書類選考期間の目安|採用/不採用・書類選考中の不安を消すには

一般的に書類選考にかかる期間は、2週間が目安だと言われています。また企業が大手であればあるほど、書類選考に時間がかかるのが一般的です。なぜならば、大手企業の場合、採用担当者が複数名いることや採用決定をする際に現場の責任者がまず選考を行い、その結果をさらに人事権のある上司が書類選考をする場合などがあるからです。

逆に比較的規模の小さい企業の場合は、書類選考に関わる流れがスムーズなため、書類選考にかかる期間は短くなる傾向があります。

書類選考にかかる期間を考える場合、営業日の日数で数えるようにしましょう。企業が休みの間は書類選考に関わる作業が行われていないため書類を送付してから、営業日の日数で14日間を目安にするようにしましょう。

採用

書類選考の期間が長くかかったとしても、必ずしも不採用になるということではありません。例えば、営業所の人材を募集したい場合、営業所の責任者がまず書類選考を行い、書類選考の合格者をさらに本社の人事担当者が書類選考をする場合などがあるからです。

履歴書で重視される項目とは

書類選考を突破するためには、履歴書で重視される項目を知ることが大切です。正社員とパート社員では重視される項目が若干異なりますので、正社員、パート社員に分けてみていきましょう。

志望動機

正社員として採用する場合、志望動機は履歴書の中で重要な項目です。志望している企業のホームページなどを確認し、どんなことを行っている会社なのか、企業理念は何か、どんな社会貢献をしているかなどを確認してから書くと良いでしょう。ただし、企業理念などは入社前には内容を読んでも理解できない場合は、志望動機を書く際には触れないほうが良いでしょう。

書類選考を待っている期間に問い合わせはしても良いのか?

なかなか書類選考の結果を待っている期間は結果が気になります。なかなか合否の連絡が来ない場合、合否の問い合わせをしても良いのでしょうか。結論から言えば、問い合わせはしないほうが良いでしょう。普通の会社であれば、合格であっても不合格であっても必ず連絡するものだからです。営業日で2週間を過ぎても連絡がなかった場合でも、後数日待ってみましょう。

まとめ

書類選考のある企業の場合、合否の結果は気になります。しかし、企業が大手の場合、人事担当者が複数名いる場合や、書類選考の合格者の面接をまとめてやりたい場合は、書類選考の結果を送付するまでに2週間以上の期間がかかることがあります。

長い期間連絡がないと不安になりますが、気長に待つことが必要な場合もあります。2週間が過ぎてしまったときもあと数日待ってから連絡をすることをおすすめします。