OB訪問の際はメモをとるべき?メモの取り方とマナー

OB訪問でメモを取るべきなのか、それともメモは取らない方がよいのかは、就活生なら一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか。 就活生の悩みのひとつになっている、OB訪問でメモを取るべきなのか、メモは取らずに暗記すべきなのかについて考えます。 このOB訪問でメモを取るべきか、取らないほうがよいのかという問題に対しては賛否両論があるので、ここではご参考のためにそれぞれをご紹介します。

OB訪問ではメモを取るべきだという意見

OB訪問では、先輩の貴重な時間を割いてもらって面会することになります。そんなときに、先輩の話をただ聞いているだけでは、「この就活生は何のために来たのか?」と先輩に疑問を持たれる恐れがあります。 このような疑問を持たれてしまうと、何のために、わざわざOB訪問をしているのか、OB訪問の目的が逆効果になってしまいます。 そこで、「私がOB訪問で聞きたいことは、ここなんです」という熱心さを先輩に感じてもらうためには、ただ話を聞いているだけではなく、先輩の話の要点をメモすることで、熱心さ・真剣さを先輩に感じてもらえるというメリットがあります。

メモを取ることには利点が多い

OB訪問の現場でメモを残すことは、就活に役に立つ利点が多いのです。先輩と面会で印象に残った言葉は、今後に活かせるように、忘れないためにメモを取ることをお勧めします。 OB訪問で先輩との面談で印象に残った言葉というのは、その面談だけで生まれたオリジナルな言葉です。そのことはには、ありきたりな就活ガイドブックにのっている、よくある言葉ではない独自性があります。そして、メモに残した言葉が、今後の就活であなただけの志望動機や自己PRに結びついて、他の面接の機会で活用できるのです。 例えば「A先輩から伺ったこの言葉で、御社で働きたいと確信しました」「先輩のBさんに、実際の仕事で大切なことを体験から教えてもらいました。」という風に、OB訪問での印象に残った言葉をメモすることで、今後の面接に活用することができるのです。 就活で大切なことは、自分だけの独自性のある言葉で、どのように自分をアピールするかということです。面接時に、OB訪問で印象に残った言葉をもとに自分をアピールすることは、他のライバルとの違いを面接官に感じてもらうことにつながえいます。 OB訪問ではメモを取ってはいけないとい

OB訪問でのメモの取り方

予め聞きたい質問をリストアップ

OB訪問で頂いた時間を有効に使い、かつ質問すべきことを忘れないためには、予め質問する事項をメモにリストアップしておくことが大切です。リストアップするのは、例えば、仕事のやりがい、やりがいの源泉、仕事の難しさ、仕事のつらさを解消する方法、先輩の入社時の思い出、仕事の目標など、実際に即した事柄がよいでしょう。 このように、OB訪問の前に聞きたい事柄をリストアップすることは、自分の就活に対する考えをまとめることにも役に立ちます。ぜひOB訪問の前には、聞きたいことをリストアップすることを忘れないでください。

要点をメモに残す

OB訪問の面談でメモを取るのは要点だけにしましょう。予めリストアップした質問事項に対して、面談の要点だけを単語でメモすればよいのです。会話を文章で残す必要はありません。会話の中で自分が印象に残った単語をメモしておけば、会話で話した内容をかんたんに思い出すことができるのです。