青色申告の提出に必要な2つの書類・提出期限・青色申告のメリット

そもそも青色申告って何?提出期限はいつ?

そもそも青色申告申告とはなんなのでしょうか。 人は何かしらの儲け(給料)を得ることで生活しています。税務では儲けのことを所得といいます。1月1日から12月31日までに選ぶ収入や売上からその収入や売上を得るためにかかった必要経費をさしひいて翌年の3月15日までに所定の用紙に記入し、税額を計算し納税することになっています。これが確定申告です。 青色申告とは確定申告の仕組みの中で税金を少なくするために合法的に設けられた制度と言えます。

青色申告で提出するメリット

確定申告には青色申告と白色申告があります。ちなみに会社員ですと会社が給与を天引きしたり、年末調整処理をするので税金を計算して申告するという確定申告の必要がありません。 青色申告にするとさまざまなメリットがあります。第一に挙げられるのは「青色申告特別控除」です。これは必要経費に65万円上乗せできるというものです。年間65万円を得するのですのでかなりメリットですよね。 例えば 事業収入が3000万円あるとすれば、 3000万円ー必要経費 1500万ー特別控除 65万円 =所得 1435万円となります。 つまり課税される金額が青色申告で書類を提出して確定申告すれば1500万から1435万円に減額するということです。 また他にも家族の従業員に給与を支払った際に経費にできる「青色事業専従者給与」や、赤字になった際にその赤字を翌年以降の3年間の黒字と相殺できる「純損失の繰越控除」や赤字になった時にその赤字を前年の黒字と相殺し税金をの還付を受けることができる「純損失の繰越還付」などがあります。 30万円以内の備品等を購入した際に通常は徐々に必要経費にしないといけないのですが一回の確定申告で全額経費にできる特例があり、これは白色申告者には適用されません。

青色申告に挑戦しよう

いかがでしたか?損益計算書や貸借対照表などよくわからない!と思った方もコンピューターやタブレットなどを利用して会計ソフトを使えば手軽に青色申告で確定申告をすることができます。 手軽にできるわりには、節税の特典が多いのでぜひあなたも今年は青色申告で確定申告に挑戦してみてください