フリーランスクリエイターが食いっぱぐれる!?

楽して儲けることができると考えている人

上司がいないので怒られない、自由に働く時間を決められるということがフリーランスの良い点である反面仕事を教えてくれる人がいない、好きなだけサボれるというのがフリーランスの悪い点です。”上司がいない”、”出社しなくて良し”、”自由な時間に働ける” このような利点だけを見て、楽をしたいとだけ考えている人は食いっぱぐれてしまいます。フリーランスも他の働き方と同様、努力し続けることが必要なのです。

マーケティングについて無知な人

現在ではクリエイターの数が増えています。サービスや商品は需要に対して供給が少なければ値段は高くなり、逆に需用に対して供給が多ければ値段は安くなります。そのため、クリエイターの数が多い現在では製作物に対する価格が安くなっている傾向にあります。この状況でただ営業をするだけでは利益を多く得ることは難しいです。周りが安くしているからといってそれにあわせるのではただ身を削るだけになりますし、だからといってただ値段を高くするだけでは顧客を確保できません。ここで必要になってくるのがマーケティングについての知識です。当然、マーケティングについてプロになる必要はありませんが、フリーランスで多くの利益を得るためにはマーケティングについて少しは知る必要があるでしょう。

上記のようにフリーランスについて否定的なことを書いてきましたが、食いっぱぐれないようにするにはどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。

努力をし続けることです

どのような努力かというと・・・

1.自分のスキルを高める

クリエイターが増えている現在において、自分の腕を磨き続けることは必須です。どのような製作物であっても日々進化していっています。スキルを高めることを怠ってしまえば、時代の流れについていけず仕事が徐々になくなってしまいます。

2.マーケティングスキルを身につける

製作する能力だけでは利益に結びつきません。ガムシャラに営業をし仕事量をこなすだけではなくマーケティングについての知識をつけ働くことで効率よく稼ぐことができます。

3.ブランド力を高めていく

ブランドがつくとその商品の価格があがってきます。フリーランスで働く人も同様で、自分をブランディングしていくことでその仕事に対する価格があがっていきます。フリーランスで働く人に求められるのはパーソナルブランディングです。