面接のときに絶対に必要な持ち物(履歴書)・必要なもの確認方法

新卒での就活や転職、アルバイトなどさまざまなシーンで面接が行われます。面接ではその人の人柄や能力、企業やアルバイト先で役に立つかなどを判断しまし、合否が決定します。面接を受ければすぐに働けるというわけではなく、働くためには面接に合格しなければなりません。

合格するためにはさまざまな対策をしてから面接に臨むことが大切ですが、面接の対策は受け答えを考えるだけではありません。面接を行うためには必要な持ち物も多く、それらを忘れずに持っていくことが大切です。

必要な持ち物を忘れてしまうと印象が悪くなってしまいますし、場合によっては面接が受けられない、その時点で不合格になる可能性もゼロではありません。面接では持ち物を正しく持っていくことが大切ですので、面接で絶対に必要な持ち物について知っておきましょう。

履歴書

面接のときに絶対に必要な持ち物としては、履歴書が挙げられます。面接では履歴書を見ながら進めることがほとんどであり、これがなければ面接を進めることはできません。面接に絶対に必要な持ち物は数多くありますが、その中でも最も忘れてはいけないものですので、他の何を忘れてしまったとしても、履歴書だけは持ち物の中に必ず入れておくようにしましょう。

筆記用具

筆記用具も面接で絶対に持っていくべき持ち物の一つです。面接ではただ質疑応答で進むだけではなく、企業によっては事前に用紙に記入しなければならない場合もありますし、筆記用具がなければ困ってしまうシーンは多いです。

印鑑

印鑑も面接で忘れてはいけない持ち物の一つです。面接が行われれば、結果は後日メールや電話などで通知する企業やアルバイト先は多いですが、場合によっては当日合格であったり、面接とは名ばかりの顔合わせであり、即日から働き始める例もないわけではありません。

時計

時計も面接に必要な持ち物の一つです。時計と言っても壁掛けや置時計など時間がわかればいいわけではありませんので、小さくコンパクトに扱える腕時計を持っていくようにしましょう。面接ではワーク形式で行われる試験もありますし、グループワークなどが行われる場合もあります。

現金

面接のときには持ち物としては必ず現金も持っていくようにしましょう。これは企業やアルバイト先に何らかの支払いが必要だけらではなく、何かあったときにお金がなければ対処できない場合が多いからです。

転職の面接で必要な持ち物は?

面接で必要な持ち物は場合によって異なり、新卒の就活と転職では必要な物は違っています。新卒の就活の場合はマストとなるのが履歴書やエントリーシートなどの応募書類であり、とにかくそれらを持っておけば面接を受けることはできます。

しかし転職の面接の場合はそれらだけでは持ち物としては不十分です。他にも必要な持ち物があり、それがなければ面接をスタートさせることができない可能性も高いです。転職の場合は他にも必要な持ち物がありますので、何が必要なのかを正しく理解しておき、忘れ物をしないようにしましょう。

まとめ

面接での受け答えや振る舞いが完璧であっても忘れ物をしてしまうと印象はよくありませんし、場合によってはそれが原因で不合格となってしまう可能性もあります。せっかく高評価を得たにも関わらず、持ち物でマ面接をふいにしてしまうは非常に勿体ないです。

持ち物の確認も面接の対策の一つですので、正しく持ち物を用意して、面接をスムーズに進めていきましょう。