就活電話のかけ方のマナー・企業への電話のOK/NG時間帯

就活をしていると、企業に電話をかける、また企業から電話がかかってくる機会が多くあります。ビジネスの電話には、正しいマナーがあります。間違った電話対応のマナーをしていまうと、相手に印象が悪く、今後の就活の結果にも響いてくる可能性もあります。

そこで、就活をするうえで大切な電話対応についてポイントごとに紹介します。これを読めば、迷わず企業に電話がかけられるようになるでしょう。

問い合わせ

就活をしていると、たくさんの企業について調べますので、分からないことも出てくることでしょう。企業の募集要項などでも、不明な点や質問したい点などがある場合には、採用担当者に電話に確認しなければならない場面が出てきます。就職活動の第一歩です。企業への問い合わせのマナーとはどのようなものなのでしょうか。

まず、一番最初に大切なことは、電話をかけたらまずは名乗ることです。名乗らなければ、誰からかかってきたか分からず、対応の仕様がありません。ビジネスマナーにおいても、電話をかければ、まずは名乗ることは大切なマナーです。

応募

次に企業に応募するときの電話のマナーです。問い合わせの場合と同じく、電話がつながったら最初に名乗ることから始めます。次に、採用担当者など、相手を呼び出す必要があります。電話で相手を呼び出すときのマナーは、相手がいるかどうかを確認することです。

企業へ電話をかけるOK・NGな時間帯

就活では、電話をかける、またはかかってくる機会が多くあります。では、企業へ電話をかける時間帯はいつ頃が良いのでしょうか。時間帯別に詳しく紹介します。

まずは朝です。朝というのは、始業前のことを指しますので、時間にすると大体9時以前です。始業前というのは、会社の業務が始まる前の時間です。会社がまだ始まっていない時間に電話をかけても、取り次ぐ人がおらず、電話をかえても意味がない場合がほとんどです。会社によって異なりますが、会社の始業時間前での電話は避けた方がよいでしょう。

会社によっても違いますが、一般的に就業時間は18時頃です。就業前の時間帯(16時から18時頃)は、その日の業務を整理し、追い込みにかけることが多い時間帯になります。就業前はバタバタとして忙しい可能性がありますので、電話は避けてください。

終業後(18時以降)は、業務を終えて不在の可能性が高いので、電話をかける時間帯としては不適切です。業務を終えて帰る準備をしているときに電話がかかってくると、相手のスケジュールにも響いてしまい、印象が悪くなってしまう可能性もあります。就業後の電話は、相手の指定以外、電話をかけるのは避けてください。

いかがでしたでしょうか。就活では、企業に電話をかける、または企業から電話がかかってくる機会がたくさんあります。そのときに、上手く対応できるかどうかで、相手の印象も変わります。正しい企業への電話のマナーを守り、就活へ活かしてください。