退職届は「手書き」が常識?PCは非常識?徹底分析!

今までお世話になった企業を、一身上の都合や転職などの理由で退職する際、ほとんどの方が退職届を作成して提出することになります。その際に、多くの方の頭を悩ませるのが、退職届を手書きにするか、それともパソコンで作成するかという疑問ではないでしょうか? 手書きは、あたたかさや誠意が伝わりやすいイメージがありますが、字が汚ければ読みづらくなってしまうというデメリットがあります。一方で、パソコンで作成した退職届は読みやすそうですが、受け取る側から「冷たい」「誠意が感じられない」と思われてしまう可能性も。 手書きとパソコン、どちらで退職届を作成するのが、正解なのでしょうか?今回は、退職届は手書きにすべきか、パソコンで作成するべきかについて、ご紹介していきます。

退職届は、手書きでもパソコンでもOK

結論としては、退職届は手書きでもパソコンで作成しても、問題ありません。「手書きでなければ失礼」「パソコンで作成しなければ受理されない」といったことは、基本的にはあり得ません。 少し前までは、退職届のような書類は、手書きで作成するのが当然でしたし、マナーと考えられていました。しかし現代社会では、パソコンが普及しており、ほとんどの企業でパソコンを導入・使用しています。そのため、手書きではなくパソコンで正式な書類などを作成することが、一般的なこととして浸透してきているのです。

退職届をパソコンで作成することが推奨されているわけではない

「退職届は手書きでもパソコンでもOK」とご紹介しました。しかし、あくまでも「手書きでなくてはならないというわけではなく、パソコンで作成しても良い」という風潮であることは、頭の片隅に入れておきましょう。手書きよりもパソコンで作成した方が良いというわけではないのです。 重要な書類や契約書などをパソコンで作成している企業は多いと思いますが、それらにサインをする際は、直筆でなければならないことも多いですよね。やはり、「手書き=誠意」という意識は、私たち日本人の間にいまだに根付いているものなのです。

どんな場合も、署名は手書きにする

退職届を作成する際に、必ず注意しておきたいポイントがあるので、ご紹介しておきます。それは、「署名は必ず手書きにする」ということです。 特に、パソコンで退職届を作成した場合は、注意しましょう。それまでの文章をパソコンで作成していたとしても、最後に入れる署名だけは手書きで記入することが大切です。 上記でもご紹介しましたが、重要な契約書などのサインは、未だに手書きとなっている場合が多いですよね。現代社会では、パソコンが普及し、パソコンで書類を作成することが一般化しています。だからこそ、署名だけは必ず手書きで記入するようにして、誠意を示すことが大切なのです。

退職届けは手書きがおすすめ

いかがでしたでしょうか?今回は、退職届を、手書きとパソコンどちらで作成すべきかご紹介してきました。 結論としては、退職届は手書き・パソコンどちらで作成してもマナー的には違反となりません。また、どちらで作成するか指定している企業も存在します。退職届を作成する前に、まずは会社の規約や指定などがないか、確認することが大切です。 しかし、一昔前までは、退職届などの書類は手書きで作成することが一般的でした。今はパソコンが普及して、パソコンで作成した書類もよく見掛けますが、未だに「退職届=手書き」と考えている方も、少なくありません。 このような背景から、退職届を作成する際、特に指定などがないようなら、手書きで作成しておいた方が無難とも考えられます。 企業側からの指定があったり、手書きでの作成にどうしても自身がなかったりする場合以外は、退職届は手書きで作成することをおすすめします。 また、パソコンで退職届を作成する場合も、署名だけは必ず手書きでするようにしましょう。