新入社員が辞めたい理由・辞めた新入社員のその後の行動|時期

新入社員が辞めたいと思う原因

厳しい就職活動を勝ち抜き入社した新入社員、彼らの会社での生活は不安と期待が入り混じったものです。多くは不安を抱えつつもこれからのキャリアに思いを馳せ、新しい自分やなりたい自分への期待で胸を膨らませています。 そんな新入社員が早々に辞めたいと思うようになるのはなぜでしょうか。せっかく入社した会社です。一昔前ならそんなに簡単に辞めたいとは言えないものでした。それこそ多少嫌なことがあっても我慢するのも給料のうちと考えられていました。 しかしいまのご時世では新入社員といえども躊躇なく辞めたがります。いったい何が原因で新入社員は辞めたがるのでしょうか。その実態をご紹介します。

就職していつ辞めたいと思うか?

新入社員がいつ辞めたいと思うのかはもちろん人によってさまざまです。以前は5月病を発症するゴールデンウィーク明け頃に辞めたいと感じる人が多かったでしょう。 しかしいまは「わずか2日で新入社員が辞めてしまった」というような人事担当者の驚きと嘆きの報告がなされるような時代です。そもそもは入社前の段階でやる気のある人を選んでいるはずです。 にもかかわらず僅かな期間で新入社員が辞めてしまいます。しかも新入社員がいつ辞めたがるのか読めないので人事担当者も気が気ではありません。 いまの若い人には「新入社員は少なくとも3年は働くべきだ」という価値観は通用しません。働く意味を見出せなければ2日でも3ヶ月でもスパッと辞めたがります。

まとめ

新入社員がすぐに辞めてしまうのはまだまだ世間的にはネガティブな印象を与えてしまいます。ワガママ、甘えてる、そんなことじゃどこに行っても通用しない、そう言う人は本当に多いです。 ただ考えようによってはもの凄い行動力ともいえます。本当は辞めたいのに心を殺して仕事を続ける方がかえってよくないケースもあります。 大切なのは辞めたあとの計画をしっかりと持っているかどうかです。たった一度しかないたった一人の、自分だけの人生です。 周りにどう思われるかではなく自分が納得いくかどうか心の声に耳を傾けて行動すればきっと道は開けるでしょう。