フリーランスの仕事の種類|かかる税金/所得/確定申告の種類

フリーランス(英: freelance)は、特定の企業や団体、組織に専従しておらず、自らの才覚や技能を提供することにより社会的に独立した個人事業主もしくは個人企業法人である。 略してフリーと呼ばれる。 企業から請け負った業務を実際に遂行する本人をフリーランサーと呼ぶ。

フリーランスの仕事には、色々な種類があります。それぞれ働き方も異なっていますし、向いている人も違います。 フリーランスで働いている人が多い、具体的な仕事の種類を、ピックアップして紹介していきましょう。

システムエンジニア

エンジニアは色々な種類がありますが、システムエンジニアは特にフリーランスのスタイルをとって働いている人が多い仕事のひとつです。クライアントからの要望に合わせて、システムを企画し、設計していくのがシステムエンジニアです。オリジナルのシステムを構築していくのはもちろん、既存のソフトに更に追加機能を加えていくなどの仕事もあり、具体的な業務内容は多岐に渡っています。コンサルタントスキルやマネージメントスキルが高い人ほど、フリーランスでも活躍しやすい種類のエンジニアです。

ウェブデザイナー

企業や個人のホームページやウェブサイトをデザインする仕事です。 美しさはもちろん、分かりやすさも重視したデザインを組み上げる必要があります。コンセプトに沿ったアイディアを出して、独自のクオリティを出せる人ほど、フリーランスで活躍しやすい種類の仕事でしょう。 クライアントからのヒアリング能力や、交渉のスキルなども活かすことが出来ます。

グラフィックデザイナー

ポスターやカタログ、チラシをはじめとして、雑誌や電車内の広告など、多様なメディアで展開するデザインを考える仕事です。 フリーランスで働いているグラフィックデザイナーは、DTPオペレーターやパッケージデザイナーなども含めて担当していることが多いです。コンピューターで誌面デザインを割付したり、包装デザインを提案したりすることもあります。コミュニケーション主体のイラストを担当することもあります。

コンサルタント

コンサルタントは、会社員から独立して、フリーランスで活躍し始める人が多い種類の仕事となっています。 Web系のメディアコンサルタントから、金融コンサルタント、ITコンサルタントまで、それぞれの業界で多様なコンサルタントが活躍しています。数値分析から企画営業をはじめとして、事業が成立するための立案からサポートまで、様々なパートに携わる仕事です。業界における卓越した知識や分析力が求められる上、コミュニケーション力が高く、鋭い経営視点を持っている人ほど向いています。

フリーランスでかかる税金の種類

フリーランスの人が払わなければいけない税金の種類は、収入によっても変わって来ます。 基本的な税金を紹介していきましょう。

住民税

現在住んでいる地方自体に支払う「住民税」は、フリーランスでは無くても、働いている人は皆支払わなければいけない種類の税金です。 具体的な住民税の金額は、「所得割(一律10%)+ 均等割(世帯割)」で割り出すことになっています。 ただし、年間所得の金額によっては減額や免除になることもあるので気を付けてください。

所得税

年間の所得金額に合わせて、所得税を支払う必要があります。 所得税は、年間の所得が38万円以上になる場合に必要になります。しばしば混同されやすいですが、「収入」と「所得」は違います。前者は売り上げ金額、後者は経費を差し引いた金額です。 基本的に、所得が上がるほど、課税額も上がる仕組みになっています。フリーランスの所得税は、基本的に後払いですが、クライアント等から「源泉徴収税」を控除して料金を支払って来ている場合、確定申告ののちに還付金として受け取ることが出来ます。

国民年金税

会社員は厚生年金ですが、フリーランスは国民年金に加入します。 国民年金の具体的な金額は、一定の保険料額の上に、前年度の物価をはじめとして、賃金変動率を鑑みた保険料改定率をかけて割り出されることになっています。

国民健康保険税

フリーランスとして働く場合、それぞれの市町村区で手続きをして、国民健康保険に加入する必要があります。 この税金は、扶養家族の人数や収入の金額、資産の状況によって金額が決定されます。一括納税の方法もあれば、期ごとの納税も出来ます。

【まとめ】フリーランスの種類を把握しよう

いかがでしたか? フリーランスとして働くことには、様々なメリットがあります。自由度も上がりますし、工夫をすれば大幅な年収アップも見込めるでしょう。 フリーランスの仕事を安定させるためには、鑑定申告が必須です。各種帳簿をきちんとつけておかないと、確定申告時に困ってしまいます。領収書を取っておいて、お金の動きについては都度確認し、書く止めておくことが大切です。 フリーランスとして独立してすぐは白色申告、その後は青色申告に切り替えていく人もいます。それぞれの確定申告の特徴を分析した上で、漏れの無い手続きを計画的に進めておけるようにしましょう。