公務員試験の服装選び|筆記/面接/説明会・服装での注意点

公務員試験においては、要項をよく読んで試験に臨む準備を整えることは最も大切なことですが、それ以外にもいくつか気になるポイントというものがあります。その一つに、公務員試験の際の服装が挙げられます。

「服装なんて何でもいい」といった姿勢では、公務員試験だけでなく、就活においてもマイナスに働いてしまいます。かといって「スーツであれば後は問題ない」といったことでもありません。さまざまなことを想定して、試験に向かって準備してきたことが水の泡となってしまわないように、服装においてもぬかりなく備えておくのがベストです。

「面接」での服装は?

先ほどまで一次試験の服装については、「規定がない」として、「服装が審査対象に入る」ことはないということでした。ですが、面接においては、直接面接官である職場の方と談話する必要があるため、服装と言うのはもちろんチェックされ、審査の対象に入ります。

公務員は、公的な社会奉仕の精神を持って行う仕事であるため、一般企業よりは少しトーンダウンした「まじめさ」を強調した服装を意識しましょう。そのため、派手な服装よりも、色味を抑えた服装を重視しましょう。

応募する各自治体のホームページを見て、それに合わせた服装をすることが大切ですが、基本的には「しわのないシャツに地味なネクタイ」というのが一般的でしょう。特に、スーツやシャツにしわや汚れがあるといったことはかなり良くない印象を与える恐れがあるため、清潔感に気を付けて、だらしなくない服装で面接に臨みましょう。

「体力検査」での服装は?

実は、多くの場合体力検査に関する服装規定は、公務員試験の募集要項にはありません。特に、面接と体力検査は同日に行われることが多いため、服装はどうすればいいか迷うところでしょう。

ですが、服装については、体力検査のみ行う場合であっても、面接と同日に行われる場合であっても、「スーツ」で臨むのが基本となるでしょう。仮に、朝一番から体力検査が行われる場合であっても、いきなり体力検査が行われることはないでしょう。

体力検査を行う多くの場合は、その内容についての説明などがあると考えられるため、そのあとに個別に着替える時間と場所を提供してもらえます。その時に着替える時のための「動きやすい服」を持っていくことを考えて置けば、行くまでの道は「スーツ」で行って問題ないでしょう。

公務員試験の服装での注意点

公務員試験での服装については、「服装自由」といった場合も少なくありません。ですが、だからと言ってスーツではいけないといったことはありませんので、服装が不安な方は常時「スーツ着用」で行っても問題ないでしょう。

注意点としては、夏などに行われる際には、暑さが予想されるため、「クールビズスタイル」が許可されている場合があります。そのあたりは、各試験を行う実施機関によって異なるため、必ずホームページや募集要項の欄から確認しておいてください。

また、特に指示がない場合には、原則として「スーツ」で臨むことになっていることにも注意しましょう。

結論として公務員試験の服装は「スーツ」が妥当

ここまで、いくつも公務員試験の場面別や地域別の服装について紹介してきましたが、服装について不安要素を残したくないのであれば、「スーツ」にすることが最も安全で妥当な策です。

もちろん、快適性を重視して、指定のない一次試験などは「軽装」でも構いませんが、万全を期すのならば「スーツ」にしましょう。