【フリーランスとは?】フリーランサーってどんな仕事?徹底調査!

出典:www.pexels.com

フリーランスとは、特定の企業などに所属せずに、自分のスキルや技術、得意分野を活かし個人で仕事を請け負う働き方のことです。フリーランサーと呼ぶこともあります。 主に、パソコンやインターネットを駆使して仕事をする職種が多く、場所や時間に縛られず、どこでも仕事ができるという特徴があります。 特に資格があるわけでもなく、自分で「フリーランスです」「フリーランサーです」と名乗れば誰でもフリーランスになることができます。 一般的な分類としては、個人事業主や自由業に当たります。 今までは会社の看板やブランドで営業ができていた人も、フリーランサーになると自分一人の力で営業し信頼を得なければなりません。 信頼を獲得し、安定して案件を確保できると、報酬は全て自分に返ってくるので、収入がアップする人もいるでしょう。 しかし何か問題が発生した時も、責任は自分に全て返ってきます。 会社員の場合は、会社に守られているため、そこまで大きなダメージはありませんが、フリーランサーの場合は守ってくれるものがありません。

フリーランスで働く意味

出典:www.pexels.com

冒頭でも述べました通り、若者の働き方の変化に伴い、働く意味も変化しています。 昔のような終身雇用という考え方も崩壊しつつあります。 会社員として働き続けても、収入が少なかったり、将来に不安を感じたりすることも少なくありません。 今までは会社に不安や不満を感じていても、その会社で定年まで働き続けることが常識でした。 そんな中、現在ではインターネットやITの進化で、働き方の多様化が進んでいます。 この進化によって、自分の好きな時間、場所で仕事ができるようになりました。 今まで働くことを諦めていた人たちも、自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるようになりました。 自由な働き方が可能になったことで、正社員として会社に縛られて働くより、フリーランスとして自由に自分のやりたい仕事で生きていくという考え方が増えてきています。 終身雇用で定年まで安定していた時代と、正社員として働いていても将来に不安を感じている若者では、働く意味がまったく違うものになるのは当然のことでしょう。

IT系フリーランスとは

出典:www.pexels.com

IT系フリーランスとは、プログラマーや、スマホ用のアプリを開発するアプリケーションエンジニア、ネットワークエンジニア、ITコンサルタントなどのことです。

主な職種

プログラマー ゲームプログラマー システムエンジニア アプリケーションエンジニア サーバーエンジニア ネットワークエンジニア ITコンサルタント

主な仕事内容

日々進化しているITの世界ですので、IT系のフリーランスの方もその進化についていく必要があります。 また仕事の範囲が広く、多種多様な仕事をこなしています。 例えば、システムエンジニアとプログラマーの案件を一人で両方こなすケースも少なくありません。 IT系の大きな特徴として、トラブルがつきものという点です。 常にトライ&エラーを繰り返しています。 仕事を続けていく上で、問題解決力を身につけることが大切です。 また、ITコンサルタントについては、豊富なIT知識に加え、営業力、提案力、課題解決力、人脈なども必要なスキルとなります。

ライター系フリーランスとは

出典:www.pexels.com

ライター系フリーランスとは、WEB上の記事を執筆するWEBライターや、商品名や広告のキャッチコピーを考えるコピーライター、自ら執筆しているブログ上の広告などで収益を得ているブロガーなどのことです。

主な職種

WEBライター トラベルライター コピーライター ブロガー ジャーナリスト

主な仕事内容

主に紙媒体やWEB上の記事作成をする仕事です。 ライターという職種は誰にでも始められる職種でもあります。特にブロガーなどは今日からでも始められる職種でもあります。 しかし、しっかりと案件を確保し、生活できるレベルまで稼ぐとなると話は別です。 専門的な知識が必要にもなりますし、オリジナリティも必要です。 専門分野も多ければ多いほど有利になるので、常に勉強が必要です。 どれだけ周りとの差をつけられるかが生き残るポイントではないでしょうか。 また、場合によっては取材などの仕事もあり、ヒアリング力やコミュニケーション能力も大切なスキルとなります。

デザイン系フリーランスとは

出典:www.pexels.com

デザイン系フリーランスとは、グラフィックデザイナーや、WEBサイトの制作を行うWEBデザイナー、印刷物やWEB上のデザインなどのイラストを描くイラストレーターなどのことです。

主な職種

グラフィックデザイナー WEBデザイナー イラストレーター カメラマン インテリアコーディネーター ヘアデザイナー

主な仕事内容

代表的なデザイン系の仕事として、WEBデザイナーを例にあげてみます。 主に、クライアントの要望に沿ったホームページのデザインを制作したり、アクセス数を増やす目的でWEBデザインをします。 デザインの専門知識はもちろん、WEB制作に関する知識も必要です。 WEBの世界も日々進化しているので、常に最新の情報をキャッチし勉強を続ける必要があります。 デザインについてもトレンドや流行りがあるので、世の中の動きに敏感になる必要があります。 もともとデザイン関連の仕事や学校を出ている人が、WEBデザインの勉強をして仕事にしているケースが多いようです。 ですのでイラストレーターの仕事を兼任することも珍しくありません。

エンタメ系フリーランスとは

出典:www.pexels.com

エンタメ系フリーランスとは、一番わかりやすい職種ですとYoutuberでしょうか。 自分で制作した動画をYoutubeにアップして、広告費などを収益源としています。

主な職種

Youtuber 動画クリエーター 番組プロデューサー 作曲家

主な仕事内容

一番わかりやすいYoutuberを例にあげます。 主に、動画をアップし広告収入で収益を得ています。 簡単に聞こえますが、人と同じことをしていても生計は立てられないという非常に厳しい世界です。 動画の内容もしっかりと作りこまないと視聴者は見てくれません。 また世の中の流行りや、これから流行りそうなものなど敏感に察知する嗅覚も必要です。 動画の更新頻度についても、毎日更新したり定期的に更新したりと様々です。 周りとどうやって差をつけるかが重要なポイントでしょう。 このエンタメの分野でも、どの職種でもオリジナリティがとても大切な要素となります。

まとめ

出典:www.pexels.com

今回はフリーランスとは、フリーランスで働く意味、フリーランスの仕事内容について調査しました。 自由な時間、場所で働けるというメリットがある反面、収入が不安定だったり全て自分の責任で対応したりとリスクもあります。 自分で案件を確保できる営業力、差別化が図れるオリジナリティ、自己管理能力など、フリーランスにとして身につけておきたいスキルは多いですが、とても魅力的な働き方なのではないでしょうか。