プロデューサー・ディレクターの違い|ゲーム/WEB/違い

いろいろな職業がある現代社会において、その職業限定と言えるような立ち位置や地位というのがたびたび登場します。その中の一つがプロデューサーやディレクターといった方々です。よく聞く役職ではありますが、これらの役職における違いは何なのでしょうか。

ゲーム業界の場合

一言でざっくりと説明してしまうと、プロデューサーというのは総責任者です。そして、ディレクターというのは現場を監督する人間と考えてください。この考え方は演出が必要な業界で共通のものとなっているので、役職としてプロデューサーやディレクターという言葉が出てきたのなら、そのような立ち位置にいる方だと推測することができるでしょう。

これがゲーム業界として考えた場合、そのゲームを作るための予算やスケジュール管理を行って、広報から販売計画まで統括して考える総責任者がプロデューサーとなり、ディレクターはそのゲームのテーマやシステムや物語などを考えてゲーム作りを現場の監督者として進めていきます。

つまり、ゲームにおける根幹を作るのはディレクターということになるので、非常に良くできたシナリオやゲームを作り上げた場合、ディレクターに注目が集まることが多いということです。

ただし、ゲームもここ数年で劇的な進化を遂げており、1980年代の家庭用テレビゲーム機時代のような少数で作品を作成できる時代ではなくなってしまい、一つのゲーム作りに多くの会社と多くの人を費やすようになりました。そのことから、プログラム専門のディレクターなど、1つのチームに複数のディレクターを用意するケースも増えています。

プロデューサーとディレクターを兼任することはあるのか

プロデューサーとディレクターを兼任するというケースは実際にあります。その作人の完成度や面白さの最高責任者はディレクターになりますし、売り上げに関する最高責任者はプロデューサーとなりますが、ディレクターとプロデューサーが兼任するケースも業界によっては今でも存在します。

実際に、テレビ業界で最も偉いディレクターは「チーフディレクター」になりますが、そのチーフディレクターとプロデューサーが兼任しているケースもあるでしょう。WEBの業界でも同じで、WEBディレクターがプロデューサー業務を行っているため実質的には兼任状態ということもあります。

まとめ

それでも、総監督と現場監督の差があると言うことがわかりましたので、ちょっとした豆知識として覚えておくと周りの人たちにプチ自慢ができます。ただし、あまりにもひけらかしすぎると嫌われてしまうので、この言葉が出たときに「違いを知っている」とちょっとした優越感を覚える程度にとどめてください。