フリーランスのライター年収と仕事内容|ライターになるには?

情報が多い社会ですから、ライターの仕事は需要も多いようです。フリーランスのライターとなれば、特別な資格やスキルがなくても始めることができるのが特徴で、文章作成ができるパソコンを持っていれば大体充分なのでフリーランスの職種の中でも割と始めやすい職業といえます。もちろん、文章能力が高ければ他のフリーランスライターと差別化もされますしクオリティの高い記事が書けるので最低限の文章能力は必要です。では、どうやったらそんなフリーランスのライターになれるのでしょうか?

仕事はクラウドソーシングで受注

ライター未経験でも、ライター経験が浅くてもまずは始めることが肝心ですよね。クラウドソーシングサイトを覗いてみると驚くほど多種多様の仕事が募集されています。中には『ライター未経験でもOK』と最初からうたっている物も多く、これなら飛び込みやすいですよね。単価は決して高いとは言えないものも多いですが、ライターとしての経験値を上げる為にも始めない手はないのではないでしょうか?最初は単価も安く、数もこなせないものですが、慣れてくると記事作成の時間もかからなくなりますし、フリーランスのライターとしての収入だけで生活できるレベルにもなるかもしれません。

ライター養成スクールに通う

ライターとしての経験に自信がないようであれば、ライターの養成スクールに通うのも一つの選択肢です。養成スクールは1~3年ほどの期間がほとんどのようですし、費用も10万円程度から通えるようです。ただし、高いスクールだと100万円ほどかかるところもあるようなので、よく調べることが大切です。養成スクールに通って、自分のスキルに自信がついてからフリーランスのライターとして活動していくのもいいですね。

フリーランスライターに関して

情報過多のこの時代だからこそ、一つの限られた形態ではないスタイルで情報を配信する側の需要が増えていても不思議ではないですよね。今回は、女性の社会進出に一役買っているフリーランスライターの魅力的な仕事をご紹介しました。自分の可能性を自分で決めてしまうのではなく、できる事を形にして生活を豊かにできたら嬉しいですよね。始めたからにはクオリティにこだわる程のプロ意識を持ってやってみると新しい自分に出会えるかもしれません。