年末調整はいつまでか|提出時期/書類(ふるさと納税)・対象給与

年末調整の法的な最終期限は、翌年1月31日になります。しかし会社に勤めている方は、会社の都合があるので会社の方針に従いましょう。いつまでに提出するかは、会社が決めることです。年末調整の時期は、経理担当の人は大変です。

年末調整の書類はいつまでに提出か

個人のケース 個人で年末調整をする場合は、いつまでに提出したらいいのでしょうか。本年度分は、来年の1月の31日までに提出すればいいです。しかし年末調整は会社がするものなので、還付金がほしい場合は確定申告のときに申告しましょう。いつまで確定申告を受け付けるのかは、大きく公表されるのでチェックしましょう。

無職のケース 無職から転職した場合は、転職先の会社で年末調整をすることになっています。年末が近づくと会社は、年末調整の用紙をくれます。その用紙に必要事項を記入して、添付書類も一緒に会社に提出すればいいでしょう。 1月ぐらいに無職になった場合はその年度に、昨年度分の確定申告だけはしっかりと行いましょう。条件次第で還付金が戻ってきます。いつまでも無職の場合は確定申告しても意味がありませんが、現実的にはそんな人は少ないでしょう。

添付書類の提出を忘れた場合はいつまでに提出すればいい

個人で確定申告をするケースで説明します。確定申告の書類は提出したけど、肝心の添付書類を忘れた場合は、いつまでに提出すればいいのでしょうか。基本的に所轄の税務署から添付書類がないとの連絡があるはずですが、もしない場合は税務署に聞いてみましょう。 税務署の人はいつまでならば、大丈夫だと教えてくれるでしょう。仮に完全に期限が切れてしまっている場合は、来年度に処理をする可能性があります。その場合は税務署の人に来年度のいつまでに、処理をすればいいのか聞いてみましょう。

会社の経理はいつまでに年末調整の処理を済ますべきか

いつまでに会社の経理部は年末調整の処理を済ますべきかは、会社の事情によるので決まった答えはありません。しかし従業員の立場を考えたら12月の初旬ぐらいまでには、年末調整の処理を済ませていた方がいいでしょう。 その理由は年末調整の処理を早く済ませば12月の給与時に、還付金を返すことができるからです。お金のかかる年末に還付金が返ってきたら、従業員はきっと喜ぶでしょう。