エンジニアにとっての転職エージェントとは?転職エージェントが無料の仕組みをご紹介。

・媒体(リクナビなど)から直接応募する ・エージェントを使う ・知人に紹介してもらう ・ダイレクトリクルーティングサービス(TechStars、ビズリーチ)に登録する などがメインになってきます。 今回はその中でも転職エージェントについて、「転職エージェントとはどういうものなのか」「エンジニア目線からみた転職エージェント」について紹介します。転職を考え始めて、転職エージェントの利用を検討をしているエンジニアの方は、是非参考にしてみて下さい

転職エージェントは、希望のキャリアに近い企業への転職をサポートし

「転職エージェント」とは、求職者の希望のキャリアに近い企業を紹介する仕事です。ただ紹介するだけではなく、完全無料で求職者の転職相談に乗り、その求職者が将来目指しているキャリアを一緒に明確にして、企業を紹介します。 企業との面接日程の調整や、企業から内定をいただく際の給与交渉などもサポートしてくれる、心強いサービスです。 仕事をしながら転職活動をする際、退職する企業の引き継ぎをしたり、入念に企業を調べたりして、転職活動に充てる時間は限られたものになります。 転職エージェントは、転職に必要なことのサポートを求職者に代わって行うので、求職者はほぼ面接だけに時間を絞って転職を行えます。 ですので、転職を考える方はエージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは無料なのか?転職エージェントの仕組み

転職エージェントは完全に無料で受けることのできるサービスです。でもなぜ、転職相談に乗ってもらい、面接の調整や給与交渉もしてくれるのに無料なのでしょうか? この部分については、転職エージェントの仕組みが関わってきます。 転職エージェントは企業側からお金をもらっています。相場として年収の25%〜40%ほどが転職エージェントに支払われるのです!転職エージェントは完全に無料に利用でき、求職者側が何か不利になることはありません。

エンジニアだからこそ転職エージェントを使うのが効果的

私はエンジニアを専門にキャリアアドバイザーをさせて頂いておりますが、エンジニアにこそ転職エージェントをオススメしたいと思っています。 ①企業にとって、転職媒体を通して求職者が送信する職務経歴書を見ただけでは、エンジニアのスキル感や、やってきたことを把握するのは非常に難しい ②キャリアの積み方が日々新しくなり、トレンドを掴んでいるキャリアアドバイスが必要になる ここに転職エージェントが介入することにより 職務経歴書以外の紹介文などで、そのエンジニアがなにをやってきてどの様な開発に、どの様なポジションで関わってきたのかを補足することができます。 それにより機械的に行われがちな、転職媒体等の転職方法と比較して、企業が求めているエンジニア像と、エンジニアが求めているキャリアに相応しい企業像とのマッチング度を高めます。 さらには、エンジニア専門のエージェントであれば、様々な方のキャリアや、様々な企業の最新ニーズを把握しているため、的確なキャリアアドバイスしてくれるんです。 このように、技術力やキャリア像が多岐にわたるエンジニアだからこそ、「転職エージェント」がオススメです

転職エージェントは企業との絶対的な信頼関係を実現

転職エージェントは数多くのIT・Web系企業と取引があります。 また、定期的に現場のマネージャーと情報交換を行い、 企業から絶対的な信頼を得ています。 この信頼関係があるため、通常より短い期間での面接設定→内定を可能としています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 転職を検討している方は、是非一度転職エージェントとお会いして、 ご相談してみて下さい。エージェントは様々な人がいるため、複数にお会いして自分と相性のよいエージェントを見つけることも重要です。