履歴書の長所・短所の書き方の注意点と例文|長所/短所/特徴一覧

履歴書は企業に対して提出する自己紹介の書類と考えることができます。虚偽の内容を書くことはできませんが、できるだけ好印象を与えるような表現にすることは重要です。企業に就職したいと言う気持ちが伝わるような履歴書にしましょう。

長所の一覧と履歴書の例文

長所とは自分のいいところですが、履歴書に記載する時に注意しなければならないのは応募している会社にとって長所となるかと言う点です。ただ、一般的な視点で見ればいいですから難しく考えないようにしましょう。

協調性

協調性は周りの人と協力して作業を進められるかどうかと言う点です。工場などでは分業が多いですから、自分の持ち分を確実にやり遂げることが求められます。ただ、状況によっては他の人の作業を手伝ったりすることもあるでしょう。状況を見ながら自分の作業を進める視点が必要となります。

真面目

自分が真面目だと考えている人は少なくありませんが、周りから見て納得できるかどうかは疑問です。履歴書の長所として書く場合は注意が必要です。つまり、どのような性格が真面目なのかは主観が大きく関係しているからです。

几帳面

几帳面な人はその性格を利用できる職場を選びましょう。数字を取り扱う人は几帳面でなければ進められません。ただ、状況によって適切な判断が必要であり、数字ばかりを見ているだけでは仕事になりません。

几帳面な性格の人は全体を見渡すことで、仕事を的確に完了させる人員として非常に重宝するでしょう。数字を扱う経理関係だけではなく、製品の完成度をチェックする検査業務でも能力を発揮することができます。

短所の一覧

短所は履歴書で強調する必要はありませんが、自分の性格を分析する上では必要なことです。いくつか例を挙げておきましょう。

短気、むらがある、大雑把、のんびり屋、消極的、引っ込み思案などです。思い当たることがあるなら、仕事に影響しないように気をつけることが大切です。長所によってカバーできることも少なくありません。

自分の長所を履歴書で強調する

履歴書には自分の長所をたくさん記載することがいいのですが、ただ、その長所をどのように活かすかを考えておくことが大切です。職場によっては求められないこともありますが、社会人として仕事をする上で人と人とのつながりには性格が大きく影響することは間違いありません。自分の長所を生かせる職場を探すことが大切です。