転職面接をスムーズにする「自己PR」例文集

人事担当者に興味を持たれる自己PRを書くためには、どのような事に気を付けて自己PRを書くべきでしょうか。まず読みたいと思える自己PRを書く事が大事です。そのためには文書のまとまりや伝えたい事を書く前にしっかりと考えておく必要があります。 書きたい事が多いとどうしても文章も長くなってしまいます。文章が長くなるとどうして諄く感じてしまいますよね。 諄くなると伝えたいことがぼやけてしまったり、うまく伝える事ができなくなります。 そうならないためにも相手が読む時に伝わりやすい様に簡潔に書くように心がけましょう。

自己PRの文字数は300文字程度に!

文章を読み手にしっかりと伝えるためには長すぎず、複雑すぎず、諄すぎず書く事が大事なのです。 簡潔にまとめて最低でも300文字程度に自己PRを凝縮して書く事を意識していくと、人事担当者も読みやすく理解しやす自己PRになるでしょう。

自己PRはPREP法で書く

自己PRを簡潔にまとまった文章にするためには、文章構成をしっかりと考える必要があります。 そこで今回は自己PRを書く時にぴったりの文章構成としてご紹介したいのが、結論先行型の文章構成方法の「PREP法」です。 PREP法とは Pはpoint ポイント・結論 RはReason 理由 EはExample 具体例 PはPoint ポイント・結論 冒頭に結論、つまり要点を持ってくることにより、何についての文書やプレゼンテーションなのかを聞き手側が把握しやすくなります。 また、冒頭で内容をイメージ出来るかどうかでその後の内容の理解度も変わり、効率良く会いてに伝えることができる手法です。

PREP法について

①ポイント・結論部分では、話のメインのあなたが自己PRでもっとも売り出したい事、強みだったりする事を書きます。 ②理由では①のあなたの売り出したい事を理由づける経験やきっかけなどを書きます。 ③具体例では②の理由をイメージしやすい出来事等を書く事で具体的に読み手にイメージを伝えます。 ④そして最後は①の売り出したい事や強みを強調する形で話を締めくくります。

自己PRではあなたの実績とメリットを書く

自己PRを書く上で最も大きな目的は何でしょうか。 1つ目はあなたの実績を伝える事です。 2つ目はあなたが企業で働いたらどんなメリットがあるのか。 この二つを人事担当者に伝える必要があります。 自己PRとは言葉の通りあなた自身を売り込む事です。 あなたが働きたいと思った企業とあなたの目的やあなたが経験してきた事で役に立てれるものはありませんか?そうした部分を売り込んでいけば良いのです。 企業にとってあなたが持っている資格や経験は企業にとってとてもメリットになるのです。

転職の自己PR例文集

ここからは上記で学んだ自己PRのポイントを踏まえた上で、自己PRの例文を見ていきましょう。 具体的に書かれている文章を見る事で自分で書く時の参考になりますのでしっかり見て、自己PRに活かしていきましょう。

前職と関連性のある職種への転職の自己PR例文

前職と関連している職種へ転職する場合の例文をご紹介します。

以前は事務職をしておりましたので営業職は未経験です。似たような職種として販売促進に在籍していた経験があります。そこでは日々、どうすればお客様が商品をほしいと感じてもらえるか、どうすれば立ち止まって商品を手に取ってもらえるかをお客様の目線に立ち常に考えてまいりました。

モニタリング調査を行い様々な改善点が見つかり、そこから提案、工夫を重ねた結果、一年の購買率を120%にあげる事ができました。この経験を営業職でも活かし、常にお客様の視点で考え行動し、お客様の満足度を上げていけるように努力を惜しまず実践してまいります。

13 年間のSEとしての経験を通じて、上流工程から下流工程、導入・運用にいたるまで、システム開発・運用の全般に携わってきました。 特に、汎用系では50名 を超える中・大規模なプロジェクトチームのマネージャーを何度も経験しましたので、マネジメント力とスケジュール管理には自信があります。 特に貴社では汎用系の大規模プロジェクトが数多く存在しますから、必ずお役立ちできると思っています。

スキルや専門的な知識をアピールする転職の自己PR

①財務会計や経理の職種に転職する場合  社員数300人の会社で5年間、経理を担当してきました。 年次決算までは一人で対応可能で、最近では担当顧客からの依頼で、財務管理についての勉強会の際に微力ながらアドバイスを行うなど、培ってきた会計の知識を活用しています。 この財務会計の知識や経験を、決算業務体制をこれから整えようとしている貴社で存分に活かし、企業運営の大きな力となれるように努めてまいります。 また将来的には会計責任者として、企業の財務戦略を提案できるレベルまで高めていきたいと考えております。

②IT関係会社に転職する場合

プログラマーとしてさまざまなソフトウェア開発現場での実務経験を通して、CやJava、PHP、Rubyなど数多くの開発言語に対応可能です。 特にJavaには自信があり、Javaによって開発した某パッケージソフトは業界トップのヒット商品となりました。 貴社においてもさまざまな言語による開発プロジェクトがスタートしているということで、ぜひ自分の力を発揮して貢献したいと思っています。

経験の豊富さをアピールする転職の自己PR例文

①様々な業務経験をアピール 前職では小さな企業だったので様々な業務を経験してきました。経営者補佐、秘書、経理、社長のスケジュールの管理、経費削減・実行・提案などです。社内全域をしっかり見なくてはいけないので、職場で起きる急な出来事や状況にも臨機応変に対応する能力が身についたと思います。この臨機応変に様々な状況に対応できる柔軟さを貴社においてもしっかりと活かしていきたいと思っています。

②事務として様々な会社での経験をアピール

事務員として外資系、アパレル系、通信系の3社に勤務してきました。業種が違えば仕事の進め方も全く違いました。違いがあるからこそ発見や身についたものもありました。それは順応性や適応能力です。経験したからこそどうすればもっと効率的にできるかなどを的確な提案をする事ができました。提案をしさらに職場の環境を良くしていくことができました。貴社でも私の提案力をお役に立てたいと思っています。

まとめ

今回は転職の自己のPR例文をご紹介してきました。自己PRと一言で言われてしまうと難しく感じてしまうのですが、今回の様なポイントをしっかり掴めれば、どんな企業でもあなたの自己PRに興味を持って読んでもらえるはずです。 どんな文章でもそうですが、読んでもらうためには相手の事を考え、相手の反応を想像しながら書くと伝わりやすく分かりやすい文章になります。 自己PRでも同じ事が言えますので、ぜひ活用していきましょう。