総務事務の志望動機の書き方・例文|新卒・転職・未経験の場合

総務の仕事とは、主に会社で働く社員のフォロー、そして会社自体のフォローといえるのではないでしょうか。社員が使用する備品のあらゆる管理・メンテナンス。社員の福利厚生、慶弔業務、イベント遂行、イントラ管理、社外HP管理等々。 会社によっても多少違うものの、必ずやらなくてはいけないものはどの会社も一緒なので、中途採用で総務経験者を要望しているところは即戦力として待遇されることと思います。仕事の内容も多く、長年関わっている方でもわからない案件は出てくると思います。そして一つ一つの業務内容はまったく違います。 例えば厚生年金の管理は、非常に計算力が問われますし、金額を間違えると社員のお給料から誤った金額を天引きしてしまうことになるため、非常に難しく、高度な知識が必要です。在庫を管理する等、比較的未経験者でも対応しやすい案件からベテランでないと難しい案件まで非常に幅広い事務と言えるでしょう。

総務に適している人材とは?

コミュニケーション能力が高いこと

会社には色々な部署があります。技術職として黙々と作業する部署や、新しい企画を立ち上げる部署。社外のお客様と関わっても、社内全員の人と関わるということはあまりないはずです。ぜいぜい所属部署と作業の連携先部署いくつかだと思われます。 しかし、総務事務の相手はまず社員です。社員のお世話をするわけですから、社員の慶弔や福利厚生等はまずどの会社にもある事務作業ですので、社員と有効なコミュニケーションがとれないと始まりません。コミュニケーション能力の高さを確実に志望動機でアピールしましょう。更に、社員に快適に働いてもらうためにも、ただコミュニケーションすればいいのではなく、社員をお客様のよう思うことが大事です。よく、総務は雑用だと思っている方もいますが、そうではありません。 とても広く深く、大切で難しい仕事を多く抱えています。決して社外のお客様と直接的な接点はありませんが、接している社員を通じて社外のお客様があるわけですから、縁の下の力持ちとして中から支えようという前向きな精神が必要です。社員から信頼される総務事務員となることで、円滑に業務進めることができ、社員自身の自社への信頼につながると思います。逆を言えば、社員の会社へのイメージは総務にあるともいえると思います。

志望動機が内定へのカギ

「この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。