

あまり聞き慣れない名前かもしれませんがもしかしたら格闘ゲームなどに詳しい方だったら聞かれたことがあるかもしれません。 この役職は簡単に言うとゲームの難易度を調整する仕事です。 ゲームの難しさは売上に直結するため非常に繊細で膨大な仕事量が求められるのですが、この役職はそれをこなすことが出来る選ばれたプランナーやプロの現場で活躍しているプロゲーマーが就くことができます。 ディレクターやプランナーと協力することも珍しくなく、実際に適正があるようであれば非常に高い年収も約束されるでしょう。

大学卒業直後や未経験でも平気?ゲームプランナーに求められるスキル

求人に応募する際、必要となるものは履歴書やエントリーシート等当然のものに合わせて企画書等自身のスキルを証明するものが必要となるでしょう。 どのようなものでスキルを証明すればいいのかをいかにまとめていきます。

企画書〈ゲームプランナーを目指すなら新卒でも未経験でも必須!〉

出典:pixabay.com

ゲームプランナーは企画書を書くことは少ないと書きましたが、不要というわけではなくむしろ重要です。 この企画書では以下の能力を見られると考えていいでしょう。 ・面白いゲームを考えることが出来るか ・考えたことを正しく相手に伝えることが出来るか ・正しい文字遣いや適切な図が使えるか これらを押さえる企画書を書くことが重視されているので、ゲームの内容だけではなくまとめ方にも注意する必要があります。 試しに書いてみたものを大学の友人など親しい人にみてもらい、意図した内容が相手に伝わっているかの確認をしてみるといいでしょう。

Excel能力〈ゲームプランナーの必須ツールの能力を証明〉

出典:pixabay.com

大学へ通っていた方は使われた経験が多いかもしれませんが、Excelを上手く使うことが出来る能力は未経験の方が求職する上でも非常に役に立ちます。 プランナーの仕事内容としてExcelを使う機会が多くあり、これをスムーズに使うことが出来る事を証明することは非常に好アピールとなることでしょう。 MOSなど能力を証明する検定もあるので取得を目指してみると未経験の方でも就職率がグッと上がると思います。

その他多様な経歴〈多様性が求められる職場〉

出典:pixabay.com

ゲームと全く関係のない能力がゲーム会社から求められることは、実はかなりあります。 ゲームを好きな人は探せばすぐ見つかるのですが、その他の能力を持っている人となると意外と見つからないのがゲーム会社が持っている悩みであり、それに対して何かしらアピール出来る点を持っているということは実は強みにつながるのです。 ゲーム業界が未経験だと言う人でもその他の業界の経験やこれまでの活動などをアピールすることで採用意欲が高まること間違えなしです。

大卒・新卒・未経験でも大丈夫!ゲームプランナー求人の探し方

ゲームプランナーを目指す方法としても幾つかの道筋があります。 まずは王道を行く就職活動からの正社員を目指す道、アルバイト等から正社員に成り上がる方法、スカウトされる方法です。 求人の探し方のノウハウや就職に向けたコツをご紹介致します。

新卒ならやはり王道の就職活動〈ゲームプランナーを求める企業は数多〉

出典:pixabay.com

ゲーム企業と一口に言っても最大手から下請けを行う会社まで様々です。 ゲームプランナーが求められる現場は意外と多く、下請けでも仕様書のまとめや進捗管理など様々な仕事が舞い込みます。 もし最大手の求人を求められている場合でも、一度下請け会社に入ってから転職で大手企業へ行く人は少なくありません。 もし正社員雇用を目指している方はこのような進み方についても考えてみてはいかがでしょうか。

未経験でもアルバイトからの正社員化〈ゲームプランナーを目指す険しい道のり〉

出典:pixabay.com

アルバイトでのスタッフ募集は少なくありません。しかし大学生が学業の合間にアルバイトでゲーム会社に入るとなるとなかなか難しいでしょう。ゲーム会社も普通の企業なのでみなさんが学業に励まれている間に仕事が行われています。 もちろんそれ以外の時間でのお手伝いや、大学等がお休みのときにお手伝いするなどもございますが、詳しくは求人をよく読み相談されることが大切だと思います。 業務内容はどちらかと言うと動作確認(不具合なく動作するかのテスト業務)が大半ですが、ゲームプランナーのアシスタントを求めている企業もございますので、求人を細かくチェックしてみてください。 アシスタントからゲームプランナーに昇格し正社員として採用された方も実際におられるので目指してみる手もあるのではないでしょうか。

スカウトで大卒から正社員に!〈狭く厳しい門だがやりがいがある!〉

スカウトと言うのはあまり聞かれないかと思います。 実際にそれがされた事例自体が少ないためそもそも耳にされる機会が少ないのも頷けるでしょう。 毎年開催されている東京ゲームショウなどでアマチュアゲームクリエイターのコンテストが開催されます。 ここで賞を獲得することがほぼ必須条件であるためにこの道は厳しいのですが、たしかに面白い物を作れる自信がある方は目指してみてはいかがでしょうか。 大卒でそのままゲーム企業に!なんていうサクセスストーリーも夢ではありません!

大卒・未経験からの年収は?意外と知らないゲームプランナーの年収。

出典:pixabay.com

未経験でも新卒で一般的な企業に入社された場合の年収はおおよそ200~300万円となるでしょう。 あくまでも基本給からの算出ですので、実際は残業等が多い業界ということもあり+50万円ぐらいは望んでも問題ないのではないでしょうか。 求人を探す際に気をつけなければ行けない点として、年収や月収が記載されていない企業があることがあります。 これはいざ就職してみると大卒の一般的な年収から大きく下がった給与となってしまう可能性もあり、望まない就職となってしまう可能性もあります。 また裁量労働制を取っている会社も要注意です。 裁量労働制では残業時間が付かないため、給与が少ないと非常に薄給で働くことになってしまい、これもまた望まない就職になる可能性があります。 それでもゲーム業界に憧れが強く、この会社で働きたいんだ!という強い意思をお持ちであれば、多少の給与はなんのその。力いっぱい働くことが出来る業界であることでしょう。 年収は仕事選びの条件の一つでしかなく、新卒で未経験の方がゲーム業界に就職される場合は授業料だと思って思い切って飛び込むのの一つの手段かもしれません。

ゲームプランナーを目指す新卒の面接攻略法

出典:pixabay.com

大学などでは面接の支援をしてもらえると思いますが、それはあくまで一般企業に向けたものが大半です。ゲーム業界は少し特殊なためここで面接に望まれる新卒の方への秘伝を伝授させていただきます。 ゲーム会社への面接でよく聞かれるのは「どんなゲームを作りたいか」「どんなゲームが好きか」の2つです。これに対して大学の就職活動講座では教えてくれない模範的な解答があります。 それを以下でそれぞれお教えいたします。

新卒生に注意!ゲームプランナーを目指すなら作りたいゲームは実例と理想を挙げろ!

「どんなゲームを作りたいですか?」こう質問されたとき大学生の方がよく犯してしまう過ちは「○○○のようなゲームが好きなのでそんなゲームを作りたいです」と言ってしまうことです。 これは新卒の方が特に陥りやすい傾向で、それを言われたときに「じゃぁ一人で○○○を作ったらいいんじゃない?」と返されてしまうと、その先何も話すことができません。 大切なのは「○○○のジャンルが好きなので、御社の(作品名)に近いのですが~~~という方向性をもたせた、新しいゲームを作りたいと思っています」と、具体例を上げつも抽象的で未来のある発言をすることです。 これによって企業側はこの人に仕事をしてもらったら会社がもっと良くなるんじゃないかというふうに想像してもらえ、好感的である可能性が非常に高い受け答えの内容になります。 企業は常に前へ進まなければいけない使命を持っているため、その会社の未来を想像させる内容を発言に盛り込むことで、仕事をする上でこんなことを成し遂げたいというビジョンを相手に見せるよう意識する必要があります。

ゲーム好きの大学生が陥る好きなゲームの質問!包み隠さず言うべき!

これも非常によくある質問なのですが、面接で「好きなゲームは何?」と聞かれることがあります。 これに対する受け答えで気を使ってしまい、採用側のゲームを言ってしまうのは良くないことが多いです。 なぜなら本当にそのゲームが好きなら問題ないのですが、そこそこ好きぐらいだと発言の内容に具体性が欠け、本当にこの人はゲームが好きなのかと疑問に思われてしまうからです。 本当に好きなゲームを熱く語ることが出来る人材の方が好感がもて、さらにそのゲームが好きだからこそ仕事上ではこんなふうに出来るんじゃないかという意見が出せるとさらに好感度が上がるのではないでしょうか。

面接のアリナシ?ゲームプランナー年収や仕事内容を聞くのは失礼?

年収や仕事内容の質問をすることは失礼に当たる場合もありますが、言い方や状況によるものもあるのではないかと思います。 年収を聞くということは将来その会社に入って仕事を頑張ることが出来るのかを真剣に考えているというアピールにもなりますし、実際に求人に書かれている場合でも残業代を含めた見込みや昇給していく場合の目安など、求人には書かれていない様々な事を知ることが出来るかもしれません。 仕事内容についても同様に、ただ聞くだけななら求人を読んでいないことになってしまいますが、そこから発展してどのような仕事をどれ位の人がしているのか、求人にはなかったがこんな仕事はないのか、大学での経験からこんな仕事をしたい、など前向きな質問を行うことは可能だと思います。

まとめ

ゲームプランナーはゲーム業界の中でも人気がある職種で様々な人が目指します。そんな中でもこの記事を読んでいただいた方は一歩先を行くことができているのではないでしょうか。 これまでに経験してきた面白い体験・誰がみてもわかりやすく面白い企画書、この2つがあれば実際の就職活動でも試験官の目を引きゲームプランナーとしての第一歩を踏み出すことが出来るのではないかと思います。 皆様の就職活動を心より応援しております。