IT未経験でITエンジニアに転職する際の注意点|求人・志望動機

IT未経験でITエンジニアに転職することはできるのか。結論を述べますと「IT業界が未経験でも可能」ということになります。ですが、未経験であるため既に経験済みの方とは差ができてしまっているのも事実です。経験済み・未経験、その差を埋めるために注意する点について紹介します。

未経験でもITエンジニアの求人はあるか

30代で未経験の場合

30代でIT系未経験の場合、求人は確実に減るとおもっていいでしょう。未経験であることもそうですが、求人の対象年齢からどんどん外れていってしまうからです。しかし、悲観することはありません。それでもいいと考える企業もあります。大手企業の求人はなくなってしまう可能性はあります。まずは、丹念に探し自分に合うものへどんどん応募することです。

40代で未経験の場合

当然30代の場合よりさらに少なくなります。求人では「年齢不問」を掲げていても、別の応募者と比較して、年齢による判断が行われるということも多くなります。長く働いてもらいたいという企業側の意図や、新人としての扱いにくさなどの問題が顕著になるからです。未経験ならばなおさらです。

この時「やはり40代では」と考えてはいけません。40代で未経験でもまったくないわけではありません。考えるヒマがあるなら次の応募に向けて動いてください。「厳しいのは当たり前」であると意識することが重要です。

新卒の場合

大学で理系・情報系の学部を選択しなくても、ITエンジニアになりたいと思う方はいらっしゃいます。そして、そのまま問題なくITエンジニアとなり、働く方もたくさんいらっしゃいます。大学で学んだり、資格を持っている方と比べれば不利ではありますが、IT系未経験だからと言って、悲観する必要はありません。チャンスは必ずある。そう考えてください。

既卒の場合

新卒採用が主であるため、既卒の場合は新卒と比べて厳しくなると考えてください。かといって、その問題が完全に放置というわけでもありません。卒業後三年以内ではありますが、厚生労働省は既卒者について以下の支援を行っております。

IT未経験者の転職志望動機

30代ともなれば働き盛りと言えます。その分野での経験を積み、立場も上がっているでしょう。その状況を捨て、新しい分野で働くとなれば、応募された企業側としても疑問を持つことになります。先に自己PRでも挙げましたが「IT業界でなければならない理由」というのを明確にするべきです。 そして、志望動機として当然のことでもありますが「IT系企業の中でもその会社でなければならない」ということを盛り込むことを考えてください。30代であって未経験であっても、御社で働きたい。その強い意思が見えるようにしてください。

まとめ

基本的に「厳しい状況である」ということをお伝えしてまいりました。しかし「道は閉ざされてはいない」というというのもまた事実です。冒頭で、結論として「IT業界が未経験でも可能」と書いたのもそこから来ています。