Javaフレームワークのトレンドとは?フレームワークを10種を比較してみた!

出典:www.pexels.com

Javaフレームワークの10選 そもそもJavaとは何者なのか。そこから説明したいです。 Javaとは、当時、スパークチップを開発した旧サンマイクロシステムズ(現オラクル社)の開発したインターネット用プログラム言語で有り、その型は無数に存在してしまっています。 そして、その用途は、パソコンの機種に関係なく利用でき、動画、音声データのプログラムとして周知されているものです。特にJava仮想マシンというソフトウェア上であれば実行できるのが特徴であります。

Javaとフレームワークの関係”フレームワークの立場とその役割”

出典:www.pexels.com

この言語は、インターネットの普及にともない、ウェブブラウザーで動作する、Javaアプレットというトレンドになったアプリケーションが広く利用されています。 Javaアプレットとは、インターネットなどのコンピューターネットワークを通じて、ウェブブラウザーで実行されるプログラムの事です。 その架け橋となるのがフレームワークというものとして存在しています。

ネット環境におけるJavaフレームワークの必要性”トレンドであるJavaがなければWebは成り立たなかった”

出典:www.pexels.com

個々のアプリケーションにより、定説的な決まり事を大量に各種に設定していくのは非常に骨の折れる作業で、あまり効率的ではありません。 そのアプリケーションを作成するための土台としてフレームワークが存在しているのです。 今現在、Web上にてトレンドとなっているこのJavaには各種類があります。 では、実際にその比較と共にその種類の説明に入りたいと思います。 なお、以下に記しているのはあくまでも一覧として記述しておりますので、Javaの入門としまして、ご参考ください。

Javaフレームワークの昨今”Javaフレームワークがなぜ、この様に多様化したのか”各種類を見てみましょう

主要のフレームワーク・お薦めのフレームワークまで一覧で纏めました。

1)Java EE(Java Platform Enterprise Edition)

概要としましては、コミュニティ主導のエンタープライズソフトウェアの標準とされています。 このJava EEは、Java Communiti Processを使って開発されており、オープンソースとし、その中身を公開されているものです。そのため、アプリケーションの移植性が強化され、開発者の生産性が向上していると言われています。 何かと比較されがちなこのJava EEの特徴としましては、Java標準仕様のフレームワークで、Javaの各種APIなど、企業システムの構築に必要な機能がまとめて提供されています。標準仕様と言う事であり、その分、使いにくい難しいイメージを持つのかも知れませんが、ここ最近では、使いやすさや生産性の向上が見られています。 スタンダードなJavaによる安定感のあるWebアプリケーション開発を行いたいのであれば、Java EEで開発するのが良いのかもしれません。 そして、このフレームワークを比較対象として他のフレームワークが作成されているようです。また、このフレームワークを入門用とするのも良いでしょう。フレームワークの一覧に必ずと言って記述されるほど認可率が高いです。

2)SAStruts

概要としましては、Strutsを使った開発では設定ファイルの設定が煩雑で有り、SAStrutsでは、その設定ファイルの自動生成機能により、設定作業の時間が大幅に軽減されるという事にあります。 特徴としましては、Webアプリケーションを構成する各ファイルの雛形、コードの記述ルールなどの集合体で、一定の規約に従ってJavaのソースコードを記述すると、Strutsの設定ファイルなどを自動で生成してくれる。といったものです。 ほかにも、サーバの再起動などを行うことなく、実行中のサーバに変更を反映させると言った、ネット環境における重たい出来事をなく、更新させるといった事をトレンドにしたいという趣向も見受けられます。

3)Play Framework

概要としましては、これは、GUillaume Bortによって開発されたWebアプリケーションフレームワークです。 Javaだけでなく、ScalaというJavaと親和性の高い言語でも使用する事が出来ます。 そして、このフレームワークは生産性に注目し、RESTfulアーキテクチャを目指して開発されました。 RESTfulアーキテクチャとは、Webの設計思想であるRESTの制約に従うことで、より良くなるもの。とあり、また、リソースの状態、時間や条件とともに変化する可能性がある、”リソース”の時間や条件が変化しても不変であり、なるべく永続的にアクセスできるようにすべきものである。と、されています。 特徴としましては、軽量さと高い生産性となっています。JavaのWebアプリケーション標準仕様であるJ2EEに準拠しておらず、ServletやJSPを使わずに新しいアプローチでのアプリケーション構築を行う事が出来ます。 また、動作時に使用するマシンスペックもそれほど必要とせず、ハードウェアの負担を抑えたシステムの構築が出来るのも特徴です。

4)Apache Wicked

概要としましては、2005年に開発されたWebアプリケーションフレームワークです。 Wicketとは、小さい門、窓口などの意味を持ちます。 特徴としましては、他のフレームワークは、出来るだけソースコードを押さえようとしようとして、設定ファイルなどに依存するものでありますが、ApachWicketではそのほとんどをJavaで記述するという特徴があります。 Webアプリケーションのフレームワークとしましては、たいていの場合、Javaだけではなく、トレンドとなった、Servletなどの設定ファイルなど多くの設定が必要になるケースが多いですが、ApachWicketでは、基本的にはJavaさえ知っていれば、システム構築が出来ます。 シンプルにJavaによる開発をしたい場合、また、基本のみで構成されるために、入門者にもおすすめしたいです。

5)Dropwizard

概要としましては、アメリカのSNSであるyammerのWebサービス提供のために作られたものです。 特徴としましては、サーブレットコンテナと言われる「jetty」が組み込まれているために、tomcatなどのアプリケーションサーバーを準備する必要がありません。サーブレットコンテナとは、Jave Servletというものに指示を出す中間地点の仕事をするものです。ユーザと、Java Servletとの間に入って仕事の受け渡しをしてもらえるものです。実際に仕事をするJava Servletを動かすソフトだと思ってください。 このサーブレットコンテナを標準で搭載されているために、それを準備する必要もなく、直接的にJava Servletを動かします。 また、大抵のWebシステムでは動作時に複数のJARファイルというJavaの圧縮ファイルが必要になりますが、Dropwizardでは1つのJARファイルだけで動作することができます。(JARとは、Java Archveのことでありまして、コンパイルされた複数のJavaバイトコード、およびそれが使用する画像などのリソースを一つにまとめ、圧縮されたファイルであり、また、それを出力するツールのことです。)

6)ZK

概要としましては、ZKはブラウザとWebサーバの非同期通信を行うAjaxを取り入れた、AjaxWebアプリケーションフレームワークです。 特徴としましては、もともと、MVCモデルで言うところのViewの部分である「プレゼンテーション層」の開発効率を高める事に特化したフレームワークです。 ユーザーインターフェースが豊富で、画面で発生したボタンクリックなどのイベントはAjaxで管理されています。 このフレームワークを用いた開発の際にはJavaScriptの知識は必要となりますが、Ajaxを多用するシステムを構築するなら、ZKは有力な候補の一つでしょう。

7)Ninja web framework

概要としましては、2012年に登場した。フルスタック型のWebマイクロフレームワークです。 フルスタックとは、全部入り、全部乗せの意味ですが、オールインワンとの違いは、基礎の部分にすべてを後から指定し、載せることができるのが、トレンドであるフルスタックです。また、オールインワンとは、最初からすべてが乗っていることです。また、マイクロフレームワークとは、あらゆる開発に対応できるとは限りませんが、軽量かつ迅速な開発が可能なフレームワークのことで、Ninja web frameworkもその一つで、短いサイクルでのシステム開発を行うことが可能とあります。 特徴としましては、Webアプリケーションを手軽に作成することができます。また、シンプルなプログラミングモデルも特徴としてあげられ、入門用としても適しています。

8)Spark Framework

概要としましては、これもNinjaと同じく、マイクロフレームワークです。 マイクロフレームワークでは非常に人気が高いと出ているそうです。 特徴としましては、シンプルなプログラミングや迅速なシステム開発を行うことができると言う矛盾を可能にするフレームワークです。 膨大なアノテーションの記述や設定ファイルが不要な構成となっており、開発者の負担は大幅に軽減されていると言われています。 必要最低限のものしかないので、大型のWebシステムには不向きだと言われていますが、小中型ならば、能力を発揮すると言われています。

9)Spring Framework

概要としましては、日本語でいうと、「依存性の注入」です。 それは、Javaを使ったアプリ開発は大規模なものが多く、途中で修正や変更などが入ることも多いのです。 以前までは変更に弱く、変更が入るたびにかなりの時間を費やす必要がありました。 しかし、依存性のあるプログラムは外部から取り入れるようになっているので、1つ1つのプログラムを独立させやすくなりました。 そのため、変更する場合も最低限の変更で済むので開発が楽になりました。 特徴としましては、テストが簡単、と言えるでしょう。 「spring MVC Test」なる、専用テストソフトもあります。 このテストソフトは、一コードごとのデバッグではなく、一連の処理が流れるのかという結合テストを行うものです。 そして、拡張性が高いと言うのも特徴の一つです。 フレームワークの基本的な機能の大部分が「インターフェース」として提供されています。その為、必要な機能だけを外部から使うことができるので、無駄がありません。また必要となる機能がある場合は、あとから簡単に追加することができます。 つまり、オブジェクト指向の基本原則を徹底して、Javaを最大限に生かすことができるように設計されています。

10)Junit

概要としましては、Javaで開発されたプログラムの単体テスト(ユニットテスト)を自動化するためのフレームワークです。 なぜ、このようなフレームワークが登場したかといいますと、単体テストを自動化できるメリットがあるとすらば、実装コードの動作を確認出来きるがそのコードが仕様を満たしているのかという保証がないというデメリットが存在するからです。 特徴としましては、問題点はフレームワークが多くなりすぎてしまったからだということです。 また、それは同時にそれほどJavaを必要としている人たちが多くいることの実証でもあり、その者たちを救済したいということからできたものとも推測されます。

Javaフレームワークのまとめ

出典:www.pexels.com

各Javaのフレームワークのについては用途や目的によって使い分けることが重要です。 また、所属している企業や案件によっても異なります。 Javaの言語をインプットしていくことももちろん重要ですが、あくまでも開発する手段の一つとして捉えることと、複数のJavaフレームワークが存在しますので使いやすいものなど主要のフレームワークを利用してみて下さい。 学習する上で参考にしてみて下さい。