未経験でもできる在宅プログラマの求人/募集案件の例・副業の年収

フリーランスとは会社に属さないで、仕事をしている人たちです。昔はフリーランスの仕事は、プログラマやデザイナーぐらいの仕事しかありませんでした。しかし現在はインターネットの普及に伴い、ライターの仕事やアフィリエイトの仕事も多くなってきました。

プログラムの仕事は以前から、個人であるフリーランスの人に頼むことはありましたが、プログラムの種類によっては法人しか付き合わないクライアントも多いです。

フリーランスの人が受注しやすいプログラムの仕事

先にフリーランスでプログラムの仕事をするときは、プログラムの種類によって仕事が多い少ないがあると紹介しました。現時点でフリーランスの人ができるプログラムの種類は、インターネット上のプログラムを作成するWEB系のプログラムが多いです。理由はインターネット上のプログラムは、クライアントもインターネットを通じてチェックできるからでしょう。

仕事に必要なスキル

WEB系のプログラムの仕事をするには、プログラム言語を覚えなくてはいけません。現在もっとも使われているWEB系のプログラム言語は、PHPというプログラム言語だと言えるでしょう。実際にプログラマの求人内容をみると、PHPを使える人という条件が多いです。

プログラム言語以外にも、データーを格納するデーターベースの知識も必要です。中規模以上のシステムでは、ほとんどがデーターベースを利用しているからです。スマホのアプリ作成は、JAVAが使われることが多いです。

まとめ

クライアントとメールでやり取りするときも、クライアントの都合も考えて丁寧にしましょう。在宅プログラマとクライアントが良好な関係を保てば、クライアントも仕事を発注しやすいです。それが在宅プログラマの、安定した収入に繋がっていくでしょう。