国民年金の満額は?|満額時の受取額/年度別/加入年度別

皆さんは国民年金という言葉をご存知ですか。満20歳になったら、学生の方も原則として国民年金に加入します。一定の年数(月数)の間積み立てることで将来受け取ることができる公的年金です。納める保険料はいくらなのか、何歳になったら受け取れるの、といった疑問に迫ります。自分が将来どのくらい貰えるのかが知りたくなりませんか。

満額の受取額は?

では、国民年金の満額の受取額についてご紹介します。先ほど触れた要件となる支給対象期間の40年(480か月)のことになります。 つまり、一般的なケースとして満20歳から満60歳になるまで国民年金保険料を支払うことが前提となります。ちなみに、平成29年度の国民年金受給額の満額は779,300円となっています。 この金額は一生涯一定ではなく、経済状況や支給対象となる高齢者の人数と納付する現役世代の方の人数の変化などを勘案し、毎年改定されています。支給開始年齢は満65歳になったときです。

満額の場合の月額は?

年金は、毎月支給されるわけではありません。偶数月の15日(金融機関などが休日の場合は、その前日)に口座に振り込まれます。月額換算で779,300円÷12=64,942円となります。支給月にはその倍である129,884円が振り込まれます。

40年間で800万円ほど納付する

払った国民年金保険料が払い損か否かを参考までに一つ数式を挙げておきます。年々上がっている保険料ですが現行の保険料がおおよそ16,500円です。この金額を40年(480か月)納付したと考えます。16,500円×12(か月)×40(年)=7,920,000円となります。現在の満額の国民年金受給額は779,300円です。

10年を超えて受給すれば払い損は少ない

7,920,000(円)÷779,300(円)=10.16(年)です。65歳から満額の国民年金を受給をするとなれば76歳まで受給できれば十分払い損にはならない計算になります。そのためには長生きも大切な要件となります。

まとめ

何が何でも満額で受給しなければ気が済まない人もいるでしょう。しかし、人はそれぞれ背負っているものが異なれば体の状態も異なります。60歳で退職し、65歳までの間に仕事をする方がいればよいのですが、何もしなければ生活も立ち行かなくなります。 そういった方のために繰り上げ制度が選択できます。満額には届かないものの、生活費が補填できます。こうした選択も状況によっては有効です。国民年金は払えばきちんと補償を受けられる安心な制度です。確実にきちんと払っていきましょう。