中小企業と大手企業の違いと定義についてわかりやすく解説

出典:www.pexels.com

毎年発表される就職企業ランキングをみると上位は、大企業が独占しています。ランキング上位が良い会社なのでしょうか。中小企業の中にでもランキングに入る企業がありますが、あまり多くありません。中小企業と大企業は、それぞれ良い点と悪い点があります。ランキングがすべてではありません。中小企業と大企業の違いについて、比較するとどのようになるのでしょうか? 大企業と比べた中小企業の良い点と悪い点について説明します。

中小企業の定義(中小企業基本法での定義)

中小企業の定義については、中小企業基本法に記載されています。次のように、業種ごとに資本金や従業員数によって決まっているのです。ここでの従業員とは、常時使用する従業員のことを指し、アルバイトなどの臨時職員は含まれません。 ・製造業その他の業種:資本金が3億円以下、あるいは、従業員が300人以下  ・卸売業      :資本金が1億円以下、あるいは、従業員が100人以下  ・小売業      :資本金が5千万円以下、あるいは、従業員が50人以下  ・サービス業    :資本金が5千万円以下、あるいは、従業員が100人以下 

大企業の定義(中小企業基本法での定義)

上記の「中小企業の定義」での規模を超える企業は、大企業となります。業種によって違いがありますが、小売業やサービス業では従業員が50人を超えると大企業になるのです。 ・製造業その他の業種:資本金が3億円超、 かつ、従業員が300人超  ・卸売業      :資本金が1億円超、 かつ、従業員が100人超  ・小売業      :資本金が5千万円超、かつ、従業員が50人超  ・サービス業    :資本金が5千万円超、かつ、従業員が100人超 

小規模事業者の定義(中小企業基本法での定義)

中小企業の中には、規模が小さな「小規模事業者」と呼ばれる企業があります。小規模事業者の定義は次のとおりです。 ・製造業その他の業種:従業員が30人以下  ・卸売業      :従業員が5人以下  ・小売業      :従業員が5人以下  ・サービス業    :従業員が5人以下 

中小企業と大企業の比較

出典:www.pexels.com

それでは次に、中小企業と大企業について比較をしてみましょう。中小企業と大企業では、どのような違いがあるのでしょうか。会社数や従業員数、利益や売上、倒産件数について比べてみます。

会社数と従業員数

中小企業白書での大企業と中小企業の数を見てみましょう。2016年中小企業白書では、大企業と中小企業の会社数と従業員数が次のように掲載されています。 ・大企業   会社数: 1.1万社、従業員数:1,433万人  ・中小企業   会社数:380.9万社、従業員数:3,361万人  会社数は、圧倒的に中小企業が多くなっています。中小企業の会社数には従業員5人以下の小規模事業者も含まれていることもありますが、日本の企業の99.7%が中小企業になります。大企業はわずか0.3%に過ぎず、会社数としては非常に少ないのです。 また、従業員数では、全体の約70%の3,361万人が中小企業となります。大企業は従業員数が多いですが、従業員数の割合は全体の約30%なのです。

利益と売上

大企業と中小企業の経常利益と売上高について見てみましょう。会社数や従業員数では、中小企業の方が多かったのですが、経常利益と売上高などの企業利益についてはどうでしょう。 ・経常利益の総合計(2015年)  大企業:約9.9兆円  中小企業:約5.2兆円  ・売上高の総合計(2015年)  大企業:約139兆円  中小企業:約126兆円  会社数は、圧倒的に中小企業が多くなっています。中小企業の会社数には従業員5人以下の小規模事業者も含まれていることもありますが、日本の企業の99.7%が中小企業になります。大企業はわずか0.3%に過ぎず、会社数としては非常に少ないのです。 また、従業員数では、全体の約70%の3,361万人が中小企業となります。大企業は従業員数が多いですが、従業員数の割合は全体の約30%なのです。

中小企業の良い点と悪い点 

出典:www.pexels.com

中小企業と大企業の違いは、規模だけではありません。中小企業と大企業は、それぞれ良い点と悪い点があります。中小企業と大企業の違いについて、比較するとどのようになるのでしょうか? 大企業と比べた中小企業の良い点と悪い点について説明します。

中小企業の良い点

出典:pixabay.com

やりがいを感じられる、キャリアアップできる

中小企業は社員の数が少ないため、いろいろな仕事を担当できます。より大きな仕事を任される機会も多くなります。これによって、自分をよりキャリアアップさせることができるのです。キャリアアップやいろいろな仕事を経験したことで、転職や独立で役に立つこともあります。

自分の意見が通りやすい、希望する仕事ができる

自分の意見や提案が通りやすいという面があります。大企業であれば、初めから仕事が決まっていて、自分の意見を言うまたは意見が通るチャンスは、ほとんどありません。しかし中小企業であれば、自分の考えた企画が採用され、望んだ仕事ができるチャンスが増えます。

早く昇進できる可能性が高い

出典:pixabay.com

大企業と比較すると、早めに昇進できる可能性が高いです。大企業は歴史の長い会社が多いので、年齢の高い社員が多く在籍していますし、同年代のライバルも多くいます。若い人が抜擢され早く昇進することはありますが、通常は年齢の高い経験のある社員から順番に昇進していきますので、たとえ能力があったとしても、大企業では昇進があまり早くないのが通例です。

転勤が少ない

全国展開している大企業では、数年に一度転勤があることが多いです。海外展開している大企業では、海外赴任などの可能性もあります。中小企業の場合でも転勤の可能性はありますが、事業所が少ないので、転勤の可能性が減ります。最近は中小企業でも海外に進出している元気な会社では海外勤務もありますが、一般的に転勤の頻度は少ないでしょう。

中小企業の悪い点

出典:pixabay.com

雇用が不安定、倒産危険度が高い

大企業でも決して安泰という訳ではありませんが、特に中小企業では倒産の危険性がないか確認することが重要です。中小企業の倒産危険度は、どの程度なのか、統計を見てみましょう。中小企業白書での2015年の倒産件数は、次のようになっています。 大企業:6件、 中小企業:8,806件(中規模企業:1,159件、小規模企業:7,647件) 日本企業の倒産の実に99%が、中小企業で発生しています。日本の会社の倒産は、圧倒的に中小企業が多いのです。大企業と比較すると中小企業では、倒産などで職を失うリスクが高くなっています。

大企業と比較すると社会保険や福利厚生が充実してない

出典:pixabay.com

社会保険や福利厚生の面では、大企業の方がすぐれています。中小企業の中には、厚生年金や労働保険、健康保険などの社会保険に加入していない会社があります。従業員が5人以下の小規模事業者などでは、社会保険の加入義務がないので、多くの会社が社会保険に加入していません。 大企業では、会社提携の厚生施設があったり会社固有の厚生制度や共済会があったりして福利厚生が良いことが多いです。さらに最近は、育児休業制度や休業補償制度など人事制度面での福利厚生制度も充実しているのです。

平均すると年収が低い

一般的には企業の従業員数によって、平均年収に差が出ます。中小企業より大企業の方が、平均年収が高い傾向があります。もちろん急成長している優良企業などの例外はありますが、平均すると大企業のほうが年収が高くなっています。また、一部上場企業などの大企業では、退職金制度などが充実している企業が多いので、生涯年収の面で差が大きくなります。

おすすめはホワイトな中小企業

出典:pixabay.com

やりがいや昇進などの中小企業の良さがありつつ、年収や福利厚生なども良いホワイト企業(優良企業)が狙い目です。中小企業の良い点と高い年収や厚生面も備わっているホワイト企業であれば、大企業と中小企業の良い面を併せもっています。つまり、ホワイトな中小企業がおすすめなのです。就職活動において、ホワイトの大企業は非常に人気が高く狭き門ですが、ホワイトな中小企業であれば、そこまで人気がある訳ではありません。隠れた優良企業(=ホワイトな中小企業)を探して、入社をすることは賢い選択肢なのです。

ホワイトな中小企業の探し方

出典:www.pexels.com

ホワイトな中小企業は、どのように探したらよいのでしょうか。就職情報誌などで掲載されている人気企業ランキングなどでは、ホワイトな中小企業は入っていません。しかし、ネットの情報や就職情報誌の記事、書籍などで、よく探してみるよ、これから伸びそうなホワイトな中小企業に関する情報が掲載されています。 「日本の優良企業パーフェクトブック」や『就職四季報 優良・中堅企業版2018年版』などの書籍では、ランキング形式でホワイトな中小企業に関する情報が掲載されています。また、東洋経済オンラインやダイヤモンドオンラインなどのWEBサイトでもランキング形式でホワイトな中小企業の情報が見つかるのです。

中小企業と大企業の定義や違いを理解しよう

出典:www.pexels.com

ここまで、中小企業の定義や大企業の違いについて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。中小企業と大企業とは、いくつかの大きな違いがあるものです。また優良中小企業のランキングなどのホワイトな中小企業の探し方も紹介しました。単にやりたい仕事があるから、会社に入社するのではなく、いろいろ比較してみて考えることも必要なのです。