Webデザイナーが採用されるときに重視される5つの資質

近年、Webデザイナーを採用したいと考える企業が増えています。

筆者は採用を担当していた当時、Webデザイナーの採用をかけたことはないのですが、Webエンジニアの採用観点を応用して、Webデザイナーの採用をするなら重視するであろうポイントを5つ挙げていきます。

時間を作れるWebデザイナー

デザインには時間がかかるということが理解できてくると、その時間を生み出すのが上手なデザイナーが優秀であることがわかってきます。

そういう意味で時間をしっかりと作り、限られた時間の中で質の高い仕事をしてくれるWebデザイナーは信頼が置けます。

そのために瑣末な業務などはテキパキとこなせる仕事の速さなども重視したいポイントに含まれてきます。

存在感のあるWebデザイナー

デザインに関わる業務で困ったときに頼りになる存在はありがたいものです。

ふとしたときに頭の片隅に思い浮かべてもらえるか否か、そうした存在感があるWebデザイナーは採用に近づきます。

そのためには普段からのアウトプットが重要で、ブログやソーシャルメディアを活用して情報発信をしていると役立ちます。

特徴がはっきりしているWebデザイナー

存在感があることと重なってきますが、得意分野がはっきりしていると採用のイメージがし易いです。

採用する側としては、担当してもらいたい業務のイメージがあり、それが応募者の持つスキルセットや経験とマッチするかを見ています。

特徴をはっきりさせておくことは、ミスマッチを防ぐことにもなり採用する側にも、採用される側にもメリットがあることを理解しましょう。

前後工程への理解があるWebデザイナー

全体を俯瞰できる人というのは、どの分野のどんな職種においても重宝されます。経験を積まないとなかなか鍛えられないのですが、少なくとも自分の担当する業務の前後工程の仕事だけでも理解していれば、自分の担当する業務の中でどのように動けば効率が良いか?全体最適に近づけるか?が考えられるのではないでしょうか。

サッカーに喩えると、自分がボールを持っていないときの動きが重要で、いわゆる「水を運ぶ選手」の動きができると採用に近づくのではないでしょうか。

聞き上手なWebデザイナー

これが最も重要でデザイナー業務の根幹にあたるとも思われますが、「話を聞くこと」以上に重要なポイントはありません。

クライアントだけでなく、チームメンバーから話を聞き、最適なアウトプットを生み出していく。それがWebデザイナーに求められる仕事です。

さて、ここまでに様々な観点を挙げてきましたが、採用する側も採用される側も、重要なポイントとしては「一緒に働きたいと思えるか」どうかに尽きるのではないでしょうか。