フリーランスのエージェント比較|複数登録するほうがいい?

フリーランスは複数登録すべし

フリーランスとして働く人の宿命として、安定性を捨てることになる場合が非常に多いです。例えば、今受け持っている仕事が無くなれば、次があるのか不安になってしまうなどに苛まれている方も多いでしょう。今の案件が終わった後にさらに営業をかけて新たな仕事を取る間の空白期間は存在します。また、福利厚生等もないため、将来への不安などを抱えながら仕事をしている方も多くいます。

しかし、エージェントに登録をすると、案件の契約が終了する直前に新たな案件を紹介してくれるため、仕事と仕事の空白期間をできるだけ少なくできるため、安定的にフリーランスとして働くこともできます。また、福利厚生についてもエージェントに登録することで受けることができるようになることもあります。例えば、税理士の紹介や就業不能時の補償を受けることや、人間ドックや健康維持費等。をフリーランスに特化したものを受けることができるため、フリーランスとして安定的に働ける環境も整っています。

エージェントには年齢制限のある案件も多い

エージェントが持つ案件の多くは、20代30代向けの案件が非常に多いです。そのため、40代50代以降になると受注できる案件の幅も少し狭まることも事実です。 しかし、業界を渡りあるいていて、スキルも豊富で若手をまとめる力のある、シニアエンジニアであれば、上流工程での経験などもさらにあれば、かなり活躍の幅も広がります。したがって、シニア層のエンジニアは、今までの経験の有無でエージェントの紹介することのできる案件もかなり変わってくるということです。 若いうちからフリーランスとして働き始めているならば、今から知識やスキルそして、マネジメントを身に着けて経験することが必要になってきます。また、今からフリーランスとして働こうとしている、30代以降の方は、上にあげたスキルを磨いて、あなたのスキルに対する価値を高めに行きましょう。

まとめ

エージェント次第であなたの、良い面を更に生かすこともでき、逆に殺しかねることにもなります。そのため、エージェントは、先ほどご説明をしたように、何件か登録をして、エージェントが受け持つ案件によって、使い分けるなどしていき、有効活用をすることをお勧めします。それによって、仕事の効率も幅も広がっていきますよ。