上司と合わないときの対処法とNGな対処法(関係を断つ)

働いている職場に、合わない上司はいませんか。長い間働いていくと、必ず苦手であったり合わないと感じてしまう上司にあたることがあります。しかし、職場を簡単に変えることもできないのが現実です。それに、合わないからといって適当にやっていける程、会社や仕事というものは甘くありません。 難しい人間関係において、一段としんどくなる上司とのつき合い方を身につけるために、今回は、合わない上司とのつきあい方や対処法について考えていきましょう。

優秀

非常に優秀で有能な上司がいます。自分と同じく異様に優秀な部下であれば、仕事もやりがいがあるでしょう。しかし頑張ってはいるものの、優秀な上司の満足のいくレベルに達することが難しいこともあります。上司も、自分の要求レベルに応えられない部下にあまり親切ではない可能性もあります。 こういった場合は、とにかく自分ができ得る限りの能力を発揮して仕事をこなしましょう。認めてもらえないにしても、能力以下の仕事をして「仕事のできない人間」のレッテルを貼られるよりは、せめてマシな評価をしてもらうのが得策です。 それに、合わない人でも優秀な上司であれば、勉強になることも間違いなく多いはずです。自分が盗めるところをガンガン盗むのも、今後の役に立ちます。

上司と合わないときの対処法

自分を振り返る

まず、相手のことをとやかく言う前に、自分がどうかを振り返りましょう。合わない場合、自分が不愉快なことをしていないか、自分が仕事をきちんとできているか、社会人として問題なくこなしているか、客観的に冷静に考えてみてください。振り返った上で自分に問題が見当たらないのであれば、そのままの自分のスタンスで問題ありません。 人は誰しも生理的に合わない人がいます。今までもそういった合わない人に出会ってきているはずです。上司はあくまで仕事上関わらざるをえない相手なので、どうしても好きになれない人と割りきる努力をしてみましょう。

お金になると思う

労働の対価はお金です。働けば給料がもらえます。仕事とは、確かに自分のキャリアを積むためにも自分を成長させるためにも重要です。しかし、ここは「給料をもらうために自分は頑張っているのだ」と自分に言い聞かせましょう。お金があれば、人生最高です。 「合わない上司のために仕事を投げ出すのはバカバカしい、お金を稼ぐぞ」と割り切るようにしましょう。

居心地がよくなるように努力しよう

仕事が楽しくても、人間関係がうまくいかないとその楽しみも半減してしまいます。かと言って、友達同士ではないので、どうしても合わない人は出てきてしまいますし、うまくいかない時に相手がうまくいく努力をしてくれるとは限りません。ましてや上司なら尚更です。 少しでも楽しく充実した働く日々を送れるように、自分でできることは少しでも努力してみませんか。努力が報われないこともあるかもしれませんが、しないよりも自分自身納得して仕事に取り組めることもあるでしょう。 無理をせず、ストレスをためず、疲れながらも楽しく仕事をこなしてください。