フリーランスになるのに必要な準備・準備金や費用・職種別準備方法

フリーランスって何だかとってもカッコイイですよね。クラウドサービスなど、インターネットの技術向上もあってか最近では、フリーランスで働く人も増えてきました。しかし、「今すぐ会社をやめてフリーランスになるんだ!」といっても、簡単にはフリーランスにはなれません。 フリーランスになるには、どのような準備やスキルなどが必要になってくるのでしょうか。まずは、フリーランスとはなんぞや?と思う方のために、フリーランスの定義について解説しましょう。

仕事用の口座を用意しましょう

自分でお店を開くのですから、フリーランスの準備にとって必要なのは、仕事用の口座です。なぜ個人の口座でなく、わざわざ仕事用なのかと思いますよね。もちろん、個人用でもかまいませんが、フリーランスの仕事においては、お金の流れをしっかり把握しなければなりません。 個人用と併用だと、ごちゃごちゃになってしまいます。フリーランスになったら仕事用の口座を準備しておくことで、売上の集計や支出や収入などデータがはっきりと分かるからです。

フリーランスになったら名刺も準備しよう

フリーランスになったら名刺も準備しておきましょう。やはり、名の知れないどこの馬の骨かも分からない人に仕事を任せるのは、やはり不安だと思います。自分が何者なのかをしっかりアピールするためにも、名刺は必要になってきます。

フリーランスの準備金や準備費用

フリーランスになるには、個人事業として開業するので、準備金や準備費用が必要となってきます。そのため、フリーランスになる前に多めに準備費用を用意しておく必要があります。借り入れをする人もたまにいますが、なるべく借り入れはせず、貯金をして準備金や準備費用を着々と用意しましょう。

準備費用の他にはコネも必要

ただ黙々と準備費用を用意して開業しただけでは、安定したフリーランスは難しいものです。そこで、人のコネをうまく利用していくのも準備には大切になってきます。やはり、人脈がなく、仕事を探すとなると大変なことなので、企業勤務時代にある程度のお得意様や仕事先への人脈をたくさん広げておきましょう。 そうすることによって、フリーランスになっても仕事が全く見つからないなんてことにはならないはずです。どんどんコネは利用しましょう。コネというと、ずるいとか嫌な言い方かもしれませんが、コネというのは本当は「人脈コネクション」の略称なのです。

フリーランスになるメリット、デメリット

フリーランスとなるとどうしても、メリットやデメリットがでてきてしまいます。どちらも見据えたうえで、フリーランスを目指しましょう。 【フリーランスのメリット】 ・時間が自由に使える(うまく仕事をすれば) ・自分で案件を選べる ・自宅で作業できるものが多い 【フリーランスのデメリット】 ・納期をきっちり守らなければならない(信用が落ちやすいので) ・ワガママを言われても多少は対応しなければならない ・人脈がなければ、たくさん営業をしたり、実績を積まなければならない 3つずつあげましたが、何よりもフリーランスで嬉しいのは時間が自由に使えることです。つまり、仕事するタイミングも時間も休憩も休みも自分で設定できるのです。自宅で仕事をすれば、面倒な通勤もないので、交通費の節約にもなりますね。 その反面お客さんのワガママを聞いたり、営業をしなければならない場合もあります。しかし、それらを乗り越えて安定した収入が得られれば、生活も楽しくなるでしょう。