【フリーランス】職種別平均年収・年収別の働き方一覧

今現在フリーランスとして活躍している方も、これからフリーランスとして活動していこうと考えている方も、やはり一番気になるのは同じフリーランスの方の年収事情ですよね。現在フリーランスとして活動している方は、自分がどの程度のレベルなのか気になると思いますし、フリーランスを目指している方はある程度の目標にもなるかと思います。そこで今回は、フリーランスの方の平均年収、年収別の働き方についてご紹介したいと思います。

年収1000万以上稼ぐフリーランスの数は?

少し前までは、あまり詳しくされていなかったフリーランスの年収事情ですが、近年日本最大級クラウドソーシングサイトの「Lancers」が調査した「フリーランス実態調査」と、中小企業庁の「小規模企業白書」により全国のフリーランスの方の平均年収や人口等が詳しく調査されました。 2017年度現在、国内フリーランス人口は1.122万人にまで増加しています。その内、一番多い平均年収は「0~400万円」あたりの収入の方がメインとなっており、「300万円以下」の方は全体の約6割とほとんどを占めています。 もちろん、フリーランスを本業ではなく副業にしている方もいるので、一概に皆が皆当てはまるとは言えません。「小規模企業白書」のアンケートでは、年収1000万以上の方は3%という結果になっています。こちらは一見僅か3%に思えますが、1100万人以上の3%ですのでそこまで少なくはなく、約37万人が年収1000万を達成しているといえます。

クライアントから声をかけてもらえるようにする

自分でクライアントを探すのも必要ですが、一番はクライアントの方から声をかけてもらえるようになることです。もちろん、そうするためにはまずクライアントとの信用関係を築くことが大切になってきます。きちんとした仕事のクオリティーや連絡は当然ながら、クライアントが求めているニーズに柔軟に対応できることが必要になります。 そういったクライアントの希望に応えることにより、信頼して頂いたクライアントから優良な案件を紹介してもらえたりもします。フリーランスでやっていく上で、一番重要なのがクライアントとの信頼関係といっても過言ではありません。

フリーランスエンジニアの平均所得

上にも書いたように20代の平均年収は350万~400万前後、30代は400万~600万前後、40代以降は450万~650万前後ですので、ここから平均所得を割り出します。20代の方の平均所得は「227万~266万」30代「266万~426万」40代以降は「306万~510万」となりました。

フリーランスライター

フリーランスという働き方の中で、最もハードルが低く王道といえるのがフリーランスライターです。副業として隙間時間に記事を執筆している方もいれば、専業として活動している方もいます。現在、Web上には様々なキュレーションサイトが数多くありますね。 こういったメディアの記事を執筆しているのもフリーランスライターの方達の仕事です。フリーランスライターのハードルが低い理由に、必要な道具がパソコン一つと他の職種に比べ必要な道具が少なく、初期費用がかなり安く抑えられるところだと思います。他にも誰にでもやれる仕事が数多くある事、記事を執筆すればするだけ自分のスキルと年収も向上していくので、続ければそれだけで稼ぐペースも上がっていきます。 難点としては、それだけライバルも多いので思うように仕事が取れない場合も多いことです。そのため年収も10万から1000万と様々です。

まとめ

この金額を見てフリーランスに転向しようと考える方もいるかと思いますが、当然の事ながら収入が減る方もいます。まずはフリーランスになる前に、しっかりとフリーランスのメリット・デメリットを確認してから考えることをオススメします。