【andriod/プログラミングの入門!】アプリを作りたい人が知るべきこと

・インターネット接続環境 ・プログラミングができるパソコン ・開発用のソフトウェア ・Javaプログラミングの知識

まずはJavaプログラミングができる開発環境を整えよう

Androidアプリを作成するためにはまず、Javaプログラミングができる開発環境を整える必要があります。 Javaプログラミングに必要なものについてご紹介します。

インターネット接続環境

Androidアプリを作るために必要なアプリケーションはインターネット上に公開されています。 アプリケーションの更新も頻繁にありますので、常時接続のインターネット回線があったほうが効率的にAndroidアプリのプログラミングをすることができます。

Androidアプリを開発するための必要なPCについて

Androidアプリの開発環境であるAndroid Studioを動かすためには最低でも以下の条件を満たしたPCを用意する必要があります。 プログラミングをする前に自分の持っているPCが動作要件を満たしているか確認してみてください。 [Windows] Microsoft® Windows® 7/8/10(32 ビットまたは 64 ビット) 3 GB 以上の RAM、8 GB を推奨、さらに Android エミュレータ用に 1 GB 2 GB 以上の空きディスク スペース、4 GB 以上を推奨 1280 x 800 以上の画面解像度 [Mac] Mac® OS X® 10.10(Yosemite) 以降、10.12(macOS Sierra)まで 3 GB 以上の RAM、8 GB を推奨、さらに Android エミュレータ用に 1 GB 2 GB 以上の空きディスク スペース、 4 GB 以上を推奨 1280 x 800 以上の画面解像度

Android Studio

Androidアプリを作るための用意された公式の開発環境です。 プログラミング環境やAndroidスマートフォンやタブレットのエミュレータ(疑似環境)など、アプリ開発をサポートする多くの機能が用意されています。 Google社公式の開発環境で、公式サイトから無料でダウンロードして使うことが出来ます。 ダウンロードは以下のサイトからできます。

Javaプログラミングに必須のJava Development Kit (JDK)

Android Studioを使用してプログラミングするためにはJDKが必要になります。 JDKはJavaの開発者向けに色々なツールが入っているJavaプログラミングの元になるキットです。 AndroidアプリはJavaで作られているため、こうしたキットが必要になります。

$part->part_title

出典:www.oracle.com

Androidアプリを作るためのプログラミング言語 Javaについて

AndroidアプリはJavaというプログラミング言語で作られています。 そのためAndroidアプリを作ろうとすると、Javaのプログラミング知識が必須になります。 Javaについては書籍やオンラインか通学のスクールで学ぶこともできますが、今では無料で学習できるサイトなども充実しており、お金をかけずにJavaを学習することができます。

Paizaラーニング(無料)

1つあたり3分程度のレッスンで、Javaプログラミングの基本を学べます。 またハンズオンクイズも用意されており、自分のスキルを6段階で評価してくれます。 一般にCランク以上で基礎的な知識があると見なされるため、自分の実力がどの程度なのか計る目安になります。

Java初心者入門講座(無料)

Javaの環境設定から本格的なプログラミングまでをサンプルプログラムを使いながら丁寧に解説してくれます。

マンガで分かる Java入門講座(無料)

Javaの知識を基礎から順を追ってマンガで解説しています。 マンガで解説されているだけに、マンガ好きな人には取っつきやすい内容となっており、楽しみながらプログラミングについて学ぶことが出来ます。

ドットインストール(一部有料)

有名なプログラミング学習サイトです。 1レッスンあたり大体3分程度でテンポ良くプログラミングを学習することができます。 内容も入門から中、上級者向けとそろっておりきちんと学びたい方におすすめです。 ただしJavaに関しては有料となっており、プレミアム会員(月額980円)になる必要があります。

Progate(一部有料)

初心者向けにプログラミングの学習ができる無料サイトです。 スライドを使って丁寧に解説されており、初心者にはお勧めのサイトです。 またPaizaのように直接コードをブラウザに書き込むことができるのでブラウザが開ける環境であればどこでも学習が出来ます。

Javaプログラミングで困った時に頼りになるサイト

Androidのアプリ開発をしていると壁にぶつかることも少なくありません。 どうしてもわからないことがあってモヤモヤしていると、アプリを開発しようという意欲まで失われてしまいます。 疑問点はよくわかっている人に遠慮無く聞いてしまいましょう。

Teratail(無料)

プログラミングをするとどうしても解決できない問題や疑問ができたりすることが必ずあります。 そうした問題や疑問について気軽に質問ができるサイトです。 回答率は91%以上とほとんどの質問に回答があります。 自分では正しいと思っているのになぜか思い通りに動かないということが最初のうちは良く発生します。 自分で調べてもわからない。そうした時はソースコードを貼り付けて質問すれば、経験者の方が回答してくれたりしますので自分一人でモヤモヤした気分を味合わずに済みます。

Qiita(無料)

Qiitaはプログラミング、インフラや環境構築にまつわる技術や知識を記録したり共有したりすることが出来るサイトです。 今疑問に思っていることが実は昔の誰かの疑問だったということも少なくありません。 そうした時にQiitaを検索すると答えが見つかるかもしれません。

完成したAndroidアプリの公開

アプリ開発が完了したら早速Google Play公式サイトにアプリを公開しましょう。 登録には$25ドル必要になりますが、一旦登録すればiOSのアプリ審査のように長い間待たされることもなく、アプリ公開まで24時間程度のスピーディーな審査でGoogle Playに公開することができます。

$part->part_title

Google Playのデベロッパー登録サイト

出典:play.google.com

まとめ

Androidアプリを作成するには、まずAndroidアプリの開発環境整えること。 そしてアプリを作るためのJavaの知識が必要になります。 また、開発している中で起こったトラブルや疑問を素早く解決していくことも大切です。 最近は無料のサイトが増えて学習がしやすくなっています。 無料サイトをうまく使って、良いAndroidアプリを世に生み出しましょう。