【基本給の平均金額】男女・年齢別/学歴・雇用形態別を調査

他の人が平均してどれだけ基本給をもらっているか気になるものの、実際に聞くことはなかなかできません。 そこで今回は年齢、男女、職業別に平均年収・基本給などをご紹介していきます。あなたは平均基本給より上か下か。 あくまで基本給は業種や会社などによって平均水準が変わってきます。 平均より低いからといってモチベーションを下げるのではなく、もっともらえる会社もあるのだとスキルアップやモチベーションアップをしていただけたら嬉しいです。 また下記の基本給の平均金額に関しましては、時間外手当や休日出勤などの手当てなどは含まれていない金額になっています。

20代男性の平均基本給について

20~24歳の平均年収は209万円。平均基本給は20万4500円です。20歳で働いている人の多くは、高校卒業と同時に社会人として働いていたり、2年生の専門学校や短大を卒業した人になっています。 25~29歳の平均年収は245万円。平均基本給は23万7300円です。20代前半から平均約35万円の差が出てきています。この辺りから大学卒の人が出てきて、会社ごとの基本給の水準に差が出てくることもあるでしょう。平均基本給をもらっていれば、待遇のよい会社と言えるでしょう。

30代男性の平均基本給について

30~34歳の平均年収は、286万円です。平均基本給は27万1700円です。出世の早い人だとこの辺りから何かしらの役職などをもらってる人もでてきます。 35~39歳の平均年収は、323万円です。平均基本給は30万1000円です。30代後半で基本給だけを見て30万を超えていれば、十分なお給料をもらっているといえるでしょう。基本給が30万円を切っていてもなんらおかしいことはない程度になります。

40代男性の平均基本給

40~44歳の平均年収は、360万円。平均基本給は32万8600円です。 45~49歳の平均年収は、401万円。平均基本給は35万7300円です。40代後半になってくると、20代前半の平均2倍の給料をもらっていることになってきます。この辺りから給料も多くもらえ、安定した生活が出てくる人が多いでしょう。

50代男性の平均基本給

50~54歳の平均年収は、425万円。平均基本給は37万4800円です。この頃から基本給のピークになってきます。会社でもある程度の地位や仕事を任され、頼れる上司になっている人が多いです。 55~59歳の平均年収は、411万円。平均基本給は36万4100円です。50代前半より基本給は減っていますが、仕事の第一線から離れ厳しい環境で仕事をしなくても、安定した基本給をもらえる立場になってくる人が多いです。

年齢別女性の平均基本給

年齢 年収 20~24歳199万円 25~29歳225万円 30~34歳243万円 35~39歳253万円 40~44歳261万円 45~49歳268万円 50~54歳269万円 55~59歳259万円 20代前半の男性の平均年収との差は、既に約10万円。 ピーク時の50代前半には、170万円、1.6倍もの差が出てきています。夫の扶養内でパートをしている女性が社会には多くいるため、平均基本給が下がっている可能性がありますが、残念ながら女性が多くいる職場などは基本給の水準が低い傾向があります。

学歴・雇用形態別の基本給の平均金額

学歴や雇用形態別に基本給の平均額を見ていきます。 平均基本給は学歴など関係なく国民の年齢別にとった平均になるので、こちらの方が想像もしやすく自分にも当てはめやすくなっています。

まずは高卒の平均基本給について

高卒の平均基本給が国民全体の平均基本給より大幅に下回っていることが分かります。 20代前半で16万円もらえていたら、周りの学生よりお金もあり満足してしまいがちですが、結婚や老後のことなどを考えるとピーク時の50代前半で基本給が30万円を下回っているのは、少し厳しい現実です。

年齢   年収   基本給 20~24歳 198万円 16.5万円 25~29歳 226万円 18.8万円 30~34歳 253万円 21万円 35~39歳 280万円 23.3万円 40~44歳 310万円 25.8万円 45~49歳 331万円 27.5万円 50~54歳 347万円 28.9万円 55~59歳 341万円 28.4万円

つぎに大卒の平均基本給について

20代前半の高卒の平均基本給と既に2万円の差が出ています。ピーク時の50代前半には、15.6万円の差があります。一見するとかなりの開きがあるように感じますが、大学の場合は奨学金の返済や就職活動時の費用など企業に入るための事前投資に、大きなお金がかかっています。 有名大学に入れたからといって、大手企業に入社できるとは限りません。そういった面を考えると、一概にも大卒がいいともいえなくなってきます。 年齢   年収  基本給 20~24歳 226万円 18.8万円 25~29歳 261万円 21.7万円 30~34歳 318万円 26.5万円 35~39歳 374万円 31.1万円 40~44歳 431万円 35.9万円 45~49歳 498万円 41.5万円 50~54歳 535万円 44.5万円 55~59歳 517万円 43万円

新卒の平均基本給について

最終学歴   平均初任給 高卒     16万円 高専・短大卒 17.5万円 大学卒    20.2万円 大学院卒   22.8万円 ボーナスを含めた新卒の平均年収は入社した企業によって差があまりにも激しいので、平均がとれません。しかし最初の夏のボーナスは、どこの企業も新卒の場合ほとんどゼロに近いです。大手企業になると、就職祝い金として平均10万円程が支給される会社もあります。

中途採用・転職の平均基本給

中途採用または転職に限っては平均年収・基本給はダウンしてしまう傾向があります。しかし転職先で重要視されるスキルなどを持っている場合や、既存の社員より重要な業務を任さられることとなってる場合は基本給はアップすることになるでしょう。 転職する時の年齢や、前職の業務や職種、持っているスキルや資格、転職の回数など人によって転職の状況は変わってきます。その中でも、30代の転職の場合会社によっては平均基本給が上がる可能性が他の年齢層より高いです。経験や責任感、仕事への柔軟性などが評価される傾向にあります。 しかし初めての職種などの場合、新卒の初任給と同じになってしまうことも多々あります。その場合でも仕事の成果が認められれば、普通の昇給より早く昇給してもらえることが多いです。

まとめ

日本では転職すること自体にマイナスなイメージを持たれることがとても多いです。 しかしお金というのは生きていく上でとても大切です。今より収入が上がる可能性があるのなら、転職していくことも決して悪いことではありません。 我慢して仕事をしながら節約することを考えてというサイクルにはまってしまっては、仕事面でのスキルアップも難しくなり、プライベートも仕事もマイナスの方向に向かってしまいます。 よりよい暮らしのために、スキルアップや転職を考えてみるのもいいでしょう。