【ビジネスシーン】「お気遣いなく」や「お構いなく」の正しい使い方

「お気遣いなく」や「お構いなく」は、「お気になさらないでください」という意味であり、「何もしないでも大丈夫ですよ」という気持ちを丁寧に伝える表現です。 これら「お気遣いなく」や「お構いなく」は、実は使う状況によって、その意味に多少の違いが出てきます。普段の会話で普段から何気なく使う言葉でありながら、用法が難しい言葉でもあります。それでは、まずこれらの言葉の意味から見ていきましょう。

「お気遣いなく」とは?

「お気遣いなく」は、「気遣い」に尊敬を示す接頭語の「お」と、否定を示す「なく」が付いた言葉です。つまり「気遣い」が必要ないということです。また「お」が尊敬語であることから、目上の人に対しても使うことができます。 では「気遣い」の意味は何でしょうか?「気遣い」はその名の通り、相手の事や相手の都合を思いやり、気を遣うことを言います。ですから「お気遣いなく」は、「私に対して気を使わないでください」「私のことは気にしないでください」という意味になります。 それを直接言うと少しきつい言い方になってしまいます。そこで相手の気持ちに配慮し、やんわり伝えるための言葉として、相手が遠慮したり、恐縮してしまっている時、その緊張をほぐすために使われます。

「お構いなく」とは?

「お構いなく」も「お気遣いなく」と同じような言葉ですが、「お気遣い」が気持ちを指すのに対し、「お構い」は行動を指す言葉です。そのため、「お気遣いなく」に比べて「お構いなく」という返事の方が、より軽い意味合いとなります。日常の中ではより使いやすい事も多いでしょう。 「お気遣いなく」に比べて気持ちの面が薄いため、事務的、冷淡的な印象も与えますが、距離が近い相手に対しては、大げさな感じにならないというメリットもあります。 例えば親戚や友人の家に行ってお茶が出た時「お構いなく」と言い方は違和感ありませんが、「お気遣いなく」と言うと、他人行儀で丁寧過ぎる印象になります。逆に目上の人に使う場合は「お気遣いなく」の方が適切でしょう。もし「お構いなく」を使いたいなら、「どうぞお構いなく」のように。尊敬の表現を重ねて使うようにします。

「お気遣いなく」と「お構いなく」は重ねて使う事も可能

このように似た意味を持つ「お気遣いなく」と「お構いなく」ですが、合わせて使うことも可能です。例えば「どうぞお気遣いなく。本当にお構いなく。」とすることです。まず最初に感謝とお断りを入れた上で、更に行動自体を制止する強い表現となります。そうすれば相手に諦めてもらえるようになります。 また、行動にフォーカスをしている事から、謙遜の表現として「何のお構いもしませんで」と言う言い方もできます。こうすることで、気遣いの心はありましたが何もしませんで、という意味を含めることがききます。

「お気遣いなく」や「お構いなく」の使い方

「お気遣いなく」と「お構いなく」は殆ど同じ言葉ですので、ここからは便宜上、より強い敬語表現である「お気遣いなく」を使って、言葉の説明をしていきます。 「お気遣いなく」は、相手の気遣いをやんわりと遠慮する言葉です。そこには、2つの意味があります。自分に対して気を使わないで下さい、行動を起こさないで下さいという「お断り」のメッセージと、気遣いをしてくれてありがとうという「感謝」の気持ちです。

「お気遣いなく」を最もよく使う3つの場面

使うことの多い「お気遣いなく」ですが、実際に使う場面を整理すると、下記の3つの状況に収まります。

①自分が受け身で、相手を制する時の「お気遣いなく」

相手に気を使わせて、相手が何かの行動を取った時、「その行動は不要ですよ」という目的で使われる場合です。そこには、相手への感謝とお断りの意味が入ります。 よく使われるのは「お先にお食べになってください」などです。自分の事は待たず、お先にどうぞ、という状況。この場合、自分の事を待っていてくれた事への感謝の気持ちと、その行動自体をお断りする気持ちの両方を伝える事になります。

②自分が先に行動した時の「お気遣いなく」

自分の行動が先にあり、それに対する相手のお返しをお断りする場合。例えば誰かにプレゼントをあげた時、相手に「プレゼントのお返しは不要ですよ」と言って、返礼を断る場合です。 プレゼントを渡したことで、感謝の気持ちはすでに相手に伝わっています。ここの「お気遣いなく」で伝える事は、お返しは結構です、お断りしますという一点になります。

③挨拶として使う「お気遣いなく」

日常の中では、特に明確に「お断り」の意味は込めず、ひとえに感謝を示す慣用句、お決まりの約束言葉として使われる場合もあります。プレゼントを渡す時に「つまらない物ですが」と言うようなものです。 例えば、仕事で疲れている時にねぎらいの声を掛けてくれた上司に「お気遣いなく」と返事をする場合など。この場合は「声を掛けないでください」というほど強い意味ではないでしょう。そこにあるのは、余計な気を使わせてしまった事に対する申し訳なさと、声を掛けてくれた事への感謝の気持ちです。 このように「お気遣いなく」には、感謝の気持ちを伝える、お断りの気持ちを伝える、その両方を伝える、という3通りの使い方があります。

相手の好意を受け取る時には、言い直そう

「お気遣いなく」を挨拶や返事で使った場合でも、その言葉の底には、やはりお断りの意味が含まれるものです。 たとえば営業に行った先でお茶を出してもらった時に「どうぞお気遣いなく」と言いながら、その口でさっそく出されたお茶を飲むのは不誠実でしょう。「お気遣いなく」と言った後に、あらためて「お気遣いを頂き、ありがとうございます」「ありがとうございます、頂きます」など、好意を受け取る言葉を述べてから、口を付けるのがマナーです。

「お気遣いなく」は目上の人には失礼?

「お気遣いなく」は尊敬語です。目上の人との会話や返事に使っても問題はありません。ただし、注意点があります。 それは「お気遣いなく」を単独で使わないことです。「お気遣いなく」自体は尊敬語ですが、前後に言葉を付けずに言い切るだけでは、やはり丁寧さに欠けています。目上の人に使う場合は、できるだけ完全な文章にするのがマナーです。言葉の前に「どうぞ」「どうか」「何卒」などを付けて、尊敬度を高める事も必要です。

目上の人に使う場合の文例

相手との関係性が近い場合は、口頭で「お気遣いなく」と言っても許されるケースもありますが、メールの返事で「お気遣いなく」と使うのは、明らかに表現不足です。「◯◯につきまして、何卒お気遣いのないようお願いいたします」などと返事をしましょう。 口頭の場合、そこまで丁寧にする必要はありませんが、何について「お気遣いなく」なのか、そこまで伝える事がポイントです。例えば、「お気遣いなく。どうぞ先にお召し上がり下さい」「どうぞお気遣いなく、後は私の方でやっておきますので」というように、単独で言い切るのではなく、あくまで文章として意味が通じるようにしましょう。

「お気遣いなく」を使うシーン

実際にどのような場面で「お気遣いなく」を使うのか、使われるのか、具体的な状況を紹介しましょう。

お祝いやプレゼントを贈った時

誰かにお祝いやプレゼントを贈った時に、お返しは不要ですよと言う場合です。特に、結婚祝い、出産祝い、入学祝いなどの大きなライフイベントでは、お祝いやプレゼントをする場合、「お気遣いなく」と添えることで、前もってお断りの気持ちを伝える事ができます。 但し、こうした場合、仮にお断りをされても、お返し(内祝い)をしないのはマナー違反。たとえ自分がお祝いやプレゼントを贈った相手から「お気遣いなく」と言われても、そこは感謝の気持ちを込めて、内祝いを贈った方が良いでしょう。

葬儀の連絡

ややデリケートな話として、葬儀の時に「お気遣いなく」と、故人の関係者に伝える事があります。例えば「故人の遺志により、遺族、近親者のみでの家族葬を執り行う事になりました。つきましては、ご香典、ご弔電などもどうかお気遣いなく、辞退させていただきます」などという場合です。 こんなときの「お気遣いなく」は社交辞令ではなく、実際に「いらっしゃらないでください」というお断りの意味が強く込められています。それを無視して駆けつけたり香典を持ち込むのは、マナー違反になるので注意しましょう。

お中元やお歳暮を送る際

お中元やお歳暮を送るような間柄の人から「お気遣いなく」と言われた場合、少し悩ましいところです。あくまで社交辞令で言っている場合と、本当に不要の場合の、両方の可能性があります。 これまでお中元やお歳暮を送って来た相手が突然そう言ってきたら、何かしらの変化があったのかもしれません。それとなく確認する必要があります。これまで贈った事のない相手で、わざわざお断りを入れてくる場合も、何らかの事情があるのかもしれません。 逆に、自分が誰かにお中元やお歳暮のお返しについて「お気遣いなく」と言う場合、相手を悩ませてしまう可能性があります。迂闊には使わないか、本当に不要で「お気遣いなく」と言うのであれば、明確な理由を付けて相手に納得してもらうようにしましょう。

「お土産は何がいい?」と聞かれた時

出張や旅行に行く人から「お土産は何がいい?」と聞かれる事があると思います。そんな時、親しい関係なら「いらないよ」と答えることも出来ますが、仕事関係の相手や目上の人の場合、そういう言い方も出来ません。「お気遣いなく」と答えるのが無難なお断りの言葉になります。 実際には「お気遣いなく」と言っても、お土産を買って来てくれる事もあるでしょう。その場合は、今さら「お気遣いなく」とは言わず、「ありがとうございます、恐れ入ります」と感謝して受け取りましょう。

お中元やお歳暮のお返し

お中元やお歳暮を頂いた場合、贈ってくれた相手にお礼状を出すと、あなたの印象がアップします。ただし手紙では「お気遣いなく」という表現のままだと、やや軽い感じになってしまいます。 返事の手紙の文例としては、 拝啓 ◯◯様 (時候の挨拶) このたびは、お中元のお品をお贈り頂き、誠にありがとうございます。 ◯◯様のお心遣いに、深く感謝申し上げます。 また、どうかお気遣いなさいませんようお願い申し上げます。 (相手をいたわる言葉) 敬具 などがあります。

会社で物品の贈与が禁止の場合

会社の規則で、取引先からの付け届けやプレゼントを禁じているケースがあります。その場合、お中元やお歳暮はもちろん、ちょっとしたプレゼントでも問題になってしまいます。そんな時も、「お気遣いなく」という表現を使ってお断りの意志を伝えることが出来ます。 返事のメールの文例としては、 株式会社◯◯ ◯◯部 ◯◯様 日頃はお世話になっております。 この度は、お心のこもりましたお品を頂き、誠に恐縮に存じます。 ですが、当社にはご贈答品は頂かないという規則がございます。 今回につきましては、ありがたくご厚意をご頂戴いたしますが、 どうか今後はお気遣いなさいませんよう、何卒お願い申し上げます。 せっかくのお心遣いに、心苦しい限りでございますが、 どうかお気を悪くなさいませんよう、 ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 などがあります。

相手に謝罪された時

仕事で取引先にミスがあり、謝罪や、事後処理などの相談をされる事もあるでしょう。そんな時、相手に「大丈夫ですよ」と伝える時にも「お気遣いなく」は使えます。 「この件、許容できる範囲で収束いたしました。 これ以上のご対応は不要ですので、どうぞお気遣いなく、 引き続き、よろしくお願いいたします」 などが返事の際の文例となります。

「お気遣いなく」の類語

「お気遣いなく」には、似たような類語もたくさんあります。どれも相手を気遣って謙虚な姿勢を示す言葉になります。使い方はそれほど変わりませんが、より望ましい言葉があったら言い換えて使うようにしましょう。

「お心遣いなく」

「お心遣い」は、「お気遣い」の「気」が「心」に変わっただけですから、かなり近い言葉だと言えるでしょう。「お心遣い」は「配慮、気配り」を意味し、実際「お気遣い」と殆ど同じです。 この2つの言葉の違いは、「気遣い」は「意識してやっている、考えてやっている」こと。それに対し「心遣い」は、「特に意識しないでやっている、自然とやっている」ということです。ですから、気配りが不要と言われても、心配りはしておいた方がいい、という感じになります。心遣い=思いやりや常識的なマナーとも言えるでしょう。

お気になさらず

「お気になさらず」も文字通り、「気にしないで下さい」という意味です。ですが、既に相手が何かを気にしているということが前提になっています。がっかりしていたり、申し訳ないと思っていたり、マイナスの感情を持っていることです。もし相手がそうした感情を持っていない場合、言葉の行き違いが生まれてしまいます。 「お気になさらず」は、うまく使えば「お気遣いなく」よりカジュアルな感じで使うことが出来ます。例えば「急に仕事を振ってしまって、すみません」、「大丈夫です。どうぞお気になさらずに」のように使えます。もしこれが「大丈夫です。どうぞお気遣いなく」では、少し冷たい印象になってしまうでしょう。

結構です

こちらは、「お構いなく」の方に近い類似語です。「結構です」も「お構いなく」も、お断りを示す言葉ですが、よりダイレクトに強く印象に残るのは「結構です」の方でしょう。それでも「必要ありません」「やめてください」よりは、軽い印象の返事になります。 「結構です」の問題点は、肯定にも否定にも使える所です。前後の関係から、肯定なのか否定なのかが明らかな場合は良いのですが、言葉が足りなかったりすると、誤解の元になるので注意が必要です。

「お気遣いなく」や「お構いなく」の正しい使い方のまとめ

いかがだったでしょうか。「お気遣いなく」や「お構いなく」は、周囲の人と円滑なコミュニケーションをする上で、とても重要な表現です。 但し、いかにも日本人らしい遠回しな表現であるため、注意しないと相手に正確に伝わらなかったり、相手の返事次第では、互いに遠慮をしあう事にもなってしまいます。また相手の気持ちを断る言葉でもあるため、せっかくの思いを傷付けてしまう危険性もあります。そうならないように注意して、口頭やメールでの返事や挨拶、手紙やプレゼントに添えるメッセージなど、場面に合わせて上手に使って下さい。