【インターンシップ】志望動機で最も重要視されるポイントをご紹介!

インターンシップは短期〜中長期など、内容や目的にそって色々な種類を用意しております。インターンシップを行う企業の目的は採用につなげることを目的としているケースが多いため、志望動機も重要なポイントとなります。

人事担当・採用担当はどのような志望動機を求めているか整理していきましょう。

インターンシップの志望動機を考える前にまず整理

インターンシップ参加の良い点

インターンシップに参加しておくと就職活動に有利という話を聞いたことがあると思いますが、実際に有利に働くケースやメリットがあります。

インターンシップに参加するメンバーはそれなりに仕事への意欲・意識の高い学生が集まるため、企業側もインターンシップを採用目的で考えています。

インターンシップを通じてそのまま採用選考・就職できることもあります。
また実際に会社の中で働くことができるため、どんな人が会社にいてどんな仕事をしているか、働くイメージも湧く点も参加するメリットです。

インターンシップの志望動機と考える前に目的とゴールを決める

まず自分自身がインターンシップを通じてどんなことを学びたいか、インターンシップを通じて何を得られるのか考えてみましょう。

・会社の中でどんな人が働いているか知りたい
・会社の仕組みを知りたい
・ビジネスってどんなことをしているか見たい
・サービスの中身や実態を見て見たい
・働くイメージをつかんでみたい

インターンに参加することでなんとなく良さそうなことがあるというイメージだけでなく、学生の短い時間で参加するためインターンに参加する目的と何を学びたいか、自分なりにゴールを決めましょう。

参加したいインターンシップと会社のことを調べる

インターンシップの定義が決まっていないこともあり、各社インターンシップの内容は様々です。どんなインターンのタイプがあるか調べてみました。

1Dayインターンシップ

1日で行われるインターンシップです。
会社説明会に近く、企業の紹介が中心です。グループワーク形式でビジネスを体験できるインターンシップもあります。

サマーインターンシップ

おもに大学3年生、学院生向けに夏の期間募集するインターンです。興味の企業や業界を絞り込む参考とするケースが多いようです

長期インターンシップ

1ヶ月〜3ヶ月以上の期間を通じて働く種類のインターンです。時給制でアルバイトに近いケースが多いです。

短期インターンシップ

1ヶ月以内、1週間〜3週間のインターンです。
就業体験や企業理解を目的開催される場合がほとんどで時給は発生せず、交通費のみの場合が多いです。

それではインターンシップの志望動機をまとめていこう

参加したいインターンシップのどの部分に興味をもった部分を洗い出してください。
また今回見つけたインターンシップをなぜ申し込もうと思ったのか?
箇条書きでいいのでまず整理しましょう。

業界に関心あり

業界にもともと関心があり、その業界で働くイメージを持ちたかったなど、
どの部分で業界に関心を持ったか、エピソードがあればそれを伝えましょう。

内容・職種に関心あり

〇〇のような職種の仕事を体験してみたかったなど、その職種の仕事を体験してみたかった理由とどんな背景がきっかけだったか纏めてみましょう。

その他の関心例

仕事、職種だけが興味をもったきっかけではないと思いますので、友達の紹介や、雑誌で見た、サービスを利用しているなど、些細なことでもよいのでインターンに関心をもった自分を客観的に整理してみるのも良いと思います。

必ず用意したほうがいいのは興味をもった理由

きっかけの次はインターンシップに参加したい理由です。志望動機を纏める上で重要なポイントとなります。
就職活動で繰り返し志望動機を伝える機会が増えると思いますので、このあたりは意識してみましょう。

「アルバイトの経験を通じて興味を持った。」「そのサービスを定期的に利用しているため、実際どんな仕事をしているか知りたかった」「きっかけはニュースをみて感銘をうけた」など、自分の体験や普段の生活で興味を持ったことと関連付けて理由を挙げていきます。

インターンシップの志望動機は完結に纏めることと結論から纏める

これが一番大切です。インターンシップを通して「何を体得したいのか」という点を明確にまとめていきましょう。

インターンシップの志望動機について、興味・関心の高い部分を纏め、インターンに参加したい理由をまとめ、インターンを通じて何を得たいかを纏めたらあとはその材料の一貫性、一通りの流れを整理しましょう。

その企業でインターンシップをする必要性が高いと思われることをポイントに、志望動機に書く内容を取捨選択しましょう。その後、構成を考えて整えます。

①インターンシップで学びたいこと
②インターンシップに参加したいと思ったきっかけ
③なぜこのインターンシップなのか理由を明確に伝える
④インターンシップをやる目的を整理して纏める

まとめ

インターンシップの志望動機をスムーズに上手く書けるようになるコツは、はじめから上手に書こうとしないことです。また、志望動機は就職活動にも役立つ内容です。

まずはインターンシップの内容を理解する、インターンシップを募集している会社のことを理解する。その上で自分がその時間を活用して得たいこと纏める。インターンシップも会社の相性があると思いますので、自分のことも客観的に整理してみて下さい。

まずは肩の力を抜いて、箇条書きで書き出すところから始めてみましょう。