マイナンバーの桁数の意味は?法人番号と個人番号の違いは?

2015年の10月から普及された『マイナンバー』ビジネスのシーンでもなくてはならない存在になっています。フリーランスの方でも、新しく契約を交わす際や、確定申告の時にマイナンバーが必要になりますよね。今はまだ確定申告の時も『必須』ではありませんが、いずれ必要となるマイナンバーについて、少しでも知識を高めておくことは大切です。

国民1人1人に番号が付く『マイナンバー』

このマイナンバーは、一生涯変わることのない番号になっています。個人を特定できるものであることから、重要な役割も果たしますので、個人が自由に変更することもできません。マイナンバーを生成するのは『共団体情報システム機構』がおこなっています。

住基ネットと住民票コードについて

マイナンバーの桁数の意味は?法人番号と個人番号の違いは? 独立ノウハウ 新しい仕事の契約時、確定申告の時…色々なシーンでマイナンバーが登場します。でもまだあまり詳しく知られていないマイナンバー。あなたはその桁数の意味をご存知ですか?社会人として知っておきたいマイナンバーの桁数についてご紹介します。

マイナンバーにおける『個人番号』と『法人番号』

個人番号となるマイナンバーが12桁に対し、法人番号となるマイナンバーは『13桁』です。なぜさらに1桁の数字が追加されたのでしょう?また個人番号と、法人番号は何が違うのかについてもお話ししてみましょう。

それでは法人番号と個人番号の違いについてお話ししてみましょう。 桁数が違うだけではありませんので、よく覚えておいてください。フリーランスの場合、個人事業から法人に移行する際にも大きくかかわってきますので、よく理解しておきましょう。 ・通知時期  通知時期については、法人・個人ともに2015年10月より順次行われています ・取り扱う管轄  法人……国税庁  個人……総務省・市区町村 ・発行される対象  法人……設立登記されている全ての法人  個人……日本に住民票を有する全ての国民 ・マイナンバーの送付先  法人……登記上に登録されている住所  個人……住民票に登録されている住所 ・マイナンバーの番号の公開  法人……HPで提供  個人……原則非公開 ・マイナンバーの利用制限  法人……制限なし  個人……社会保障・税・災害対策分野のみ ・マイナンバー利用開始時期  法人……2016年1月の申告書提出分~  個人……2016年1月~ マイナンバーの番号の変更に関しては、先にご紹介した通り、個人で自由に変更することはできません。これは法人も個人も同様です。

まとめ

マイナンバーの意味と役割をきちんと理解し、把握することでその危険性も理解することが出来ます。うまくマイナンバーと付き合い、自分自身で自らの情報をコントロールできるよう、疑問になったことはどんどん調べていきましょう!