社会福祉士の志望動機の書き方と例文・施設別の志望動機の考え方

どんな職種にも、共通して言えるのが、どうしてなりたいのか、どんな風に貢献できるのかを具体的に表現することです。あなたがこれまでどういった経緯で社会福祉士を目指すのか、あなたの体験をもとに、社会福祉士としてどんな貢献ができるのかを、具体的に考える必要があります。

社会福祉士の志望動機の例文

では、実際に、どんな社会福祉士の志望動機には、どんなものが考えられるのか、見ていきましょう。もちろん、嘘は厳禁になりますので注意しましょう。あなたがどんなことがきっかけで社会福祉士になりたいのか、今一度自分と向き合って何度も見直してみることが、必要なのではないでしょうか。

どうしてこの機関なのかをしっかりと考えよう

これまでは、社会福祉士としての志望動機を追及してきました。社会福祉士がどんな場で活躍しているのかを知らなければならないのではないでしょうか。社会福祉士に対する知識が低いのに、思わぬ質問を面接で投げかけられたときに困らないように、希望の機関以外の知識も、知っておいて損はないのではないでしょうか。 もしかしたら、それがきっかけで、あなたが社会福祉士として働きたい場が広がるかもしれませんし、色んな可能性が広がる可能性があるのではないでしょうか。

社会福祉士は日本の未来に関わる仕事

いかがでしたでしょうか。社会福祉士といっても、どんなことがしたくて、どんなビジョンを持っているかで、希望する機関や、活躍できることなどが様々になります。あなたが社会福祉士として、これからこの国の未来にどんな風にかかわっていけるのか、しっかり自分自身で見つめてみましょう。