フリーランスのクレジットカード発行方法|勤務先への記入例

ネットでアフィリエイト収入を増やしていたり生命保険会社等でコミッション(歩合)の営業をしいる人達については、月々の収入に変動がある場合も多く、大手企業や中小企業で働く正社員(労働者)と比べれば、廃業というアクシデントも予想されてしまいます。 安定し継続的に収入が得られるかどうかを重視するカード会社からクレジットカード審査を行った際に、「フリーランスや自営業はクレジットカード審査に不利になってしまう…」という点は納得できるでしょう。 しかし、フリーランスの中には、八百屋、美容院、理髪店や、農業などといった店舗を構えている自営業者に含まれる為、全てのフリーランスの人が不安定というわけでもなく、毎年安定した収入を得ている方々も多く存在しています。自営業として働いていることに自信に持っている方々も多いと言われていますが、「フリーランスは正社員より社会的信用度が低い…」という実情を慎ましやかに受け止め、起業してからの年収や年数を少しづつコツコツと多くしながら、バランスの良い申込者になる努力も必要な事だと考えられています。

クレジットカード発行されにくい人とされやすい人の違いは?

どうしてもフリーランスで給与を得ても新規のクレジットカードが作りにくい傾向にあります。フリーランスは安定収入の保障を証明しにくいからです。一部の大企業で無い限り仮に法人名義のカードであった としても、代表取締役が連帯保証人になることで発行される場合があります。 結局は代表の信用次第となるのです。 従って、キャッシング等の支払いを代表個人が過去に滞納してしまい、個人信用情報機関に事故情報(異動情報)として記録されていると審査に落ちる可能性が高くなります。 しかし、仮にブラックなどの事故情報が信用情報に無かったとしても、クレジットカートの使用履歴が無いと審査上、不利になります。とはいっても月収が同じフリーランスであっても、クレジットカード発行されやすい人とクレジットカード発行が通りにくい人と別れています。その違いは「年齢とフリーランスとしての活動歴のバランスが安定しているか」と「既存のカード利用履歴・発行履歴はあるか」にあります。ではそれぞれの内容に関して詳しく検証してみましょう。 信販会社などがクレジットカードを作る際にチェックする項目として、以下のようなポイントが挙げられます。

過去にクレジットカード会社の使用履歴が無い場合

過去にクレジットカードの使用履歴がないのにクレジットカードの審査が通らなかったという方の理由となっているのが「携帯電話やスマホの支払い状況」です。 最近では携帯電話の毎月の利用料に、本体代金が分割加算することが多くなりました。これも立派なローン契約(割賦販売)となり、携帯電話・スマホの利用料の支払いを遅延した実績も信用情報機関に蓄積される様になります。毎月支払いが遅延し怠っているような人は、クレジットカード発行の審査にも影響がでますので、先ずはしっかりと料金を約定日に支払う、という当たり前の習慣を身に付てからクレジットカード申請をしましょう。 なお、信用機関にもよりますが、一般的に携帯の支払情報は5年間、記載に残ります。一度の延滞では大きな影響は残りませんが、その実績は長く残ってしまうとしっかり覚えておいた方が合理的です。

個人用と事業用の2種類のクレジットカードを持ちましょう

引き落とし口座を事業用と個人用で分けていない場合、例えば、通帳に「100,000円」とカードの引き落としの記録があったとしましょう。まずこの金額の内、いくらが個人で使った分なのか、経費として使った分かを把握しないといけません。 そして何円が経費か個人で使ったかの記帳は普通に仕訳して記帳した上で、残りの個人で使ったの分は「事業とは関係のない個人用のお金を事業用の口座から使いました」と旨を仕訳して、更に通帳の記録と合わせるため記帳しなければいけない事になるのです。 仕訳など、普段からしてない人にはただでさえ慣れない作業ですし、クレジットカードの引き落とし口座を2つ用意しないだけで、いちいちこの手間を重ねていかなければいけないことになるので、やはりフリーランスで事業を行う場合、2種類クレジットカードを持つか引き落とし口座を2口座持つことをお勧めします。