就活における履歴書での正しい学歴の書き方

就活で使う履歴書に学歴を入れる前に、まずは履歴書の選び方について軽く触れておきましょう。一口に就活の履歴書といっても種類は多様にあり、どれを選ぶべきか就活生は迷ってしまいますよね。 実は、それぞれのタイプによって少しずつ履歴書の対象が違いますので、就活生は自分の目的に合ったタイプの履歴書を選ぶ必要があります。

履歴書のタイプは大きく分けて4つ

就活用の履歴書は全て同じように見えて、実は細かい項目が違います。メーカーによっても違いますが、そもそも就活用、アルバイト用、転職用など色々とタイプが分かれています。 学歴と職歴を書く欄も違ってきますので、就活の際は目的とタイプと書き方をきちんと把握した上で選ぶようにしましょう。

履歴書の学歴の正しい書き方とは

履歴書では、自分に関する情報をいくつも書かなければいけません。そしてそれは、面接官にとっては重要な情報になるので、決して誤ったことは書かずに事実だけを書かなければいけません。 今回は履歴書の中でも学歴に注目して、その書き方を見ていきましょう。

学歴欄の1・2行目からの書き始め方

1行目は皆同じく「学歴」と明記します。左に揃えるのではなく、中央に書くのが基本です。 そして、2行目から実際の学歴を記入し始めます。 学歴を全部書き終えたら、最後の行の次の行に右揃えで「以上」と書きます。

学歴の細かい記載内容は欠かさず書く

就活における履歴書の学歴の書き方としては、高校の場合、入学年と学校名を、大学は学部、学科までを記載します。 学歴に休学や留年などブランクがある人は、1~2年程度の短い期間でない限り、その理由を記載しておいた方が良いでしょう。 また、「職歴」「賞罰」があれば、学歴欄に同じように記入していきます。

就活でアピールするための学歴には注意が必要

履歴書にある学歴の項目を記入する際、気をつけておきたい事があります。せっかく就活を行うのだからあなたの人生がうまく行くように書かなくてはなりません。 就活の面接で経歴をしっかりとアピールできるよう、どこからどこまで書くべきなのか、気を付けておきたい事は是非覚えておいてください。

どんなに有名でも学校名は省略せずに正式名称で

履歴書の学歴に学校名を書く際、いくら誰もが知っている有名校であっても、正式名称で書くようにします。 また、大学の場合、学科や専攻もきちんと書く必要があります。「○○大学△△学部□□学科××コース」のように、こちらも正式名称でしっかりと書きましょう。 長いときは2行にまたがっても構いません。

浪人や中退の場合も理由を記載する

履歴書では休学や留年と同じように、長期間の浪人や中途退学の場合もその理由を記載するようにしましょう。 例えば、「平成○○年○月 ○○大学○○学部 長期的な病気療養のため中途退学」のように書きます。 納得できる理由であればこれによって特にマイナスになることはありません。むしろ隠したり、虚偽の記載をしたりする方がダメージは大きいでしょう。 ちなみに、浪人時代に通っていた予備校などは学歴に含まれませんので気をつけてください。

学歴はどこから書くべき?

学歴をどこから書くのかというのは、決まりというわけではありませんが、新卒採用の場合の学歴欄は、中学卒業時から書くのが一般的です。中途採用の場合は、高校入学時からでOKです。

まとめ

就活の履歴書で学歴を書く時の正しい書き方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 履歴書の項目でも学歴欄は、意外と記入ミスの多い部分です。それは正しい書き方とポイントを理解していないせいでもあります。 今まで細かい事を気にせず、何となく履歴書を書いていた人は、今回紹介したポイントを確認しながら学歴欄を埋めてみてください。