在宅でフリーランスをしたい人の案件の探し方|しやすい職種は?

在宅フリーランスとは何か?

フリーランスというと、会社勤めではなく個人で仕事を請け負っているということです。そして、在宅フリーランスとは、在宅ワークをフリーランスで仕事を請け負って生計を立てているという方のことを指します。在宅フリーランスにも様々な職種があって、エンジニアやデザイナー、プログラマーにライター、とその範囲は広いです。 現在は、インターネットの普及で在宅ワークや副業をしやすい環境になっており、クラウドソーシングサービスも普及して、以前よりも在宅フリーランスとして働きやすい環境になりつつあります。しかし、企業に常駐して働くことに比べると、安定した収入を得ることは難しく、在宅フリーランスのみで生計を立てられる人はほんの一部に過ぎないというのが現状です。そんな在宅フリーランスですが、収入面では明らかなデメリットがありますが、メリット部分も多くあります。以下にメリット、デメリットをあげてみました。

在宅フリーランスのメリットとデメリット

在宅フリーランスのメリット 在宅フリーランスを選ぶ人が最近増えています。増えているということは、メリットがあるということですね。在宅フリーランスのメリットは何でしょう?考えられるメリットをあげてみました。 1.人間関係の煩わしさから解放される。 人が集まって仕事をすると、気の合わない人にも気を使って進めなければならないことも多く気苦労は堪えません。しかし、在宅フリーランスなら、そんな人間関係のいざこざに巻き込まれることなく仕事に集中できます。 2.やりがいや達成感が大きい。 自分がやり遂げた仕事の成果をそのまま報酬として受け取ったり、評価されるので、やりがいを感じやすくなります。 3.家族の転勤の影響を受けない。 在宅フリーランスなら、インターネットがあれば、どこでも仕事ができるので、家族の転勤などで退職を余儀なくされたりがなく、また新たな環境で仕事をするという負担がありません。 4.現場への移動時間が不要かつ、自分の都合の良い時間帯で仕事ができる。 在宅フリーランスなら、往復の移動時間を取られることなく他のことに時間を使えます。また、子供がいたりする人にとっては、時間を自由に使えることが多いので、自分にとって都合の良い時間帯だけ働くことができます。 5.自分のペースに合わせて受注でき、調整が可能。 家事や育児と仕事を両立させたい人にとっては、仕事量を調節したり、自分の都合に合わせて時間帯を変えることができるので、メリットが多いです。

在宅フリーランスにとってのデメリットは何でしょうか。 フリーランスの自由というものと引換に以下のようなデメリットがあることも考慮しなければなりません。 1.会社や上司が守ってくれないので責任感が必要。 在宅フリーランスの場合は、会社員と違い守ってくれる上司や会社があるわけではありません。仕事における責任は全て自分にかかってきます。自分のペースで仕事を進めることが出来るのは良いですが、その反面として自分を律していかないと、後でしっぺ返しを食らうのは自分でしかないのです。そういう意味で、会社員時代とはまた違った緊張感や責任感をもって仕事に臨まなければなりません。 2.自分を売り込む営業力が必要 会社員時代と違って、在宅フリーランスの場合は自然に仕事が舞い込むことはありません。自ら仕事を取りに行かなければならないのです。個人事業主となり、本格的に活動していくとなれば、必要となる能力はより高くなりますし、社会人としての資質を問われる場面も多くなります。そういった意味で、自分の能力を知り、それを最大限に売り込み、仕事をとってくる能力が必要なのです。 3.苦手分野も積極的に学ばなければならない。 大きな会社に属している場合は、自分が得意な分野でその才能を発揮させて苦手分野は他の人に任せるということが可能でした。しかし、在宅フリーランスとなると、そういった苦手分野でも請け負う内容によってはこなさなければなりません。在宅フリーランスとして働く場合は、自分の苦手分野でも積極的に学び、世の中のトレンドを見極めて、ビジネスとして成り立つように振舞わなければならないのです。 4.収入が安定するまで大変 収入については、クライアントが継続してくるようになるまでは、大変です。最初は営業して回って仕事を貰ったり、格安で受注しなければならないなんて期間もあるかもしれません。また、社会保険や年金などの福利厚生はもちろん誰もしてくれませんので、全て自分で賄わなくてはいけません。こういったことが全て順調にいくまでには、ある程度の期間を要することを覚悟していないと、思わぬところでつまづいてしまう可能性があるということです。