【フリーランス】履歴書への職歴の書き方・職歴欄への記載項目

フリーランスとは

フリーランスは、企業や団体と雇用関係を結ばず、独立して仕事を請け負う人を指しています。正社員は、勤務先の企業と雇用契約を締結、派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び、派遣契約によって派遣先の企業で労働します。フリーランスは基本的に単発の仕事ごとに契約を結ぶ形態です。1回1回契約を交わすのではなく、長期間の契約を結び、その中で案件ごとの発注書を受け取って業務を行う場合が一般的です。クライアントがある場合、守秘義務契約の締結する場合もあります。

フリーランスは働き方・契約の仕方を指す物で、プログラマー、WEBデザイナー、カメラマン、イラストレーター、ライターや翻訳家といったクリエイティブ関係に多く見られる契約関係です。コンサルタントやファイナンシャルプランナーの場合でもフリーランスとして業務を行っている人もいます。近年、多様な働き方が認めら、多くの人が自分にあった働き方を探すことが可能になりました。単発の契約を交わすフリーランスは、そのような働き方に向いており、様々な形態の人から注目されています。

「フリーランス」と職歴に書くべきか

【フリーランス】履歴書への職歴の書き方・職歴欄への記載項目 独立ノウハウ 自由に仕事ができるフリーランスに憧れる人は多いと思います。今回は、そんなフリーランスの人の履歴書の書き方、職歴の書き方と履歴書の職歴欄に記載すべき事項、フリーを辞めたときは退職と記載するのか、などについてお話をさせていただきます。

フリーランスの履歴書の書き方とポイント・注意点

フリーランスの履歴書は基本的には一般的な履歴書と同様になります。履歴書に住所や氏名、職歴、資格などを記載すしていきます。フリーランスとしての職歴については一度考えてみる必要があります。フリーランスは職歴なのだろうかと考える人も多くいますがフリーランスもちろん立派な職歴です。 ですが、一般的に履歴書にかかれる職歴とは違うので、こういった書き方について悩む人も多くいると思います。そういった場合の履歴書などの書き方についてお話をさせていただきます。

履歴書の要らないクラウドソーシング

クラウドソーシングで受注を考えるフリーランスの方も最近では増えています。営業をせずに案件が請けられるので、隙間時間を使って小さな案件でも受注することができます、長期継続案件を受給することができるので、メリットは多くあります、履歴書や職務経歴書が必要ないのもその特徴の1つといえます。 職務経歴書は、通常志望動機や自己PRなど企業ごとに書類を作成する必要があります、これには時間と手間が掛かります。エージェントなどを利用して、単体の応募で長期的な雇用が保証されるようなサービスの場合、時間をかけても職務経歴書を作成するのも有用ですが、短期的に手間を少なく受注したい場合にはクラウドソーシングが使い勝手がいいといえます。