就職の面接対応を伝授!自己紹介や面接のマナーをセルフチェック!

出典:www.pexels.com

まずは就職面接においての基本的なマナーから説明していきます。

服装

入室して、パッと見た雰囲気は第一印象として大きく影響します。 服装は、清潔で誠実な印象を残せるように心がけましょう。 アパレル系などの面接は私服などもあるかと思いますが、今回はスーツでの面接を想定して説明していきます。 スーツ: 黒、紺、グレーで、無地か、あまり目立たない柄物。 ワイシャツ: 白で、シワが無いようにきちんとアイロンがけをするか、クリーニングに出しておく。 ネクタイ: シンプルなものが無難。色は派手すぎないものにする。 ベルト: シンプルなもので、革靴と色を合わせる。 靴下: 黒かスーツと同じ色にする。靴下だけ浮かないように注意。 靴: 革靴でシンプルなものを着用する。しっかり磨き、クリームを塗ってツヤを出しておくようにする。 時計: 必ず着用する。黒革ベルトか、メタルベルトのビジネス用のもので、カジュアルなタイプは避ける。

身だしなみ

服装以外の身だしなみのマナーです。前日までにできることは早めに取り組んでおきましょう。 髪型: 寝ぐせはないか。 整髪料は付け過ぎていないか。 もみあげ、襟足は伸び過ぎていないか。 顔: ヒゲは剃ったか。 眉毛を不自然に細くしていないか。 爪: 短く切っているか。 におい・口臭: 煙草のにおいはついていないか。前日にニンニクなどにおいの強い物を食べていないか。

時間厳守

約束の時間を守るということは、社会人として最低限のマナーです。 面接会場には初めて訪問するケースが多いと思いますので、事前確認と時間に余裕を持った行動を心がけましょう。 交通機関の遅延など、やむを得ない理由がある場合は、速やかに報告するようにしましょう。 事前に採用担当者の連絡先を聞いておくのも忘れないようにしましょう。

持ち物

ペンを持っていなかったり、メモ帳を持っていないのはNGです。 持ち物についても、面接官は社会人としてのマナーを見ています。 カバン: A4サイズの書類が入るビジネスバッグ。なるべく落ち着いた色。地面に置いた時に倒れないような底がしっかりしたものが無難。 筆記用具: ボールペン、シャーペン、消しゴムなど必要最低限のものは必ず携帯する。 スケジュール帳: スケジュール管理やメモをとれるもの。 履歴書と写真: 履歴書の持参を指示してくる企業もある。白紙のものも含めて、履歴書用の写真と合わせて余分に用意しておく。 印鑑: 交通費の支給時に領収書に印鑑を求められることも。 ハンカチ: トイレで面接官とはち合わせることも。社会人のマナーとして必ず携帯する。

就職面接のシーン別マナー

出典:www.pexels.com

会場到着から受付、入室、面接中、面接終了後までシーン別のマナーを説明していきます。

会場到着

どこで見られているかわかりません。最寄りの駅からしっかりと面接モードでの行動を心がけましょう。

受付

就職活動中の学生は学校名と名前、用件と採用担当者の名前を伝えましょう。 時間ギリギリに訪問するのはNGです。逆に早すぎるのも良くないので、10〜15分前に到着するようにしましょう。 受付の方が待機室まで案内してくれた場合は、きちんとお礼を伝えるようにしてください。

待機

自分の前の面接が長引くこともあります。携帯電話やスマホをいじるのはマナー違反です。 緊張するとは思いますが、なるべくリラックスして心の余裕を持って待機しましょう。 社内の方とすれ違うことも想定されますが、軽い挨拶か会釈をしておきましょう。 派手にノートを広げて、自己紹介や志望動機の確認をするのはおすすめしません。 心を落ち着けて穏やかな気持ちで面接に臨みましょう。

入室

入室する際は3回ノックをして、「お入りください」「どうぞ」など返事があったら「失礼します」と言って入室しましょう。 入室後は、一旦ドアの方を向いゆっくりと閉めてください。面接官の方を向いて、後ろ手にドアを閉めるのはやめましょう。 静かにドアを閉めたら、面接官に向かってもう一度「失礼します」と一礼しましょう。 椅子の左側に立ち、「よろしくお願いします」と挨拶をしましょう。 面接官に「どうぞ」と言われたら、「失礼します」と言い座りましょう。 背もたれには寄りかからず、やや浅めに腰掛け、背筋を伸ばしましょう。 男性の場合、手は軽く握り膝の上に置きましょう。 女性の場合、閉じた膝の中央に両手を軽く重ねて置きましょう。

面接中

緊張してしまいますが、面接官の目を見て質問に答えましょう。 表情も自然な笑顔を心がけましょう。

面接終了後

面接が終了したら、着席したまま「本日はお忙しいところありがとうございました」とお礼を伝えましょう。 椅子の左側に立ち、もう一度「ありがとうございました」と一礼しましょう。 ドアの手前で面接官の方を向き「失礼いたします」と一礼し退室しましょう。 また、どこで見られているかわからないので、家に帰るまで気を抜かずに行動しましょう。

就職面接の自己紹介について

出典:www.pexels.com

自己紹介と自己PRの違い

自己紹介というのは、あなたが誰であるのかを伝えることです。 具体的には、氏名、学校名や所属、経歴、趣味、特技などを伝えることです。 自己PRというのは、長所や魅力を伝え、相手に自分を売り込むことです。 あなたの長所が会社にとってプラスになるように、あなたを採用することでのメリットを感じてもらえるように伝えましょう。

自己紹介で伝えること

・出身校(学校名・学部・学科など)や所属 ・氏名 ・経歴 ・趣味 ・特技 主に上記のような内容を約1分で簡潔に伝えられるように練習しましょう。 あくまでも自己紹介です。自己PRにならないようにしましょう。 自己PRや志望動機で伝えたいことがある場合、自己紹介の中にきっかけを少しだけ含むと、その後の展開も綺麗に進めることができます。

第一印象に大きく関わる

自己紹介は面接の一番最初に聞かれる質問かと思います。面接官は自己紹介の話し方や表情であなたのキャラクターなどを見ており、第一印象に大きく関わってきます。 逆に、この自己紹介をしっかりとクリアできれば、後の質問に対してもスムーズに受け答えできるようになります。

自己紹介のコツ

自己紹介の後に、志望動機や自己PRという質問があるかと思います。 志望動機や自己PRに繋げやすい自己紹介をするのが、面接全体をうまく進めるコツではないでしょうか。 例えば営業職への応募の場合は営業職に関わる経歴を交えたり、販売職への応募の場合は過去のアルバイトの経験などを交えたり、応募する職種に合った自己紹介を考えると良いでしょう。 この内容を膨らませて自己PRに繋げていきましょう。

必ず声に出して練習する

ノートに書いてイメージするだけでは本番で失敗する可能性があります。 必ず声に出して、何分ぐらいかかるのか計算して練習しましょう。 自己紹介の時間は大体1分程度のことが多いです。簡潔に伝えたいことをまとめておきましょう。 最近はスマホなどで動画や音声録音が手軽にできますので、客観的に自分を見てみましょう。 もし可能であれば、自分以外の人にも見てもらい練習すると、自分では気付かなかった癖などを見つけることができるでしょう。

就職面接最後の「質問はありますか?」への対応

出典:www.pexels.com

就職面接の最後に必ず「質問はありますか?」という内容を聞かれます。 もちろん疑問に思っていることを聞く機会でもありますし、最後のアピールチャンスでもあります。

入社後を想定した質問でやる気を見せる

実際の仕事内容を掘り下げたり、今の自分に足りないことや事前に勉強しておいた方が入社後に役立つことなど質問すると、やる気をアピールできます。

求人内容や事前調査でわかることを聞くのはNG

調べればわかることを質問するのはNGです。事前調査をしていないと思われてしまいます。 逆質問は面接において必ず聞かれることなので、しっかりと考えておきましょう。

まとめ

出典:www.pexels.com

今回は就職面接における、マナー、自己紹介を中心に説明しました。 緊張するのは仕方のないことです。その緊張を少しでも減らすためには事前準備と事前調査が必要になります。 何度も練習して、自分の実力を発揮できるように頑張ってください。