TOEICスコアなど語学力をアピールする時の履歴書の書き方

企業は、学生の英語力を評価するのに何を基準としているでしょうか? 英語力を計る目安となっているのは「TOEIC」なのです。 「TOEIC」は、120か国、年間600万人以上が受験しており、日本でも年間200万人以上が受験する世界共通テストです。 履歴書やエントリーシートで語学力をアピールするのであれば、具体的な数字で示すのが明確ですし、高評価につながります。 資格欄に「TOEIC900点」や「英検1級」という書き方をすれば、それは英語力をアピールする格好の武器になり得ます。英語力をアピールするにはTOEICスコアを数字で示すのがもっとも分かりやすい書き方なのです。 日本でも多くの企業・官公庁・学校などで採用するなど、TOEICは世界標準テストと言っても過言ではありません。 むしろTOEICスコア以外の履歴書の書き方で英語の語学力をアピールするのが難しいほどです。

履歴書・エントリーシートに書けるTOEICのスコア

今やビジネスには必須のスキルと言える、英語などの語学力。自分の英語力をアピールするためにも、TOEICを受けて、スコアを履歴書やエントリーシートに書きたいところですよね。 ビジネスに十分活用できる英語力を表すTOEICのスコアは何点以上なのでしょうか。履歴書やエントリーシートに書けるTOEICスコアは、何点以上でしょうか?

最低600点で語学力を評価されたいなら730点以上は必須

履歴書やエントリーシートに書けるTOEICのスコアは、最低ラインで400点ですが、実際は600点以上が英語力があるとしてアピールできるTOEICスコアとされているようです。 しかし、英語力を必要としている企業だと、最低スコアだと評価対象としてみてもらえない可能性が高いです。 ですので、語学力をアピールする方法として履歴書やエントリーシートに書けるのは、TOEICスコア730点からと考えておくのが無難です。

留学経験で語学力をアピールする書き方もある

留学は言語の勉強だけでなく、経験値をかなりアップさせる貴重な体験です。留学経験は、とてもプラスのアピールポイントになるので、どんなに短期間であっても必ず履歴書に記載しましょう。 履歴書やエントリーシートにおいて、TOEIC以外で語学力をアピールする書き方として留学経験は有効です。

TOEICと違って留学経験は生きた英語力をアピールする書き方として最適

英語力をアピールするのに、TOEIC以外でアピールする書き方、それが留学経験です。 そもそも語学力は社会の中で実践的に使えるかどうかが肝です。 TOEICで高得点を取れているに越したことはないですが、仕事として語学力が生かせるかどうかはまた別問題です。 書類上で明確に伝えられるものですが、留学経験は生きた英語を使える点で、筆記試験とは違った視点で語学力をアピールする書き方として重宝されるものです。

履歴書で英語力をアピールできるTOEICスコア600点以上!留学も語学力を宣伝する書き方として効果的!

TOEICスコア以外で履歴書やエントリーシートに英語の語学力をアピールする書き方について見ていきましたが、いかがでしたでしょうか。 英語力をアピールする書き方としてTOEICが最高の武器となりますが、TOEIC以外でも語学力をアピールする書き方がいくらでもあるんです。 例えば今回ご紹介した留学経験もそうですし、外国人の友人が多い、英語学習アプリを日頃から活用しているなど。 留学経験や外国人の友人は生きた英語を使えるという点で語学力をアピールする書き方として最適です。TOEICや留学など資格や経験で履歴書やエントリーシートに英語の語学力をアピールしましょう。