【仕事を辞める人へ】みんなが仕事をやめたい理由ややるべきポイントを一挙公開

出典:www.pexels.com

仕事を辞めたい理由は様々です。 実際にみなさんはどんな理由で辞めたい思っているのでしょうか? 代表的な理由をみていきましょう。

給料・賞与・経済的な理由

給料が少ない。 給料が上がらない。 給料カットされた。 賞与が出ない。 残業代が出ない。 給料や労働条件が原因で辞めたいと思う人は多いです。とても大きな理由ですね。

人間関係

人間関係でのストレスで辞めたいと思う人も多いです。 給料が良くても、人間関係が悪いという理由で仕事を辞める人もいるほどです。 相性の問題もあるので、転職して環境を変えることで改善する可能性があります。

休日・労働時間

休日が少ない。 休日出勤が多い。 代休が取れない。 残業が多い。 拘束時間が長い。 過酷な労働条件が仕事を辞める理由になっています。

仕事内容

聞いていた仕事内容と違う。 部署異動で仕事内容が変わってしまった。 やりたい仕事ができなくなった。 仕事内容にやりがいを感じられない、好きになれないという理由で辞めたいと思うこともあります。

評価

正当な評価を受けていない。 同年代の評価とギャップがある。 昇進の基準が曖昧。 評価体制が整っていない会社や、結果に対して正当な評価をしていない職場もあり、仕事を辞める理由となっています。

経営理念・社風

ワンマン経営者に振り回されている。 社風や習慣に馴染めない。 新しいことに挑戦ができない。 入社してみて気付くことが原因で辞めたいと思うことも。 染み付いた社風はなかなか変えられないので、環境を変えたいという気持ちになるようです。

将来性

リストラが多い。 給料カットされた。 賞与がなくなった。 退職者が多い。 将来性に不安を抱える出来事が多く、退職を考える人もいます。

勤務地

通勤時間が長い。 転勤を命じられた。 家庭の事情で引越しをする。 勤務地が原因で退職する人もいます。転勤や異動はないという条件で入社したのに、蓋を開けてみたら転勤を命じられたなんてこともあります。

家庭の事情

親の看病。 介護のため。 家庭の事情で退職するケースもあります。 ですが、家庭の事情という理由は建て前で、実際は本当の理由が別にある場合も多いようです。

体調不良

過酷な労働環境で体調を崩した。 ストレスが原因でうつ病になった。 体調不良により、仕方なく仕事を続けることができなくなるケースもあります。

夢のために辞めたい・他にやりたいことができた

他にやりたい仕事ができた。 独立したい。 自分の夢のために辞めたい。 前向きな理由で辞める人もいます。この場合は自分の意思も固いと思うので、ストレートに伝えるケースも多いようです。

夢のために仕事を辞めるという理由はアリ?

出典:www.pexels.com

独立のために辞めたい。自分の夢のために辞めたい。という理由を会社に伝えるのは問題ないのでしょうか? やりたいことが明確にある場合は、隠さずにストレートに伝えた方が良いと思います。 ある程度の計画性やビジョンを伝えた方が納得してくれると思いますし、もしかしたら今後は取引先として関係を持つかもしれません。 まだ明確なビジョンができていない段階で仕事を辞めたい場合もあると思います。 そんな状態で上司に辞める理由を伝えても、詰めの甘さを見抜かれて引き止められるのがオチです。 ただ夢を語るだけにならないように、きちんと辞めた後の計画を練ってから退職理由を伝えましょう。

仕事を辞めるタイミング

出典:www.pexels.com

では実際に仕事を辞めると決意したとして、どのタイミングで辞めるのが正しいのでしょうか?

引き継ぎから逆算

仕事を辞めるとなると、自分の業務を後任に引き継ぐ必要があります。 現在進行中の案件もあるかと思います。 引き継ぎにどのくらいの日数がかかるのか、自分のスケジュールだけでなく、後任のスケジュールも確認して、引き継ぎ日数を割り出しましょう。 ダラダラと引き継いでいては、いつまでたっても辞めることはできません。 しっかと期日を設けてそこに向かって進めていきましょう。

迷惑はかかって当たり前

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、周りに迷惑がかからないように進めていきたいところです。 しかし現実問題として、少なからず迷惑はかかってしまうものです。 遅かれ早かれ退職をするのであれば、必要以上に気にすることなく、しっかりと準備を進めるべきです。 ただ、なるべく人間関係を乱したくもないので、フォローはきちんと行いましょう。

有給消化

自分の有給休暇の日数も確認しましょう。 有給休暇の消化が難しい会社もありますが、有給休暇は労働者に与えられた権利ですので、しっかりと会社と相談しましょう。 有給休暇の日数を考慮して、業務引き継ぎ日数を割り出してください。

賞与のタイミングの確認

賞与がある会社の場合、就業規則に賞与の規定が定められているはずです。 どの期間の業績を反映させたものがいつ支給されるか、という部分を確認しておきましょう。 業績評価期間中に退職の話をした場合、評価を下げられてしまい、賞与額が下がってしまうことが考えられます。 転職先との兼ね合いもありますが、可能であればしっかりと賞与をいただいた後に退職できるような段取りを組めるのがベストかと思います。

辞めるタイミングは辞めると決めた時

自分のやりたいことが明確に決まっていたり、独立をする場合は、すぐに辞めるのが良いかもしれません。 中途半端な気持ちのまま仕事を続けていても疲弊するだけですし、周りとのモチベーションの差ができてしまい、職場にいづらくなっていきます。

仕事を辞める理由をスマートに上司へ伝える方法は?

出典:www.pexels.com

切り出すタイミング

遅くても2〜3か月前に退職意思を伝えるのが一般的です。 会社で規定があるはずなので事前に確認しておきましょう。 また、会社によって繁忙期があると思うので、そういった時期はなるべく避けましょう。 ただ、転職先とのスケジュールもあるので、やむを得ない場合は、きちんと正直に事情を説明して辞める意思を伝えましょう。

ポジティブな伝え方を

一番の悩みどころでもある、辞める理由の伝え方です。 ポイントとしては、なるべく会社や他者のせいにするのではなく、個人の理由や希望で辞めるという伝え方をした方が良いです。 ポジティブな理由だと、上司も断ることは難しくなります。 実際、様々な理由が絡み合って辞めるという決断をすることもありますが、例えば本音が会社への不満など、ネガティブな理由なのであれば、伝えない方が良いと思います。 極力、円満退社を目指して進めていきましょう。

仕事を辞める時は円満退社を目指そう

出典:www.pexels.com

今勤めている会社や人と、今後も付き合いがある可能性はあります。 もしかしたら、次の職場の取引先になる可能性もあります。 人脈として繋がりを持っておくことは、自分の将来にとってプラスになります。 なるべく角が立たないように、最後まで慎重に退職準備を進めていきましょう。

仕事を辞めると決めたらやるべきこと

出典:www.pexels.com

では、仕事を辞めると決まった後にやるべきことをピックアップしていきます。

意思表示

上記の内容と重複しますが、自分の中で辞める意思が固まったら意思表示をしましょう。

退職手続き

退職届、退職願を提出しましょう。 こちらも社内規定に従って手続きを行いましょう。 また、退職時に受け取るものは以下の通りです。 ・離職票 ・雇用保険被保険者証 ・源泉徴収票 ・年金手帳

会社の所有物の確認

会社の所有物を仕事で使用している場合もあるので、しっかりと把握しておき、退職時にきちんと返却できるように準備しておきましょう。

有給消化

上記でお伝えした通り、有給休暇の確認と取得を会社に相談しましょう。

貯金額の確認

転職先が決まっている場合は問題なさそうですが、もしまだ転職先が決まっていない場合や、独立を予定している場合は、現在の貯金額の確認も忘れずにしてください。 転職を考えている場合は、少なくとも3か月くらいは無収入でも生活できるくらいの貯金はキープしておきましょう。

クレジットカードを作っておく

転職先が決まっていない場合、退職することで無職となってしまいます。 無職になるとクレジットカードの審査に通りづらくなります。 万が一の時のためにもクレジットカードは発行しておいた方が良いでしょう。

転職サイトへの登録

転職サイトついては、仕事を辞めると決める前から登録しているとは思います。 もし、転職先がまだ決まっていない方は早めに登録しておくことをおすすめします。 常に情報収集はしておきましょう。

まとめ

出典:www.pexels.com

仕事を辞める理由と、やるべきことをピックアップしてみました。 ネガティブな理由で仕事を辞めることもあると思いますが、ポジティブな理由に変換してうまく伝えることができれば、スムーズに進んでいくのではないでしょうか。 やるべきことも、基本的には円満退社を目指して慎重に進めていきましょう。