モチベーションの意味って?モチベーションの使い方や定義をまとめてみました

モチベーションは英語「motivation」をカタカナ表記にしたものです。motivationの意味は、「①やる気」、「②動機」などがあります。
それぞれ、英語での使われ方を見ていきましょう。

①やる気

Full of motivation.
やる気にあふれる。
He lacks motivation.
彼はやる気がない。

②動機

This campaign becomes the motivation to buy.
このキャンペーンは購入の動機になる。

この2つは日本語で使われているモチベーションの意味としても、基本的に合致していますね。

モチベーションの使い方(意味:やる気)

それでは、モチベーションの使い方を見ていきましょう。

例1(モチベーションの意味:やる気)

【例文】
今日は全くモチベーションが上がらない。

【解説】
このモチベーションは「①やる気」の意味で使われています。
モチベーションの部分を「①やる気」と置き換えると、「今日は全く”やる気”が上がらない。」と日本語的には少し変になりますが、これは、あまりによく使われているので正しい文として覚えておきましょう。

例2(モチベーションの意味:やる気)

【例文】
彼の態度が私たちのモチベーションを下げた。

【解説】
この例におけるモチベーションの意味は、「①やる気」ですね。例1の反対です。モチベーションは「上がる」、「下がる」として使うことができます。

例3(モチベーションの意味:やる気)

【例文】
モチベーションを維持する方法!

【解説】
この例におけるモチベーションの意味は、単純に「①やる気」として、理解できます。

例4(モチベーションの意味:やる気)

【例文】
彼のモチベーションを尊重する。

【解説】
この例におけるモチベーションの意味は、「①やる気」ですね。モチベーションは尊重されることもあるのですね。

モチベーションの使い方(意味:動機)

例1(モチベーションの意味:動機)

【例文】
やりがいと自分自身の成長が私の仕事に対するモチベーションだ。

【解説】
この例におけるモチベーションの意味は、「②動機」となります。

例2(モチベーションの意味:動機)

【例文】
この大学受験に対するモチベーションは何ですか!?

【解説】
この例におけるモチベーションの意味は、「②動機」ですね。「やる気を起こさせるもの」というように読み替えると理解しやすいです。

モチベーションとなるもの

よく聞かれる「あなたの仕事に対するモチベーションは何ですか!?」について見ていきましょう。まず、ここでのモチベーションの意味は「②動機」です。
それでは、仕事に対するモチベーションのランキングを見ていきましょう。

1.お金

やはり、「お金」は大事ですね。生きていくために必要ですし、「お金」がたくさんあれば、自分の可能性が広がります。「お金」に対して不自由がなくなるということを目標に掲げる人も多いです。

2.やりがい

「お金」が大事だと言っても、自分を押し殺してやりたくない仕事をずっと続けるのは不可能ですよね。仕事は人生の8割の時間を使うとも言われているので、「やりがい」というものは決してないがしろにはできないです。

3.人間関係

どんなに「お金」がもらえても、どんなに「やりがい」があっても、嫌いな人に囲まれながらの仕事はストレスフルですよね。逆にとても良い「人間関係」があれば、多少嫌な仕事であっても、ポジティブに進めることができます。仕事は「仕える事」。つまり人のために何かをする、人の役に立つことが、成り立ちだとも言われています。「人間関係」はそのためにとても重要な要素です。

4.使命感

もし、この仕事があなたしかできないとしたら、あなたはこの仕事に対してどう思うでしょうか!?きっと、誰にもできないなら自分がやらなくては!と思うはずです。人は自分の使命を認識したとき、通常よりも多くの力を発揮できると言われています。

5.成長の実感

仕事を一生懸命やったときに、前にできなかったことが簡単にできるようになった。今まで知らなかったことが、明確に整理された。など、成長を実感できることがあります。このようなときには、なんとも言えない充実感があります。これを仕事のモチベーションにする人も多いです。

モチベーションの意味って?モチベーションの使い方や定義をまとめてみましたの「まとめ」

いかがでしたでしょうか!?モチベーションの正しい使い方について理解できましたか!?
普段何気なく使っているモチベーションも、実はいくつかの意味を持っていたのですね。この記事かあなたのモチベーション(①やる気)管理を行うモチベーション(②動機)になれば幸いです。