ITのフリーランスになる方法|未経験/経験者・平均年収・リスク

未経験から少しのスキルでITのフリーランスになるというのは難しく険しい道のようですが、実はそんなことはありません。クラウドソーシングサービスを利用することで誰でも簡単に仕事を見つけることができます。また成果の質が良かったり、先方に気に入られることができるとそのまま専属のフリーランスのIT技術者として直接仕事をもらうことができるようになります。

経験者がITのフリーランスになる方法

経験者の場合であってもIT業界でフリーランスやっていく自信がないと踏み出せない方もいるでしょう。むしろ、大半の方がこれに該当するといえます。まずは「IT フリーランス 求人」などと検索してみましょう。世の中には多くのフリーランス求人があります。一度検索してみて自分に合った条件の仕事があるか探してみることをおすすめします。

収入のリスク

企業と違いプロの営業がついていないITのフリーランスになると平均的な能力のエンジニでは、賃金が安くなってしまうことがあります。その結果、企業務めとあまり収入が変わらない可能性もあります。 そういった状況を回避するために自分の強みとなるスキルを身に着けることが必要です。ほかにも収入を増やすためにマネジメントや上流工程での経験があったり、何より自身の強みをしっかりとアピールすることのできる力を身につけましょう。

ITのフリーランスの平均年収

やはり何より気になるのはITフリーランスは、年収がどの程度もらえるのかということです。技術力や交渉のうまさによっても上下するものですが、それによって転職のモチベーションも変わってくるでしょう。年代別に細かくご紹介していきます。

30代フリーランスの収入

・300万円未満が35パーセント ・300~500万円が28パーセント ・500~700万円が20パーセント ・700万円以上が17パーセント 300万円未満の方が35パーセントという数字は、フリーランスになったからと言って労せずして簡単に収入が得られるわけではないという事をよく表しています。