転職するタイミングはいつがベストなのか?年齢別に徹底調査してみた。

転職市場は活性化しており紹介業(転職斡旋)の国内市場規模は約3,000億円です。また企業が人材を集める目的で使用している求人広告は約1兆円規模まで到達しております。

人材の確保は重要な経営課題として捉えている会社も増えており、供給する側よりも需要が高まっております。
業種や職種によって異なりますが相対的にみると転職する側が有利になっている状況が続いていると言えます。

転職する時期・季節の最適な時期は?

基本的には定常的に人材募集している会社がほとんどですが、企業の決算月(主として3月、4月、9月、10月)に新しい求人を募集するケースが多いです。

人事担当も会社全体の売上に対して各部門ごとに人材がどのくらい必要か、年間・四半期の目標をおくため会社全体で見直しをして目標設定する時期に求人強化するケースが多いようです。

20代前半の転職タイミングは?(年齢別)

転職の理由を整理して他の職種や業種にチャレンジ

入社して1年目〜3年目の新卒・第二新卒の枠に入る転職者の採用はいわゆるポテンシャル採用のケースが多いです。企業側からみるとなぜ入社間もない時期に転職を考えているか?その理由は重要視されます。

また、転職者の実務スキルはそこまで求めていない会社が多く、今後伸びる人材か採用できるレベルに至っているかで判断されます。転職理由にもよりますが、今の会社で自分のキャリアアップが見込めないか?
人事にも相談してみてはいかがでしょうか。

すぐ転職する可能性のある人材としてみなされると採用側はリスクと捉えます。

また、転職回数は少ない方がきれいな履歴書として好感を持たれますので今の会社で継続しても求めるものが得られるのであれば継続することもよいでしょう。

転職するのであれば実務スキル<ポテンシャルでみられるので思い切って別の職種や業種にチャレンジすることも検討してみてはいかがでしょうか。

20代後半の転職タイミングは?(年齢別)

転職市場においてもっとも需要が高い

社会人歴4年〜6年前後の人材ニーズは非常に高く特に企業側のオファーが多いです。

理由としては、会社の組織を理解して、即戦力として実務スキルもついている点と企業側が採用する際に気にする年収の面も採用の障壁になりにくいため積極的に採用するケースが多いです。企業側からみると将来を見越して採用をしているため、需要は高いものの採用レベルも上げているのが実情です。

転職前に抑えるポイントをチェック

・これまで社会人としてどんな仕事をして実績をあげてきたか
・3-5年後、転職希望の会社ではどんな仕事をしてどうなりたいか
・性格や仕事への取り組む姿勢が会社とマッチしているか

需要はあるので、転職理由を整理できればタイミングを見計らわなくても問題ないと思います。注意点としては、辞める側への社内調整と時期です。

現職の人事担当も辞めてほしいと思わないため、辞める理由と目的を伝え、引き継ぎを考慮して前もって辞職することは伝えましょう。
今の会社に迷惑をかけてしまうと結果として他の会社の人事にもつながることがございます。
ソーシャル系のサービスで人がつながる時代ですので引き際も責任をもって対応しましょう。

30代後半の転職タイミングは?(年齢別)

タイミングは遅くない!以前と比べて各企業が積極的に採用する世代

以前と比較すると30代の採用は積極的になってきています。
転職者の採用は基本的に20代!と若手中心に積極採用する会社が多いのは事実ですが、ミドル層の採用強化を行っている企業も増えています。

エンジャパンの調査を参照いたしますと、30代以上の採用を積極的に行う考えの企業が8割以上もあるという調査結果も出ています。

年齢ではなく会社にとって即戦力になるかが重要

キャリアとしてはある程度プロフェッショナルの領域に入るため、仕事のスキルやマネジメント経験、会社にもたらした実績など、業績中心に見られることが多くなってきます。

年収もある程度のラインまで求める年齢になりますので即戦力として使えるか使えないか、採用側も慎重になるため転職のし易さでいうと20代よりも厳しくなるケースがあります。

そもそも何を目的で転職したいのか、転職先の会社ではどんなバリューを発揮できるのか、今一度整理してみてください。

まとめ

転職のタイミングは年代によって異なることがわかりましたね。

企業側の採用強化時期は期に変わり目が多いようですが、転職する時期は転職を考えている方自身の状況にもよりますので改めて見直してみてください。

また、転職することで何を得たいのか、今の会社でも得られることもありますので今の会社でできることの整理、転職することで想定されるメリットを明確にして自分が一番ベストなタイミングで転職をしましょう。