解雇通知の書き方│理由別・解雇予告通知書の記載事項・タイミング

仕事をする上でどんな職種であれ勤務形態であれルールがあります。会社によっては就業規則を指します。全てを読み込んでいる人は少数派でしょう。一般的に社会通念上当然のことを定めているため、会社独自の特別なルールというのはまた別のカテゴリーになります。そのルールを逸脱した行いをした時になされるのが解雇通知です。

解雇通知の書き方

ケース別に解雇通知の書き方をご紹介します。解雇する当日にいきなりこの解雇通知を渡されてもなす術がありませんし、生活に困窮することもあります。そうならないように、労働基準法第20条で解雇通知をするにあたって、解雇予告通知書を事前に交付する必要があると定められています。

試用社員

試用期間とは、社員に登用するまでの訓練期間です。と言っても、雇用契約は締結されています。言い換えれば、社員として有する権利を留保していると考えるのが適当です。この場合、解雇通知書ではなく本採用取り消し通知書として本人に通知するのが一般的です。

社員登用途上の方に対する文書であるため、正社員としての能力や経験値が不足しているのは明らかです。このような結論に至った経緯は採用した側にとっても採用責任がありますので、表現には留意すべきです。

不正行為

会社にある現金を持ち出す横領や、最近では社内データの抜き取るなど不正行為は後を絶ちません。横領は重罪ですが、データの抜き取りなどは被害が顧客や取引先にもおよびますので、影響は計り知れません。

解雇予告通知書とは「解雇通知を行いますよ」と前もって該当者に通知をする目的の文書です。当然のこととして、上司や同僚ではなく会社が雇用契約を解除するものとして通知するものですから、記載する内容は重いものになります。一般的に解雇通知に比べて控えめな表現であることが多いでしょう。

解雇は身近にあるもの

雇用契約の解除を意味する解雇通知は、クビを告げられたとイメージをする人も多いでしょう。しかし、不可避的な事情でやるかたなくというケースもありますし、人員整理で人を削減することもあるでしょう。

解雇という結果になったとしても、能力が足りなかった解雇なのか、怠慢なために解雇となったのでは全くその後の生き方が変わっていきます。会社と雇用契約を締結して仕事をしている人が大多数でしょう。解雇通知を恐れるよりも、自分が今のポジションで何をしたのかを考えながら毎日を過ごしていきましょう。