【30代の平均年収の前半と後半】業界別・男女に分けて年収の手取りを徹底調査

30代前半後半と男女別の平均年収

まずは、30代前半後半と男女別の平均年収から調査しました。 30代前半全体:397万円 30代前半男性:451万円 30代前半女性:307万円 30代後半全体:432万円 30代後半男性:510万円 30代後半女性:299万円 国税庁が公表している、平成27年分民間給与実態統計調査より引用しました。

やはり男性は役職がつくことで大きく年収も上がっていきますが、女性の場合は年齢による平均年収の差はあまりありません。 女性の場合は結婚などで退職したり、結婚後も仕事を続けたとしても子供ができたり、仕事と家庭の両立が壁となり、昇進が難しかったり、役職がつきにくいというのが現状です。

30代前半後半と男女別のおおよその年間手取り

上記の平均年収からおおよその年間の手取りを予測してみました。税金などは個々で差がありますので、あくまでも参考の数値として考えてください。 月収については、おおよその年間手取りを単純に12ヶ月で割ったものです。賞与などは計算していません。 30代前半全体:約305万円(月収約25.4万円) 30代前半男性:約347万円(月収約28.9万円) 30代前半女性:約236万円(月収約19.6万円) 30代後半全体:約332万円(月収約27.6万円) 30代後半男性:約392万円(月収約32.6万円) 30代後半女性:約230万円(月収約19.1万円)

30代の業界別の平均年収と手取り

続いて、業界別の平均年収を、30代前半と後半に分けて調査しました。 年間手取りについては、おおよその予測となります。 建設業 30代前半:438.4万円(年間手取り約337万円) 30代後半:444.2万円(年間手取り約342万円) 製造業 30代前半:447.9万円(年間手取り約344万円) 30代後半:480.3万円(年間手取り約369万円) 卸売業、小売業 30代前半:352.3万円(年間手取り約271万円) 30代後半:385.2万円(年間手取り約296万円) 宿泊業、飲食サービス業 30代前半:282.3万円(年間手取り約217万円) 30代後半:293.8万円(年間手取り約226万円) 金融業、保険業 30代前半:562.3万円(年間手取り約432万円) 30代後半:638.3万円(年間手取り約491万円) 不動産業、物品賃貸業 30代前半:438.3万円(年間手取り約337万円) 30代後半:500.0万円(年間手取り約385万円) 運輸業、郵便業 30代前半:410.1万円(年間手取り約315万円) 30代後半:436.3万円(年間手取り約336万円) 電気・ガス・熱供給・水道業 30代前半:576.8万円(年間手取り約444万円) 30代後半:624.5万円(年間手取り約480万円) 情報通信業 30代前半:475.8万円(年間手取り約366万円) 30代後半:564.9万円(年間手取り約434万円) 学術研究、専門・技術サービス業、教育、学習支援業 30代前半:425.7万円(年間手取り約327万円) 30代後半:482.2万円(年間手取り約371万円) 医療、福祉 30代前半:351.4万円(年間手取り約270万円) 30代後半:376.9万円(年間手取り約290万円) 複合サービス事業 30代前半:377.4万円(年間手取り約290万円) 30代後半:427.2万円(年間手取り約328万円) サービス業 30代前半:345.9万円(年間手取り約266万円) 30代後半:385.2万円(年間手取り約296万円) 農林水産・鉱業 30代前半:342.7万円(年間手取り約263万円) 30代後半:347.0万円(年間手取り約267万円) 国税庁が公表している、平成27年分民間給与実態統計調査より引用しました。

業種によっての差も意外に大きいことがわかりました。 一番平均年収が高い業種が金融業、保険業で、一番平均年収が低い業種が宿泊業、飲食サービス業という結果となりました。 宿泊業、飲食サービス業の30代後半と金融業、保険業の30代後半の平均年収では、344.5万円もの差があります。 手取り月収に換算すると約22万円くらいの差がありそうです。

主要都市別(東京、大阪、福岡)平均年収

東京 30代前半:527.1万円 30代後半:602.9万円 大阪 30代前半:469.9万円 30代後半:520.0万円 福岡 30代前半:404.3万円 30代後半:439.9万円 ※企業規模計10人以上 総務省統計局 平成28年賃金構造基本統計調査より算出しました。

やはり東京の平均年収は高いですね。 東京は基本的に物価が高いので、田舎と比較すると生活するためのお金が多く必要です。 また、東京には大企業が多く集まっており、人口も多いです。 人口が多いということは利用者も多く、売上も大きくなり利益も大きくなります。 東京では企業数も多く、求人も多いです。 競争率が高いため、給料を高く設定することで人材を確保しています。 このような理由などで東京の平均年収は高くなっていると考えられます。

30代男性の環境

30代前半は若く体力もあり、仕事のノウハウも理解して個人的な結果も出てくる年代なので、企業にとっては中心的な存在といっても良いでしょう。 次のステップとして、チームリーダーや主任などとして管理的な仕事を任されることが多くなってきます。 ここで管理者としてしっかりと結果を出すことで、30代後半の昇進も見えてくるでしょう。 ただ、30代は転職するという選択肢も出てきます。転職を有利に進められるギリギリの年代なので、ここで踏ん張るか、より良い条件で転職して年収アップを目指すか、重要な選択をする人も多いでしょう。 昇進が見えてこないという人は、早めに転職も視野に入れておくと良いでしょう。 30代後半となると、もうひとつ上にステップアップできるチャンスの年代です。 前半での管理者として結果を残し、いよいよ係長や課長という役職が見えてくる頃でしょう。 自分の結果だけではなく、部下やチームの能力を高めたり、指導、教育という業務も増えてきます。 知識や技術はしっかり身についているため、サブ的な経験や知識を得ることで幅ができ、40代、50代にしっかり繋げていくことができるでしょう。 また、特にエンジニア系の職種に多いようですが、管理職ではなく専門職というキャリアも選択できます。 管理職として役職がついた方が年収アップは見込めますが、専門的な能力が高ければ、専門職でも管理職と同等の年収が可能な企業もあるようです。

30代女性の環境

30代前半は男性だけでなく女性にとっても転機を迎える年代です。順調にキャリアを積んで、管理的な立場を任されることもあります。 しかし、冒頭でも説明した通り、女性の場合は結婚などで退職したり、結婚後も仕事を続けたとしても子供ができたり、仕事と家庭の両立が壁となり、昇進が難しかったり、役職がつきにくいというのが現状です。 また、女性側としても昇進を望んでいないという考えの人も少なくないようです。 出産をして育休後に復帰した場合、復帰後は業務内容も変わってしまい、思うように仕事ができないという悩みを抱えている人も多いです。育休前に役職がついていたとしても、復帰後には降格して年収ダウンということもあります。 一方、20代で出産し、早めに復帰しキャリアアップを目指すという考え方もあるようです。企業側も女性に職場復帰させたいという狙いから、20代の早めに役職を与えモチベーションを上げることで、出産、育休を経て、30代前半には職場復帰してもらうという動きもあります。 復帰後、30代後半にはしっかりと管理職につきバリバリ仕事をするという女性も出てきています。

まとめ

30代の平均年収を前半、後半、男女別、業界別など徹底調査しました。 みなさんの現在の年収と比較してみて、いかがでしたでしょうか。 30代は、仕事はもちろんプライベートでも転機を迎えることが多い年代です。 しっかりと自分の現状の立ち位置を認識し、40代、50代を見据えたキャリアプランを立てていってくださいね。